ルンバが外出中にお掃除してくれる自動化設定方法!SwitchBotで簡単連携

スマートホーム
スマートホーム
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ルンバ(ロボット掃除機)は、自動でお部屋をお掃除してくれる賢いロボットですが、外出している間に掃除をお願いしたいところです。

ルンバに外出をお知らせするためのアプリは多数ありますが、スマートホーム化機器の連携が増えてきた状況になるとIFTTTなど無料で利用できる連携設定数に制限があるものは避けたいところです。

SwitchBot開閉センサーは、扉の開閉などを検知できるセンサーですが、外出時を検出させるモードが備わっているので、外出時をルンバに認識させて掃除してもらうようにします。

SwitchBot開閉センサーの概要

SwitchBot開閉センサーはセンサー本体と磁石をセットになっていて、センサー本体に磁石が近づく(約30mm以内)と扉が閉まっていると判断し、センサー本体と磁石が離れると扉が開いていると判断します。

開閉センサーの概要

センサー本体は磁石に反応する部分が決まっていますが、全周方向で検知できるため、センサーの向きには自由度があり、実用的には多様な設置スタイルに対応できます。

また、センサー本体のボタン(または動体検知)と光検知(明るい/暗い)開けっぱなし検出(開時間で定義)を利用できるようになっていて、開閉検知の種類を組み合わせてトリガー(条件)を設定できます。

開閉センサーの概要

SwitchBot開閉センサーのトリガー(条件)検出内容

SwitchBot開閉センサーのトリガー(条件)検出内容
SwitchBotシリーズ製品

SwitchBotシリーズは多様な製品をラインナップしていて、SwitchBotアプリの『シーン』を利用すると簡単に相互連携することができます。

主な SwitchBotシリーズ 製品は下記のとおりです。

【リモコン】
Switch Bot ハブmini
Switch Bot ハブPlus

【電源操作】
Switch Bot スマートプラグ

【ロボット系】
Switch Bot カーテン
Switch Bot スイッチ
Switch Bot 加湿器

【センサー】
Switch Bot 温湿度計
Switch Bot 人感センサー
Switch Bot 開閉センサー

Switch Bot 屋内カメラ

SwitchBot開閉センサーでの外出検知

玄関のドアに設置して、出掛けることを検知することができます。

外出(出掛ける)する場合の検知と単なるドアを開いた場合の検知を区別することで、同じ扉を開く行為においても、違う検出が可能と言うことです。

【外出】と認識させる方法は2通りあり、

1通り目は、開閉センサー本体のボタンを押してから設定時間内にドアを開いた時に認識

2通り目は、開閉センサー本体の動体検知後設定時間内にドアを開いた時に認識

となります。

外出することを認識させるには、ボタンを押す方を選んだ方が確実な制御が可能ですし、認識させたくなければボタンを押さない選択も可能になって使いやすいと思います。

外出(出掛ける)することを検知する方法

ドアを開いた時に外出することを認識させるには、ボタンを押す方が確実に制御できます。

外出(出掛ける)することを検知する方法

外出を検知してルンバを起動

クラウドサービスを利用する方法

SwitchBot製品とルンバを連携させる場合、Amazon Alexaのクラウドサービスを利用できます。

アレクサアプリの定型アクションで連携しますが、アレクサは開閉センサーが外出モードになったことを認識できません。

そこで開閉センサーで外出モードになった場合、SwitchBot屋内カメラのプライバシーモードをオフにしてカメラ機能を起動します。

この設定については、関連記事で紹介しています。

SwitchBot屋内カメラを起動させ、カメラでの検出が10分未検出の条件を設定しておきます。

まとめると、『開閉センサーで外出を検出』→『カメラが起動』→『カメラの動体未検出10分経過』となります。

続いて、アレクサアプリでは、『カメラの動体未検出10分経過』 後にルンバを起動するアクションを設定しておけば、外出10分後にルンバで掃除を開始することができます。

その他の方法

その他の方法として、SwitchBotボットをルンバのクリーンボタンに付けてしまう方法があり、利用している方も居られます。

SwitchBotボットは電池で動くの色々な場所に取り付けられるので、クラウド連携できないお掃除ロボットなどでも利用できるスマート化の手法になってきます。

SwitchBotアプリで連携できるの簡単な設定でクラウドサービス以上の細かな条件設定が可能です。

ルンバが起動できる時間を設定

もちろんルンバがお掃除してはいけない場面もあるので、連携して自動化で起動できる時間帯や曜日を設定しておけば、ルンバが起動できる時間を制限できます。

ルンバはサブスクがお得

ルンバは、サブスクで買うのがお得です。

まず、2週間(2021/12/26までは30泊31日) レンタルが1,980円 税込と格安でお試しできます。

その後、サブスクで月々の料金を支払いすれば、3年後には自分のものになります。

購入する価格と総額も大差ない設定なので、興味があれば、アイロボットのサイトを確認されると良いと思います。

種類機種 安心継続コース
1か月料金
2週間
おためしコース
ロボット掃除機ルンバ i7+4,180円(税込)1,980円(税込)
ルンバ i73,080円(税込)1,980円(税込)
ルンバ i3+3,080円(税込)1,980円(税込)
ルンバ i32,180円(税込)1,980円(税込)
ルンバ e51,650円(税込)1,980円(税込)
ルンバ s9+5,480円(税込)
ルンバ 693980円(税込)
床拭きロボットブラーバジェット m62,180円(税込)1,980円(税込)
ブラーバ390j1,650円(税込)
ブラーバジェット 250980円(税込)
“-”は未確認

まとめ

ルンバを外出時に利用する連携を紹介しました。

家電のスマート化が進むにつれて、自分であれこれ連携を試せる簡易も進んでいるので、思いついた自動化を試して、遊びながら役に立つ設定を見つけていきましょう。

Amazon.co.jpでのお買い物には ギフト券 がお得です。

ギフト券を現金チャージするとお得になります。
チャージすると最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
できるちゃ
タイトルとURLをコピーしました