スポンサーリンク

サブスクで初期費用不要!通信機能付きドライブレコーダー【パイオニア】

ガレージ・車
出典;パイオニア パイオニア「ドライブレコーダー+」
ガレージ・車
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

事故を起こすと冷静なつもりでも、意外に気が動転しているものです。

一人で対応できないこともあり、特に初心者や高齢者は対応に困ると思います。

そんな時にボタンを1つ押すだけで、助けが呼べるのが通信ドライブレコーダーです。

あなたや大切な家族の運転に安心を広げられるPioneerドライブレコーダー+(プラス)を紹介します。

通信機能付きドライブレコーダー

ドライブレコーダーの通信機能とは、内部にSIMカード(通信用ICカード)を装備していて、外部と通信する機能を持っていると言うことです。

業務用としては、かなり普及していますが、個人用の通信ドライブレコーダーも需要が急増しています。

パイオニア(Pioneer)ドライブレコーダー+(プラス)は、困った時に通報もできるようになっています。

あおり運転を受けると不安なものです。
ひどいケースでは、助けてもらうしかありません。
通信ドライブレコーダーならば、コールセンターから警察に繋いでくれます

急に車が動かなくなったら、どこに連絡しようか悩みます。
通信ドライブレコーダーならば、コールセンターからJAFに連絡してくれます

運転中に体調が悪くなったら、困ります。
通信ドライブレコーダーならば、コールセンターから救急要請してくれます

コールセンターのオペレータと通話できるので、状況に応じてアドバイスをもらいながら、対応を依頼でき、多様な場面で緊急通報をサポートしてくれます。

通信機能付きドライブレコーダーの仕組み

通信ドライブレコーダーのパイオニア(Pioneer)ドライブレコーダープラスは、通信に専用のSIMカードを利用します。

ドライブレコーダー自体が通信機器となり緊急通報できます。

同時にGPSの位置情報や車両情報などをコールセンターに自動送信が可能です。

コールセンターでは誰から(登録者)・どこから(GPSで検知)の通報なのかを把握できるので、当事者が土地勘のない場合でも、場所の説明がいらないので不安が減るところです。

通信機能付きドライブレコーダーの機能(コールセンター接続)

事故により大きな衝撃(エアーバックが動作する程度の衝撃)を感知した時自動でコールセンターに繋がります。

また、本体の【緊急通知ボタン】を押すことで任意にコールセンターに繋ぐことができます。

コールセンターと通話ができて、状況により警察,消防(救急)、JAFに連絡してくれます。

もしも事故で車両からの給電が止まった場合でも、通信を継続できるように、リチウムイオンバッテリー(容量750mAh)を内蔵しています。

通信機能付きドライブレコーダーの機能(家族の見守り)

緊急通報と同時に登録しておいたメールやLINEに情報を自動送信してくれます。

家族の緊急事態を把握できたり・知らせたりできます。

通知されるのはトラブル発生時のみだけで、常時のプライバシーは確保されています。

Pioneer ドライブレコーダー+

通信機能付きドライブレコーダーの機能(安全運転支援)

パイオニア(Pioneer)独自の安全運転支援システム【IntelligentPilot】が搭載されています。

【IntelligentPilot】とは、事故多発地点、ヒヤリハット地点などのデータと天候や時間帯をドライバーの運転傾向と合わせて事故リスクを予測して、注意喚起してくれるシステムです。

同じ道路であっても、その時の状況を複合的に判断し、ドライバーの慢心や油断を指摘してくれます。

ちょっと指摘してもらえるだけで、安全への意識が変わるのが人間なので、理にかなったシステムではないでしょうか。

通信機能付きドライブレコーダーの性能

パイオニア(Pioneer)ドライブレコーダープラス(+)は基本性能も備えています。

最低欲しい基本性能

高解像度:200万画素以上
画角:水平100度以上
鮮明度:HDRやWDR対応

パイオニア(Pioneer)ドライブレコーダープラス(+)には、
・高感度を実現するCMOSセンサーを搭載
・約200万画素のフルHD高解像度カメラを採用
・WDR(ワイドダイナミックレンジ)に対応
・画角:水平122度
・後方:2カメラモデルはフロアカメラで後方撮影可能

が備わっています。

もちろん昼間・夜間問わず、しっかり記録できます。
逆光やトンネル出入口での明るさの変化があっても、「白とび」や「黒つぶれ」を補正して、クリアな映像を録画してくれます。

サブスクのパイオニア通信機能付きドライブレコーダー

通信ドライブレコーダーの費用は、サブスク(月額制)になっています。

1カメラタイプ:月額2,178円(税込)
2カメラタイプ:月額2,728円(税込)

別途、初回事務手数料:2,200円(税込)

最低契約期間は1年となっています。

通常の新型ドライブレコーダーと比べて、1年間の契約期間を考えると初期に購入費用が不要で、緊急通信費用込みなので、お得感は得られる内容になっています。
1年で契約を終了すれば、ドライブレコーダーは自己所有になるのも良いところです。

サービス利用申込み日から1年以上経過している場合は中途解約金の請求はありません。

関連記事>>>360度ドライブレコーダーに弱点あり!広角ドライブレコーダーを組み合わせた使い方

途中解約する場合

1年未満での解約には違約金がありますが、6ヵ月以内は22,000円(税込),7~12か月までは11,000円(税込)となっています。

途中解約した場合のドライブレコーダーは、メーカーは所有権を放棄して、契約者が使用しても処分しても良いとしています。

契約を解約した場合でも本体は残るので、通信機能の無い一般的なドライブレコーダーとして活用できます。

費用まとめ

月額払いで、初期の購入費用が要らない。

通信費用が月額費用に含まれる

1年後には自分のものになる。

詳しくはパイオニアホームページで確認してみてください。

パイオニア通信ドライブレコーダーの購入・取り付け手順

パイオニア(Pioneer)ドライブレコーダープラスを購入して、取り付けする手順を紹介します。

パイオニアドライブレコーダープラスの購入

パイオニアホームページへ行って、購入申し込みをします。

クレジットカード決済のみとなっています。

購入申し込み時に車検証(写し可)を用意して車両情報を登録します。

1週間程度で登録住所に商品が送られてきます。

あとは取り付けるのみになります。

パイオニアドライブレコーダープラスの取り付け

パイオニア(Pioneer)ドライブレコーダープラスの取り付けは、自分で取り付けるか、プロに依頼するかになります。

取り付けは、簡単なのでPioneerは、自社サイトで取り付け動画を紹介しています。

購入時に登録情報を提示しているので、電源を入れるだけで通信機能を利用できる状態になっています。

自分でやってみるのもおすすめです。

Pioneer 通信ドライブレコーダー「TMX-DM04-CS」取り付け方法

ドライブレコーダーの取り付けも提案

取り付けを依頼する場合は、【出張取付】【工場持込取付】を申し込みできます。

離れた家族の車に付けてあげたい時も、ドライブレーコーダーが離れた家族に送られますので、取り付け依頼しておけば、取り付けに困ることもありません。

Pioneerサイト(ドライブレコーダー+で複数の取り付けサービスを紹介しています。

また、Amazonなどでも全国対応】前方1カメラのみドライブレコーダー取付サービスを提供しているので参考にしてください。

JAF会員(新規入会でも)ならもっとお得

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)会員の方は、Amazonギフトコードで3,000円(1カメラタイプ)、5,000円(2カメラタイプ)がもらえます。

パイオニアホームページでの購入申し込み時に「JAF会員ログインして購入」をクリックすると提供されます。

購入画面でJAF会員に申込することもでき、特典を受けることができます。

JAFへの加入は任意ですが、自動車保険に付帯するロードサービスよりも適用範囲が広く、車ではなく人に対するサービスなので、離れた家族を加入させてあげることも可能です。

JAFのメリットも検討されてはいかがでしょうか?

まとめ

通信ドライブレコーダーは、自動または手動でコールセンターに連絡できる。

通信ドライブレコーダーは月額制のサブスクである。

解約後は通信機能は無くなるが、一般的なドライブレコーダーとして利用できる。

取り付けは、自分でできるがプロへの依頼方法も多様に準備されている。

JAF会員ならばAmazonギフトでお得な特典あり



タイトルとURLをコピーしました