PanasonicメディアアクセスでBS放送も外出先からリモート視聴

4K受信/視聴

最近はライブ配信や見逃し配信などオンデマンドでのサービスが充実してきましたが、それでも旅行先や出張先からいつも見ている番組を見たい・録画してある番組を見たいと願望は尽きません。

特にBS放送を外出先で見るのは地デジ以上に敷居が高いように感じますが、Panasonicメディアアクセス(Panasonic Media Access)なら簡単にBS放送をリモート視聴できてしまいます。

広告

Panasonicメディアアクセス

Panasonicメディアアクセス機能搭載のテレビやBDレコーダーは、外出先からスマホやタブレットで放送中の番組や録画した番組を視聴できます。

リモートアクセスアプリを利用して、アンドロイド版,iOS版は利用無料で、PC版アプリは利用が有料になっています。

そんなPanasonicメディアアクセスは、2013年頃からPanasonicブルーレイディスクレコーダー(以下BDレコーダー)に搭載され出した機能ですが、現在では主にテレビの機能になっています。

2017年以前の多くのディーガにもPanasonicメディアアクセスが搭載されていて、現在でも利用可能です。

広告

Panasonicメディアアクセスの使い方

Panasonicメディアアクセスは、App StoreまたはGoogle Playからアプリをダウンロードして使用します。
設定方法は「Panasonicの外からどこでもスマホで視聴」のサイトを参照してください。

アプリを立ち上げれば、放送番組や録画番組を視聴できます。

画質は通信設定により変わります。
バッファリングが入り比較的安定した視聴はできますが、通信速度の速いwi-fiなどを利用した方が高画質で途切れなく楽しむ事ができます。

録画番組は一部のBDレコーダーでは持ち出しできるものもありますが、テレビでは持ち出し機能はありません。

持ち出すのも手間なので、リモート視聴が手軽です。

ただし、4K放送やWOWOWなどの有料チャンネルにはリモート視聴できないチャンネルがありますが、地デジおよび主要なBS放送は視聴できます

ペアリングする場所による違い

PanasonicメディアアクセスはLAN(ホームネットワーク)に接続されているテレビやBDレコーダーとスマホ等の視聴デバイスをペアリング設定することで利用が可能になります。

利用できるのは自宅のテレビBDレコーダーと言う制限はないので、親戚や他人の家の機器でも利用できます。
持ち主に許可は要るでしょうが・・・。

アクセスできる継続期間は90日間となっています。
同一LAN内で再度ペアリングを更新すれば、その度に90日間のペアリング期間が更新されます。

一度ペアリングしておけば90日間は外出先からリモート視聴できます。

自宅のテレビやBDレコーダーとペアリング

最も使われるのは当たり前かもしれませんが、自宅のPanasonicのテレビやBDレコーダーとペアリングした利用方法です。

普段見ている地元の番組をどこにいても楽しめます。

田舎の両親の家のテレビやBDレコーダーとペアリング

自宅以外の機器をペアリングするのもありです。
田舎の両親の家のテレビやBDレコーダーとペアリングしておけば、その地域の番組をペアリング後90日間は見ることができます。

Panasonicメディアアクセス搭載製品

Panasonicメディアアクセス(Panasonic Media Access)は最近4K液晶テレビのJXシリーズにも搭載されています。

詳細はPanasonicの商品サイト「対応機器一覧」を参照してください。

パナソニックストアの安心バリュープランで3~5年で新商品に買い替え

パナソニックストアの安心バリュープランで条件に合致していれば

ビエラTH-55HX950なら5年間の分割で月々2,700円で利用することができます。
※2021年4月25日現在

まとめ

Panasonicメディアアクセスを紹介しました。

Panasonicでは、テレビは『メディアアクセス』BDレコーダーは『どこでもディーガ』をリモート視聴用サービスとして提供しています。
『どこでもディーガ』の方が多機能な所がありますが、リモート視聴のみであれば『メディアアクセス』も同様な機能なので利便性は同じす。

録画を予約できるのも便利なところです。

無料アプリでBS放送もリモート視聴できる『メディアアクセス』を是非利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました