2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの日程と放送配信・観戦情報!タデイ・ポガチャルが新都心を疾走

放送コンテンツ
UnsplashYomex Owoが撮影した写真
記事内に広告が含まれています。

2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが開催されます。

さいたま市が主催し、さいたま新都心の道路を封鎖した特設コースを疾走するレースです。

2013年から実施されるようになった大会です。

ツール・ド・フランス(Le Tour de France)は自転車レースの世界最高峰と言われる大会で、2020、2021ツール・ド・フランス総合優勝のタデイ・ポガチャルも参加します。

2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの日程

2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは、以下の日程で予定されています。

開催日:2023年11月5日(日)
会場:さいたま新都心駅周辺特設コース

12:25~12:45 オープニングセレモニー

12:45~13:25 選手紹介・パレードラン

13:35~14:20 タイムトライアルレース3.1㎞
<チーム(3〜4名1組)タイムトライアルレース>
海外招聘選手
国内参加選手
<個人タイムトライアルレース>
・女子選手・男子ジュニア選手7名、パラサイクリング選手7組

14:55~16:20 クリテリウムレース
全選手出場のエキサイティングなレース
3.5kmの特設コースを17周

16:40~17:10 表彰式

情報元:2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム公式サイト

J SPORTSオンデマンドを無料で体験する方法!14日間無料視聴

2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの放送配信

2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの放送配信は以下の通りです。

J SPORTS
J:テレ/地域情報アプリ「ど・ろーかる」


放送配信時間

2023年11月5日(日)
14:30~17:30(予定)
クリテリウムレース
さいたま新都心駅周辺特設周回コース:1周3.5㎞×17周

情報元:2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム公式サイト

放送はJSPORTS
配信はJSPORTSオンデマンド,Amazon JSPORTS チャンネル

【放送】
JSPORTS(スカパー)
2023年11月5日(日)14時30分~17時30分

月額2,515円(税込)、別途スカパー基本料金429円(税込)必要

>>スカパーJSPORTSなら録画可能

【ネット配信】
JSPORTSオンデマンド
2023年11月5日(日)14時30分~18時30分


総合パックは2,620円/月(税込)[U25は1320円]
サイクルロードレースパックは1,980円/月(税込)
[U25は990円]

JSPORTSオンデマンドならサイクルロードレースパック月額1980円(U25は990円)やスポーツ全般を見れる総合パック月額2640円(U25は1320円)などで多彩なスポーツのライブ配信・見逃し配信などのコンテンツを楽しめます。

Amazon Prime JSPORTSチャンネル2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが配信されます。

Amazon Prime JSPORTSチャンネルは、JSPORTSオンデマンドの総合パック相当となり、一部の番組が見れないのですが、月額2178円と割安になっていて、今回の日本代表戦も見れますし、主要なイベントはJSPORTSオンデマンドと同じ配信なのでライブ配信のコンテンツも多数揃っています。

Amazon Prime JSPORTSチャンネルで見れる番組・見れない番組は『Amazon Prime JSPORTSチャンネルの公式サイト番組表』などで確認できます。

[広告]

2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの放送配信】

視聴料
月額税込
無料体験
JSPORTS※2,944円初月無料

JSPORTS
オンデマンド

2,640円
ジャンルパック
1,980円

*U25半額
なし
Amazon
Prime
JSPORTS
2,178円14日間
無料体験
J:テレJ:COM利用者
無料
※スカパー!基本料金429円/月を加えています。

J SPORTSオンデマンドを無料で体験する方法!14日間無料視聴

[広告]

2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの概要

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは、2013年のツール・ド・フランス100回大会を記念して、同2013年に第1回大会を開催しました。

2019年まで毎年7回の大会を実施してきましたが、新型コロナの影響で2020年・2021年は中止となっています。

2022年は3年ぶりに開催されました。

出場選手はUCIワールドツアーで活躍している選手も参戦します。

ツール・ド・フランスの名前を冠しているとおり、今年のツール・ド・フランス優勝者/優勝チームや各賞ジャージ獲得者やステージ優勝選手らを招聘します。

2020、2021ツール・ド・フランス総合優勝のタデイ・ポガチャルも参戦します。

新城幸也、マーク・カヴェンディッシュ,クリストファー・フルーム、ペーター・サガン、アダム・ハンセンなど有名選手が多数参戦します。

コースは、さいたま新都心の道路を封鎖して特設コースが設けられ、【タイムトライアルレース3.1km】,【クリテリウムレース1周3.5kmのコースを17周】を実施します。

UCIワールドツアー参戦チームが来日し、世界の走りが見れるのが楽しみです。

UCI=国際自転車競技連合(Union Cycliste Internationale)

2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム海外招聘出場予定選手

【ユンボ・ヴィスマ】
セップ・クス、アッティラ・ヴァルテル、ヤン・トラトニク

【イネオス・グレナディアズ】
エガン・ベルナル、ブランドン・リベラ、ジョシュア・ターリング

【リドル・トレック】
ジュリオ・チッコーネ、アスビャアン・ヘレモース、マティアス・ヴァチェク、ダリオ・カタルド

【UAEチームエミレーツ】
タデイ・ポガチャル、ダヴィデ・フォルモロ、イヴォ・オリヴェイラ

【コフィディス】
ヴィクトル・ラフェ、アクセル・ジングレ、ギヨーム・マルタン、トマ・シャンピオン

【バーレーン・ヴィクトリアス】
新城 幸也、ペリョ・ビルバオ、マテウジュ・ゴヴェカル

【ツール・ド・フランス クリテリウムレジェンズ】
マーク・カヴェンディッシュ,クリストファー・フルーム、ペーター・サガン、アダム・ハンセン

2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの観戦

交通の要所さいたま市での開催とあり、現地での観戦も検討したいところです。

「さいたま新都心駅」,「北与野駅(JR埼京線)」が一番近い駅になります。

まとめ

2023 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム2023年11月5日(日)にさいたま市のさいたま新都心の道路を封鎖した特設コースで開催されます。

[広告]