2024年 EWC 鈴鹿8耐含み全4戦開催!日程と放送配信!今年も真夏の祭典を満喫

放送コンテンツ
記事内に広告が含まれています。

2024年のFIM EWC 世界耐久ロードレースは全4戦が予定されています。

第3戦は、鈴鹿8時間耐久ロードレースです。

真夏の祭典、バイク乗り必見のEWC鈴鹿8耐は、2020年-2021年と2年続けて中止となりましたが、2022年から再開し、2024年は45回大会となります。

2024年EWC全4戦の日程と放送配信、そして第3戦鈴鹿8耐について紹介します。

※EWC=Endurance World Championship

※最新情報は各放送配信およびサービスサイトで確認の上、ご利用ください。

2024シーズンFIM EWC世界耐久ロードレースの日程

2024FIM EWC 世界耐久ロードレース(オートバイ)の 開催日程が公開されています。

FIM EWC 2024シーズン開催日程

FIM EWC 2024シーズンは、以下の4戦で開催予定です。(2023.10.26発表)

4月20日~21日:伝統のEWCル・マン24時間耐久ロードレースで開幕

6月8日:第2戦 スパ24時間耐久ロードレース

7月21日:第3戦 鈴鹿8耐ロードレース
パリオリンピック[2024年7月26日〜8月11日]の関係で例年よりも前倒しになっています。

9月14日~15日:最終戦 ボルドール24時間耐久ロードレース

日程レース名(開催国)
2024年4月20日~21日ル・マン24時間(フランス,ブガッティ・サーキット)
2024年6月8日スパ24時間(ベルギー,スパ・フランコルシャン・サーキット)
2024年7月21日鈴鹿8耐(日本,鈴鹿サーキット)
2024年9月14日~15日ボルドール24時間(フランス,ポールリカール・サーキット)

EWCとは

EWCは「Endurance World Championship」の略で、FIM世界耐久ロードレース選手権のことです。

現在のEWCの規定で使用されているバイクは排気量1000CCの市販車ベースの改造車となっています。

以前は耐久性に優れていた日本メーカー(ホンダ,ヤマハ,スズキ,カワサキ)ですが、近年は海外メーカー(ドカティ,BMWなど)の性能が向上し、日本メーカーがチャンピオンになれない状況です。

参戦するライダーは、MotoGP経験者など実力者がフルエントリーしています。

参考:2023EWCの結果

2023年シーズンの全4レースの結果は以下の通りでした。

【第1戦】ル・マン24時間(フランス,ブガッティ・サーキット)

順位チームマシンポイント
1F.C.C. TSR Honda FranceHONDA CBR1000RR-R63P
2YART – Yamaha Official Team EWCYAMAHA YZF-R154P
3BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMBMW M1000RR39P

【第2戦】スパ24時間(ベルギー,スパ・フランコルシャン・サーキット)

順位チームマシンポイント
1YART – Yamaha Official Team EWCYAMAHA YZF-R164P
2F.C.C. TSR Honda FranceHONDA CBR1000RR-R54P
3BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMBMW M1000RR46P

【第3戦】鈴鹿8耐(日本,鈴鹿サーキット)

順位チームマシンポイント
1Team HRC with Japan Post(日本郵便)HONDA CBR1000RR35P
2SDG Honda RacingHONDA CBR1000RR26P
3F.C.C. TSR HONDA FRANCEHONDA CBR1000RR-R21P

【第4戦】ボルドール24時間(フランス,ポールリカール・サーキット)

順位チームマシンポイント
1ヨシムラSERT MotulSUZUKI GSX-R1000R84P
2HONDA VILTAÏS RACINGHONDA CBR1000RR63.5P
1BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMBMW M1000RR60P

【第1〜4戦】2023年FIM ENDURANCE WORLD CHAMPIONSHIP FOR TEAMS

順位チームマシンポイント
1YART – Yamaha Official Team EWCYAMAHA YZF-R1181P
2ヨシムラSERT MotulSUZUKI GSX-R1000R161P
3BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMBMW M1000RR160P
4F.C.C. TSR Honda FranceHONDA CBR1000RR-R149P
5HONDA VILTAIS RACINGHONDA CBR1000RR127.5P

EWC 2024 鈴鹿8耐の開催日程

鈴鹿8耐はEWC FIM世界耐久選手権の第3戦として、2024年7月21日決勝レースで予定されています。

開催スケジュールは、確認次第更新します。

参考:2023年は以下の通りでした。

2023年5月22日(月):8耐トライアウトFinalステージ 出場権獲得チーム公開
6月28日(水):エントリーリスト公開
7月5日(水):ピット割公開
7月13日(木):おすすめフード&グッズ情報公開
7月20日(木):GPスクエアマップ公開

2023年8月4日(金):フリー走行/公式予選/夜間フリー走行

8:00~メインゲートオープン
8:30~10:008耐テスト走行
10:10~10:30Ninja Team Green Cup フリー走行
10:40~11:00HRC GROM Cup フリー走行
11:20~13:208耐フリープラクティス
14:45~15:058耐公式予選 1回目 Rider BLUE
15:20~15:408耐公式予選 1回目 Rider YELLOW
15:55~16:158耐公式予選 1回目 Rider RED
16:30~16:50Ninja Team Green Cup 予選
17:05~17:25HRC GROM Cup 予選
18:30~19:308耐ナイトプラクティス

2023年8月5日:フリー走行/トップ10トライアル

8:15~メインゲート他オープン
8:55~Ninja Team Green Cup 決勝レース
9:50~10:108耐公式予選 2回目 Rider BLUE
10:25~10:458耐公式予選 2回目 Rider YELLOW
11:00~11:208耐公式予選 2回目 Rider RED
12:35~HRC GROM Cup 決勝レース
14:45~15:308耐フリープラクティス
16:00~17:308耐トップ10トライアル

2023年8月6日:決勝レース(8時間)

8:00~メインゲート他オープン
8:30~9:158耐ウォームアップ走行
10:25~8耐スタート進行
11:30~19:308耐決勝レース

EWC鈴鹿8耐の概要

鈴鹿8耐はFIM世界耐久選手権(EWC)の1戦として、暑い夏に鈴鹿サーキットで開催されてきました。

2020年,2021年の2大会がコロナ禍のため中止となってしまいましたが、2022年に3年ぶり再開され、今後も日本最大のオートバイレースとして盛り上がりそうです。

第1回は1978年大会

鈴鹿8耐の第1回大会は1978年に開催されています。

第1回の覇者は、ウェス・クーリー,マイク・ボールドウィン組(ヨシムラジャパン,スズキ・GS1000)でした。

ウェス・クーリーはAMAスーパーバイクチャンピオン,マイク・ボールドウィンは世界グランプリ(今のMotoGP相当)にも参戦した人気ライダーです。

第3回1980年大会から世界選手権に昇格

1980年に世界選手権シリーズに昇格し、2023年は第44回大会となります。

世界選手権となった第3回1980年大会は、ヨシムラR&Dがスズキ・GS1000Rで優勝しています。

ヨシムラは、2021シーズンのEWCよりワークス参戦を開始し、ファクトリー参戦初年度で総合優勝を獲得するチューンナップメーカーです。

日本には4大ファクトリーがあり世界をリードしてきましたが、ヨシムラやモリワキと言ったチューンナップメーカーの技術的貢献も大きなものがあります。

観客動員数

鈴鹿8耐の最盛期は、1980年〜1990年と言われ、1990年大会はレースウィークで延べ観客数が36万人を超え、決勝レースの動員数が16万人超だったとされています。

3年ぶり開催となった2022年大会のレースウィークの木曜日から日曜日の観客動員数が4.4万人だったことを考えると1990年大会の盛況ぶりは異常とも言える現象だったのかもしれません。

2023年大会も延べ4万人を超える観客が発表されました。

開催場所:日本 鈴鹿市(鈴鹿サーキット)
コース長:5.821キロメートル

コーナー数:20

2023鈴鹿8耐の結果

2023鈴鹿8耐は、延べ4万人超の観客で盛り上がりました。

レースは『Team HRC with Japan Post(日本郵便)』『YART – Yamaha Official Team EWC』のトップ争いで始まり、終盤『ヨシムラSERT Motul』が追い上げたが転倒し、結果的に『Team HRC with Japan Post(日本郵便)』が逃げ切る形で優勝となりました。

順位チームマシン周回数
1Team HRC with Japan Post(日本郵便)HONDA CBR1000RR216
2SDG Honda RacingHONDA CBR1000RR213
3F.C.C. TSR HONDA FRANCEHONDA CBR1000RR-R213
4AutoRace Ube Racing TeamSuzuki GSX-R 1000213
5Honda Dream RT SAKURAI HONDAHonda CBR 1000 RR213
6BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMBMW M 1000 RR212
7Honda Asia-Dream Racing with SHOWAHonda CBR 1000 RR212
8S-PULSE DREAM RACING ITECSuzuki GSX-R 1000212
9Astemo Honda Dream Sl RacingHonda CBR 1000 RR211
10ヨシムラSERT MotulSuzuki GSX-R 1000211

参考:2023年のチケット販売

EWC 2023 鈴鹿8耐のチケット販売は、6月11日(日)から販売のスケジュールでした。


参考:2023年6月5日(月)~ ローチケ(オンラインショップ)先着先行販売スケジュール※枚数限定

ローチケ(オンラインショップ)先着先行販売について

LEncore(エルアンコール)会員:
先着先行販売期間 
6月5日(月)18:00~6月9日(金)23:59
※指定席は同日23:59まで自動配席、6月6日(火)00:00より座席指定可能

ローチケHMVプレミアム会員:
先着先行販売期間 
6月6日(火)18:00~6月9日(金)23:59
※指定席は同日23:59まで自動配席、6月7日(水)00:00より座席指定可能
※専用アプリ「ローチケHMVプレミアム」からのお申し込みとなります。

プレリクエスト会員:
先着先行販売期間 
6月7日(水)18:00~6月9日(金)23:59
※指定席は同日23:59まで自動配席、6月8日(木)00:00より座席指定可能

対象チケット:
観戦券(自由席)、指定席券、エリア指定券、ホスピタリティテラス
※先着先行販売はローチケ(オンラインショップ)での販売となります。(事前の会員登録が必要です)


参考:2023年6月11日(日)~ 全券種販売

MOBILITY STATION(オンラインショップ)

6月11日(日)10:00~ 
VIPスイート・プレミアム、ホスピタリティ THE FIRST、ホスピタリティラウンジ販売開始

6月11日(日)11:00~ 
その他全券種販売開始
※同日11:00より指定席券の座席指定が可能

プレイガイド:ローチケ(オンラインショップ)

6月11日(日)11:00~ 
観戦券(自由席)、指定席券、エリア券、ホスピタリティテラス、パドックパス販売開始
※指定席は同日23:59まで自動配席、6月12日(月)0:00より座席指定可能

プレイガイド:セブンチケット、イープラス(オンラインショップ)

6月11日(日)11:00~ 
観戦券(自由席)販売開始

コンビニエンスストア(ローソン・ミニストップ)

6月11日(日)11:00~ 
観戦券(自由席)、指定席券、エリア券、ホスピタリティテラス、パドックパス販売開始
※指定席券は自動配席のみ

コンビニエンスストア(セブンイレブン、ファミリーマート)

6月11日(日)11:00~ 
観戦券(自由席)販売開始


早めの宿確保は重要

EWC 2022 鈴鹿8耐を現地で見るなら宿探しは早めが鉄則です。

FIM EWCの放送配信

2024EWCの放送配信は確認中です。

参考:2023年EWCはJSPORTS(放送およびネット配信)でした。

2023年鈴鹿8耐は、BS12(トゥエルビ)が決勝レースをLIVE中継しました。

2023年参考

BS12 生中継
2023年8月6日(日)11:00~21:00
(最大延長21:30予定)


2023年のEWC 第3戦 鈴鹿8時間耐久レース

JSPORTSでlive放送配信

JSPORTS3(BS)
JSPORTSオンデマンドLIVE配信(ネット)
8月7日:8耐決勝レース10:55~21:30

再放送・見逃し配信あり

放送
配信日
放送/配信
時刻
番組名放送配信
8/5(土)午前3:45

午後5:30
FIM
世界耐久選手権
(EWC)
2023 第3戦
鈴鹿8時間耐久
ロードレース
TOP10
トライアル
オンデマンド
LIVE配信
8/6(日)午前10:55

午後3:55
決勝
Part1
オンデマンド
LIVE配信

JSPORTS3
生中継
午後3:55

午後9:00
決勝
Part2
参考:2023年放送配信視聴料
月額税込
放送配信
JSPORTS※2,944円

JSPORTS
オンデマンド

2,640円
ジャンルパック
1,980
BS12無料
BS松竹東急
(BS260ch)
無料
(2022年放送)
※スカパー!基本料金429円/月を加えています。

EWC公式サイト

スカパーでJSPORTS

・JSPORTS1,JSPORTS2,JSPORTS3,JSPORTS4 の4チャンネルで構成されたテレビ放送
・放送時間が決まっていて番組表に沿って放送される
・基本的にテレビで見る(4Kテレビでも2Kテレビでも可)
・画質はHD画質で安定
・JSPORTS4Kでの契約も可能

2,515円/月 税込+スカパー!基本料429円/月 税込
(JSPORTS4Kも同額)

関連サイト:スカパー!公式(初月無料)

JSPORTSオンデマンド

・JSPORTSのオンデマンド配信サービス
・主はオンデマンド(要求に応じた配信)で見逃し配信,ビデオ配信が多数
・大きなイベントは放送と同時にライブで配信
・HD画質未満に見えますが大画面でも見れる

総合パックは2,640/月(税込)
特定スポーツパックは主に1,980円/月(税込)/パック

Amazon Prime VideoチャンネルでJSPORTS

Amazon Prime VideoチャンネルJ SPORTSチャンネルは、J SPORTSオンデマンドと大部分は同じなのですが、ジャンルパックはありません。

J SPORTSチャンネルは、J SPORTSオンデマンドの総合パックと同等なジャンル全般を扱う配信となっています。

視聴料は、税込2,178円/月

J SPORTSオンデマンド『総合パック』 2,640円/月 税込よりも安い設定です。

安い理由は、「一部ご覧いただけない番組がございます」と書かれているので放送内容の確認は必要です。ただし、主要な番組は配信されているので不自由は少ないと思います。

大まかにAmazon JSPORTSチャンネルで配信しないものとしては、バドミントン世界選手権や卓球ワールドシリーズや各種スポーツ特番などになってきます。

モータースポーツ,サイクルスポーツ,プロ野球,バドミントンSJリーグ,アルペンスキー,スキージャンプ,フリースタイルスキーなど各種スポーツの大部分は配信されるので当てはまる方は満足できるサービスになっています。

Amazon Prime Videoチャンネルには、14日間の無料体験がある(解約できる期間が14日間)のでアマゾンプライム会員は、体験によって配信品質をチェックしてみることをおすすめします。

[広告]

まとめ

2024年7月21日(日)にEWC 第3戦 鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝が行われます。

パリオリンピックの日程の関係で鈴鹿8耐が7月末に戻ってきます。

[PR]スポーツ分類毎のパック

月額1,980円(税込)/U25割 月額990円(税込)

野球パック
ラグビーパック
サイクルロードレースパック
モータースポーツパック
バスケットボールパック
バドミントンパック
ダンスパック
ウィンタースポーツパック

月額1,100円(税込)/U25割 月額550円(税込)

サッカー&フットサルパック
クライミングパック
卓球パック

JSPORTSモータースポーツコンテンツ

FIA フォーミュラE世界選手権
WRC世界ラリー選手権
エクストリームE
FIA 世界耐久選手権(WEC) 
SUPER GT
スーパーフォーミュラ

※各シーズン/レースによって放送配信の有無があるので注意してください。

JSPORTSを一度無料体験したい方は詳しく説明しているので『J SPORTSオンデマンドを無料で体験する方法!』を読んでください。

[広告]

[広告]