4Kテレビは4K8Kアンテナ不要!4K放送も綺麗に見れる

4K受信/視聴

4Kテレビを購入する時に4K8K対応アンテナが必要なのか?何が違うのか判らないと思います。

4K8K対応アンテナは従来のBS110度CS放送用アンテナと別物ですが、4K8K対応アンテナが絶対必要なわけではありません。

広告

4K放送の電波

4K8K対応アンテナとは、高解像度の4K8K画質の放送電波を受信するためのアンテナです。

衛星放送では衛星から地上の家庭等に電波を送信しますが、新4K8K放送では地上へ送信する電波に新しい形のものがあるため、4K8K対応アンテナでないと受信した電波を扱うことができません。

新しい形とは螺旋状に送信される電波の旋回方向が違うと言うことで、従来のBS110度CS放送は電波が右旋回の螺旋状だったのですが、新4K8K放送では左旋回の螺旋状の電波が新たに採用されました。

従来の衛星は右旋回しか発信できなかったのですが、新規に打ち上げた衛星は右旋回も左旋回も発信できる仕様になり、発信できる情報量が増加しました。

右旋回電波の4K放送チャンネル
【右旋BS】
NHK BS4K,BS朝日 4KBS-TBS 4KBSテレ東 4KBSフジ 4KBS日テレ 4K

左旋回電波の4K8K放送チャンネル
【左旋BS】
ザ・シネマ 4K,ショップチャンネル 4K4K QVCWOWOW4KNHK BS8K  (8K対応TV必要)

【左旋CS】
JSPORTS 1, 2,,3,4(4K)日本映画+時代劇 4Kスターチャンネル 4Kスカチャン1 4Kスカチャン2 4K

4K放送の種類
広告

4K放送見るのに4K8K対応アンテナは不要

従来のBS110度CS放送も綺麗なのですが、解像度は

【BSプレミアム,WOWOW】:
1,920×1,080ドット

【NHK BS1、BS朝日、BS-TBS、BS日テレ、BSフジ、BS Japan】
1,440×1,080ドット

です。

衛星放送はハイビジョン放送と謳われていて1,920×1,080ドットの2K放送が自慢でした。

しかし時代は4K8Kに移り変わることになり、2018年1月に4K放送を実験するために【NHK BS1、BS朝日、BS-TBS、BS日テレ、BSフジ、BS Japan】の解像度を元々の1,920×1,080ドットから1,440×1,080ドットに削減して、既存衛星から4K放送を送信する実験を行いました。

地デジ解像度が1,440×1,080ドットなので、以前は衛星ハイビジョン放送の方が綺麗だと差別化されていましたがこの時点で優位性が無くなってしまいました。

4K放送は3,840×2,160ドットと1,920×1,080ドットのハイビジョン放送の4倍の画素で表現できる高画質放送になのですが、実験放送時点で既存衛星を利用したことで判りますが、4K画質の放送を送信する電波は既存の電波と大差ないと言うことです。

よって従来電波と同じ右旋回で送信される電波は、既存BS110度CSアンテナで受信できるので、右旋回電波の4K放送チャンネルは4K8K対応アンテナに交換しなくても受信できることになります。

【右旋BS】
NHK BS4K,BS朝日 4KBS-TBS 4KBSテレ東 4KBSフジ 4KBS日テレ 4K

4K8K対応アンテナが必要な場合とは

既存BS110度CSアンテナのままでもBS4K放送を受信できるのですが、左旋の放送も含め全ての4K放送を見たい場合は4K8K対応アンテナが必要になります。

4K8K対応アンテナは、『4K8K対応』と書かれていたり『2K4K8K対応』と書かれていたりしますが、4K8K対応とあれば2Kも含めてBS/CS放送が全て受信できます。

DXアンテナBC45AS

DXアンテナの BSアンテナで【2K 4K 8K 対応】の45cm形になります。
アンテナ皿径45cmが標準サイズで大方の場所で受信感度も十分です。

45cm形を使用してテレビ3台に分岐させて使用していますが、画質の低下等は感じません。

コンパクトで設置しやすいのも45cm形のメリットになります。
先ず風の影響を受けにくく安心です。
またアンテナの設置場所によって、結構アンテナを振る必要があったりする場合は径の小さな方が自由度が高くて使いやすくなります。

一般的に45cmのアンテナで不足と感じるケースは少ないはずです。

45cm形4K8K対応アンテナを使用して全4K放送を受信できるようにした記事はこちらです。

DXアンテナBC604S

DXアンテナのBSアンテナで【2K 4K 8K 対応】の60cm形になります。
アンテナ皿径60cmと大きめで分岐させて多くのテレビなどの機器で利用する場合は大きいアンテナの方が有利になります。

マンションなどの共同アンテナは90cm以上の物が設置されています。
アンテナ径が大きくなると風の影響を受けるので、取り付けは頑丈にしないといけません。

45cmでは受信状況に不安を感じる場合は50cmまたは60cmになってきます。

一番の注意点は風の影響なので、大きいアンテナを利用する時はワイヤリングして固定するなど絶対に飛来しないように養生しておきましょう。

DXアンテナBC503S

DXアンテナのBSアンテナで【2K 4K 8K 対応】の50cm形になります。

45cmじゃ、心配だけど60cmは大型過ぎると考える場合は、この50cm型が妥協点になります。

4K・8K対応スカパー!マルチアンテナ

スカパー!が発売している東経124度東経128度のプレミアムサービス(スカパー!4K放送を含む)と東経110度BS/CS【2K 4K 8K 対応】の3つの電波を受信できる50cm形になります。

スカパー!プレミアムサービス用出力を2系統、BS/CSデジタル用出力を1系統搭載しています。

BS110度CSデジタル放送のみ視聴ならばこのアンテナの選択は不要ですが、スカパー!プレミアムサービスも利用したい場合にアンテナ1本で共用できる点がメリットになります。

ただ場所の違う3つの方向の電波をキャッチしなければいけないので設置調整はシビアになります。

4K8Kアンテナに交換する場合の注意点

既存BS110度CSアンテナを4K8K対応アンテナに交換する場合、アンテナのみを交換しても左旋電波の受信ができないことがあるので注意が必要です。

理由は左旋BSCS放送の電波の周波数帯域が従来よりも高いことにあります。

BSCS放送の電波の周波数帯域

この周波数の高い電波を受信して放送データに変換できるのが4K8K対応アンテナです。

既存BS110度CS放送を見るために利用していた2K用のレコーダーなどの機器は、周波数の高い電波を受付してくれないので、アンテナケーブルを2K用機器に通して、4Kテレビに接続すると電波が減衰してしまうなどの問題がでてきます。

その他、周波数が高い電波はケーブルや接続部での漏洩が発生しやすく、電波の減衰が起こるとともに、漏洩した電波が従来から利用してきた機器に影響を与える場合が出てくるので注意が必要です。

左旋BSCS放送を受信するために4K8K対応アンテナに交換した例を関連記事で紹介しています。

4K8Kアンテナへの交換に不安がある場合は、アンテナ工事業者に質問してみて検討するのが良いと思います。基本的に相談・見積は無料です。

まとめ

4K8K対応アンテナとは何か、そして必要なのかを説明してきました。

そしておすすめの4K8K対応アンテナを紹介しました。

4Kテレビを購入する時に同時に4K8K対応アンテナを購入しなくても、既存の2K用BSアンテナでNHK4KBS放送や民放各社の4K放送を受信できるので、後にステップアップするのも良いでしょうし、最初から4K全放送を受信できる環境に整えるのも手段です。

タイトルとURLをコピーしました