4K左旋が4Kテレビで映らない 4K放送を受信できない時の対応

記事内に広告が含まれています。

4Kテレビを購入したら、4K放送を受信したいところです。

4K放送には、BSとCSの4K放送があり、その放送電波には右旋と左旋があってと、ちょっとややこしい仕組みになっています。

これまで使用してきたBS110度CS放送視聴システムのまま4Kテレビに交換したのですが、右旋は映り、左旋は映らない状態になりました。

左旋が映らなかった原因は、アンテナと4K非対応のレコーダーでした。

本記事では4Kテレビを設置して4K放送が映らない時に調査して対応した内容を紹介します。

広告

既存のBS110度CS放送受信システムでは4K左旋が映らない

4Kテレビを購入したので、既存のBS110度CS受信システムをそのまま利用して受信状態を確認してみました。

結果は、「4K右旋の放送は受信できますが、4K左旋の放送は受信できない」となりました

4K受信環境は、BS・CS用衛星アンテナにより衛星電波の受信です。

ちなみに、地デジはケーブルテレビです。

正確には

右旋BSのNHK-BS4KやBS日テレ4K~BSフジ4Kは受信できる

左旋BSのザ・シネマ4Kや4KQVCおよび左旋CS全般が受信できない

状態です。

※以降の表現では右旋BSをBS4K,左旋を代表してCS4Kとして示しています。

図:従来のBS・CS受信システムに4Kテレビを設置
従来のBS・CS受信システムに4Kテレビを設置
広告

4K左旋が映らない!右旋BS4Kと左旋4Kの違いとは

4K左旋が映らない!右旋BS4Kと左旋4Kの違いとは

右旋のBS4Kは受信できるが、左旋のCS4Kは受信できないと言うことは、
左旋のCS4Kの電波が右旋のBS4Kとは違うため対応できない機器があるのか、
電波が減衰して弱くなってしまっているのかだろうと考えられます。

BS・CSアンテナは4K8K対応必須

衛星からの電波は、らせん状に回転する電波が使用されています。

右旋の電波左旋の電波があり、別々のものとして利用されています。

CS4Kは左旋の電波です。

既存のBS・CSアンテナは、110度スカパーを受信するために設置したもので、現在販売されている4K8K対応と書かれたものではありません。

従来のBS110度CS放送は右旋の電波が使われていたため、従来のアンテナでも右旋で送信されるBS4K放送は、そのまま見ることができたのです

しかし、左旋で送信される電波は従来のBS・CSアンテナで受信しても視聴することができません

更に4K放送では使用する周波数帯域も変更されています。

従来のBS・CS放送周波数は最高2071MHz(メガヘルツ)まで

4K8K放送では3224MHzまで

と周波数帯域が高く広がりました。

そのうち、右旋は1032~2071MHzまで、左旋は2224MHz~3224MHzとなっています。

よって、4K8K放送の周波数に対応したコンバータの付属する4K8K対応BS・CSアンテナが必須となります。

地上から衛星へは17GHz(ギガヘルツ)帯で送信
衛星からBS・CSアンテナには12GHz帯で送信
 ※1GHz=1000MHz

衛星からの12GHz帯の微弱な電波をBS・CSアンテナに付いているコンバーターで増幅して、扱いやすい1~3GHz帯に周波数変換しています。

4K放送のチャンネル
右旋・左旋円偏波の利用内容
テレビ放送の周波数帯

BS・CSアンテナケーブルはS4CFB以上でOK

BS・CSアンテナは、4K8K対応が必須ですが、それ以外の機器について確認しました。

宅内のアンテナケーブルは、従来のBS110度CSを衛星で受信し始めた時に自分で部屋の隅に沿って這わせて取りまわしたのもです。

2階のテレビ⇒1階のテレビと数十m延長しています。

同軸ケーブルを使用していて、規格はS5CFBと言う太いものを選択しています。

延長距離も長いので、細いケーブルでは、減衰して映りが悪くなるのではと心配だったので、太めのS5CFBを100m巻で購入して引き回しました。

4Kには最低でもS4CFBが推奨されていて、S5CFBはそれより太いので問題ありません。

最近の同軸ケーブルは4K8K対応と記載のあるものがありますが、無印でも性能に違いはないのと考えます。

アンテナケーブルは、 S4CFB 以上

ただし、ケーブルが壁の中を通っている場合は、ケーブルが見えないので、何が使われているのか判らないかもしれません。

最終的に左旋CS4K放送が映らない場合は、アンテナケーブルが原因かもしれません。

自分で施工することは可能ですが、その他の原因かもしれないと思うのであれば、専門家に相談してみる方が解決が早い場合もあるでしょう。

以下の工事業者は見積り無料・即日対応も可能なので、価格が気になる場合やその日に対応して欲しい場合に利用すると良いでしょう。

相見積りによって、最低見積りを提示する業者もあるので問い合わせしてみると良いと思います。

代表的な3社を紹介しておきます。

【さくらアンテナ】

【アンテナ110番】

【アンテナパンダ】

業者名概要対象地域
さくらアンテナ


現地調査・見積り無料
WEB/電話受付
WEBは24H365日年中無休
最短即日対応
長期10年の施工保証
他社見積提示で3,000円お値引きキャンペーンあり
北海道
関東エリア

 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城   
関西エリア
 大阪、兵庫、京都、滋賀、和歌山、奈良   
中部エリア
 愛知、三重   
中国エリア
 広島、岡山   
四国エリア
 徳島、香川、愛媛、高知
九州エリア
 福岡、熊本、大分   ※離島など一部対象外地域有
アンテナ110番


現地調査・見積り無料
WEB/電話受付
WEBは24H365日年中無休
最長8年間の施工保証付き
東証上場企業運営
日本全国
アンテナパンダ



現地調査・見積り無料
WEB/電話受付
WEBは24H365日年中無休
最短即日対応
東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川
大阪・兵庫・奈良・京都
愛知・滋賀・静岡・三重
広島・福岡

※上記の中でも以下対象外エリアとなります
東京都の離島、群馬の吾妻町、草津町、埼玉の秩父地域、   京都府南丹市、京丹波町、綾部市、舞鶴市。福知山市、与謝野町、宮津町、京丹後市、伊根町

アンテナ接栓はとりあえず4K対応

アンテナ接栓にも4K8K対応の表記のあるものがあります。

4K放送は従来に比べて高周波数帯域を使用するため、シールドが重要です。

電波の漏洩を極力防止できるよう設計されたものが4K8K対応だと解釈しています。

アンテナ接栓を4K8K対応のものにする優先順位は低いと考えていますが、昨年、アンテナケーブルの分配を変更した時に4K8K対応 5C用F型接栓(アンテナ接栓、FP-5)に取り替え済みでした。

今回、左旋CS4Kが受信できなかった現象に影響はないと考えました。

分配器はSHマークがなくてもOK

分配器も先行して更新していました。

4Kテレビの購入とは別にアンテナケーブルの分配方法を変更するために3分配器を導入しました。

その時に選択したのが、ホーリック アンテナ3分配器でした。

この分配器も4K8K対応でした。

4Kテレビ購入後に再度調べてみたところ、4K対応機器にはSHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)と言うものがありました。

ホーリック アンテナ3分配器は4K8K対応と記載されていましたが、SHマークのものではありませんでした。

SHマークのものは、4K放送の受信を協会が保証した製品であることを示すようです。

そのまま使用することにしましたが、結果的にSHマークがなくても問題はありませんでした

ホーリック アンテナ3分配器の仕様
【4K8K放送(3224MHz)/BS/CS/地デジ/CATV 対応】
・入力周波数:47~3224(MHz)
・出力周波数:U/V出力端子47~862(MHz) BS/CS出力端子950~3224(MHz)

3.2GHz対応であれば問題ないようです。

SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)とは、⼀般社団法⼈ 電⼦情報技術産業協会(JEITA)が、⼀定以上の性能を有するスーパーハイビジョン衛星放送受信に適した衛星アンテナ、受信システム機器であることを証明するためのシンボルマークです。


広告

右旋も左旋も受信できる4K8K対応アンテナを導入

右旋も左旋も受信できる4K8K対応アンテナを導入

調べた結果、4K8K対応のアンテナでないと左旋のCS4Kの電波を受信できないのは間違いありません。

よって、BS・CSアンテナを4K8K対応のDXアンテナ BC45ASに更新しました。

BS・CSアンテナは4K8K対応のDXアンテナ BC45AS

4K8K対応アンテナについては関連記事『4K左旋放送を受信するBSCSアンテナって何?これまでとの違い』でも説明しています。

その結果、左旋のCS4Kを受信できる装備であることを認識したのか、CS4Kの番組表が表示されるようになりました。

しかし、受信レベルは20程度と低く番組は視聴できないことが判りました。

図:BS・CSアンテナを4K・8K対応に更新
BS・CSアンテナを4K・8K対応に更新
広告

左旋が映らない原因は、4K非対応のレコーダー

4K8K対応アンテナの導入で番組が見れないものの信号を受信している状況にはなりました。

4K非対応のレコーダーの影響を確認するため、レコーダーを経由させていたアンテナケーブルを外して、直接4Kテレビにアンテナケーブルを接続してみました。

その結果左旋CS4Kの受信信号レベルが70超となり、番組を視聴できるようになりました。

4K非対応のレコーダーを通さずにテレビに直に接続
4K非対応のレコーダーをスルーして接続
広告

改善後のBS・CS4K放送受信環境

4K非対応のレコーダーにアンテナケーブルを経由させていたことが、受信レベルが低い原因でした。

4K非対応レコーダーと4Kテレビのアンテナケーブルを分配するためにホーリック アンテナ分配器 HAT-2SP340WHを購入しました。

結果的に、左旋CS4Kも視聴できるようになり、4K非対応のレコーダーは110度BS・CS受信を視聴できる状態になりました。

これで受信環境が整いました。

ホーリック アンテナ分配器 HAT-2SP340WHは分配器とS4CFBのケーブル×1mが2本入って1000円しません。コスパ最高でおすすめです。

図:右旋・左旋対応のBS・CS受信システム(最終形)
右旋・左旋対応のBS・CS受信システム
広告

まとめ

左旋で送信されるCS4K放送が映るようになりました。

受信システムの要件として
・アンテナは4K8K対応
・アンテナケーブルは同軸ケーブルS4CFB以上
・分配器は4K8K対応
・レコーダーなどの4K非対応機器を経由させない

となりました。

オリンピック,WOWOW4Kなどコンテンツも豊富なので、4K放送の本領を発揮させて、映画やスポーツ番組,ドキュメンタリー,ドラマ,音楽と多様な放送を楽しんでいきたいと思います。