U-NEXTのドルビーアトモス(Dolby Atmos)対応機器と楽しみ方!

放送配信サービス
Image by MD JONI from Pixabay
記事内に広告が含まれています。

U-NEXTは、日本国内の動画配信サービスとしては初めてAndroid端末でドルビーアトモス(Dolby Atmos)に対応しました。

そして、ハリウッドメジャースタジオ作品での「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」を配信しています。

本記事ではU-NEXTが配信する「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」作品とドルビーアトモス再生した感想を紹介します。

広告

U-NEXTのドルビーアトモス対応と特徴

項目内容
サービス名U-NEXT
2023年6月30日 Paravi統合
視聴料月額2,189円税込
コンテンツ数見放題作品多数あり
他に多数のレンタル作品あり

毎月1,200P付与
映画・ドラマ・アニメ
ライブ配信
書籍・雑誌・漫画
無料トライアル公式サイトで確認してください。
最高画質4K
ドルビーアトモスあり
ダウンロード
(DL)
機能あり
アカウント毎に1台で利用可能
ダウンロード数上限25
ダウンロード時点から最長48時間
プロフィール毎に1台の機器で利用
アダルト作品DL不可
ストリーミング
同時視聴
4台(別作品)
最大4アカウント作成可能
登録機器制限なし
主な
支払い方法
クレジットカード
キャリア決済
楽天ペイ
Amazonアプリ内課金
Apple ID決済
Google Play決済
U-NEXTカード・ギフトコード
本表の情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTは、国産の国内最大手の動画配信サイト。

コンテンツの数、種類ともに豊富なサービスですが、2023年6月にParaviを統合したことでTBS、テレビ東京の人気コンテンツも追加され、一段と充実しました。

ライブ配信にも注力しており、速報性のあるコンテンツも増加しています。

この業界トップクラスの配信サービスは、視聴料が月額2,189円(税込)とやや高い部類に入りますが、コンテンツの品質を考えると相応のサービスだと思えます。

4人までのアカウント登録を利用して、家族で利用する場合は割安であると言う見方もできます。

各アカウントで視聴制限も設定できるので安心して利用できます。

雑誌も190誌以上が読み放題なので、毎月雑誌を購入する代わりにU-NEXTを利用することで雑誌を持ち運びして暇な時に読むことも可能です。書籍を読む場合は、10インチ程度のタブレットの方が読みやすいとは思います。

また、ダウンロード機能を利用して動画を保存しておけば、移動中の暇つぶしにも大活躍します。

視聴料
月額2,189円税込
有料コンテンツ等に使える1200ポイントを毎月付与
ポイント有効期限:90日間まで繰り越し可能
マンガ購入、映画レンタルに対して最大40%ポイント還元あり

無料体験期間
31日間無料体験(初回利用時)

見放題の動画多数あり
U-NEXT公式サイト(2023.9月確認)
洋画・邦画:見放題15,800、レンタル1,200作品
海外テレビドラマ:見放題1,300、レンタル20作品
韓流アジア系:見放題1,570、レンタル180作品
国内ドラマ:見放題2,460、レンタル480作品
アニメ:見放題5,100、レンタル330作品
キッズ:見放題1,380、レンタル20作品
Paraviコンテンツの統合

ライブ配信(スポーツ・音楽・舞台)に注力
U-NEXT公式サイト(2023.9月確認)
サッカー:スペイン『ラ・リーガ』
ゴルフ:『PGAツアー』『JLPGAツアー』
格闘技:『UFC』『BELLATOR』
コンサートライブ、宝塚歌劇(有料)
提携有料配信:SPOTV NOW、NHKオンデマンドなど

書籍・雑誌・マンガ
U-NEXT公式サイト(2023.9月確認)
雑誌:読み放題190以上
毎日無料マンガ:U-NEXTアプリ「ブック」で20,000話以上
マンガ:購入590,000作品
書籍:購入290,000作品
ラノベ:購入60,000作品

アダルト
U-NEXT公式サイト(2023.9月確認)
[18禁]作品:見放題4万以上
親アカウントのみ視聴可能

画質・音質
4K-HDR/ドルビーアトモス配信あり
[ドルビーアトモス対応作品例(公式サイト)]

同時視聴可能
最大4つのアカウント(プロフィール)作成可能
4台の機器まで同時利用可能(同一作品同時視聴は不可)
登録機器台数に制限なし

ダウンロード
アカウント毎に1台の機器でダウンロード機能を利用可能
ダウンロード数上限25
ダウンロード開始時点から最長48時間視聴可能
アダルト作品はダウンロード不可

※本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

広告

U-NEXTでのドルビーアトモス対応デバイス

U-NEXTでのドルビーアトモス対応デバイスは、Android系及びAmazon Fire TV系で利用できるとなっています。

U-NEXTのドルビーオーディオ、ドルビーアトモス対応デバイス

■ドルビーオーディオ、ドルビーアトモス対応デバイス(2022年9月現在)

・Androidスマートフォン/タブレット
・Chromecast Ultra
・Amazon Fire TV
・Amazon Fire TV Stick 4K
・Amazon Fire TV Stick 4K Max
・Amazon Fire TV Cube
・Amazon Fire タブレット
・U-NEXT TV(MediaQ M380)
・Android TV 機能搭載デバイス

※機種によってはドルビーオーディオ、ドルビーアトモス非対応である場合があります。
※ドルビーオーディオ、ドルビーアトモスに対応しているかどうかはお使いのデバイスのマニュアルや仕様書等で直接ご確認ください。

引用:U-NEXT公式サイト
https://help.unext.jp/guide/detail/what-is-dolby-audio-and-dolby-atmos

広告

U-NEXTでのドルビーアトモス再生に必要な機器

U-NEXTでのドルビーアトモス再生に利用できるものとしては、

・ドルビーアトモス対応のテレビ

・ドルビーアトモス対応のサウンドバー

・ドルビーアトモス対応のAVアンプ

・立体的サラウンド音場対応ヘッドホン/イヤホン

・U-NEXTアプリ内蔵のDolby Atmos機能

などです。

ドルビーアトモスの音声出力に対応している製品がベストになりますが、U-NEXTではバーチャルサラウンドでの再生も可能です。

ドルビーアトモス対応のテレビ

最新の4Kテレビであれば、多くのテレビでドルビーアトモスに対応しています。

4Kテレビの場合、グレードの違いが、映像(有機EL,液晶)および音響性能(スピーカー数)の違いになっています。

フラッグシップモデルでは、スピーカー数も多く、上向きに音を出すイネーブルスピーカーを搭載するものが多くあります。

エントリーモデルの場合は、2スピーカーまたは3スピーカーのものもありますが、テレビの場合は後方にスピーカーを配置しない場合が多いので、擬似的に音の方向を演出するバーチャル3D音響となります。

音響技術の進歩は、ニーズに合わせて急速に進んでいるので、擬似的な音声再現でも十分に立体音響を楽しめるようになっています。

ドルビーアトモス対応のサウンドバー

テレビのスピーカーが満足できない方向けて、サウンドバーが販売されています。

サウンドーにおいても、テレビ同様にバーチャルサラウンド技術により擬似的に立体音響を再現するのですが、テレビよりもスピーカーサイズや配置方法に自由度があるため、音響性能が高くなります。

重低音を担うサブウーファーや後方に置くサラウンドスピーカーがワイヤレスで別体になっているものも多くあり、選択の範囲が広がっています。

サウンドバーを設置する場合の多くは、テレビの音質への不満解消のために導入することより、テレビの音響グレードを下げて、サウンドバーに投資する傾向も見られ、各メーカーともにハイエンドサウンドバーに力を入れています。

ドルビーアトモス対応のAVアンプ

AVアンプの導入は、ホームシアターとしては究極の選択とも言える設備になってきます。

アンプの種類や構成、そしてスピーカーの種類・数・配置方法と拘れば切りがない沼のような投資が可能です。

とは言っても、エントリークラスであれば、スピーカーとセットで10万円程度で揃えることもでき、サウンドバーよりも余裕のある音響性能を確保できることが魅力です。

アンプやスピーカーおよびケーブル類の設置場所が確保できるなら、サウンドバーよりも自分好みに楽しめるAVアンプを導入する選択もあると思います。

立体的サラウンド音場対応ヘッドホン/イヤホン

大音量でドルビーアトモス再生を楽しみたいけど、周囲の配慮も必要なところです。

立体的サラウンド音場対応ヘッドホン/イヤホンの導入は、一番最初に手がけても良いくらいだと思っています。

大画面テレビでなくても、スマホやタブレットと立体的サラウンド音場対応ヘッドホン/イヤホンを組み合わせするだけで、誰に遠慮することもなく、U-NEXTのドルビーアトモス作品を大迫力で楽しむことができます。

U-NEXTアプリ内蔵のDolby Atmos機能

U-NEXTは、Androidスマートフォン/タブレットを対象にアプリに内蔵するDolby Atmos機能を提供しています。

利用するAndroidスマートフォン/タブレットが、ドルビーアトモスの音声出力に対応していなくても、擬似的に音の広がりを作り出す、バーチャルサラウンドを備えています。

Androidスマートフォン/タブレット/Fireタブレットでの設定

Androidスマートフォン/タブレット/Fireタブレットにおいては、以下の設定が必要です。

1)アプリ上の右上のアカウントマークをタップする
2)表示中の[プレーヤー設定]をタップする
3)表示中の「ドルビーオーディオを有効にする」をONに設定する

以上の設定により、ドルビーオーディオ機能が有効になり作品に応じて、ドルビーオーディオやドルビーアトモスに切り替わり以下の機能が利用できるようになります。

【出力先設定】:[スピーカー]または[ヘッドホン]
【立体的音声】:「ドルビーオーディオプロセッシング」のスイッチをON/OFF
【セリフの明瞭化】:「ダイアログエンハンサー」の調節
【再生操作】:ドルビーオーディオのON/OFF

詳しくは、U-NEXT公式サイト
https://help.unext.jp/guide/detail/use-dolby-audio-function

ドルビーアトモスでのライブ配信

U-NEXTは、ライブ配信においても「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」対応することが可能です。

ドルビーアトモスで配信される公演はライブのため都度となってきます。

公式サイト抜粋(UNEXT公式サイト)

■通信環境
・安定的にDolby Atmosで再生するため、常時20Mbps以上の通信環境がお勧めです。

■対応デバイス
・Androidスマートフォン/タブレット
・iPhone/iPad
・Amazon FireTV/FireTV Stick
・Amazon Fireタブレット
・U-NEXT TV (M380:白)
・Android TV搭載デバイス

※端末の仕様により対応していない場合があります。

■iPhone/iPad
<iPhone XS以降>
・本体スピーカーからDolbyAtmosで再生できます。

<iPad Pro 2018以降>
・本体スピーカーからDolbyAtmosで再生できます。

<通常ステレオ再生になるもの>
・iPhoneSE(第二世代)
・iPad
・iPad Air
・iPad mini
・XSより前のiPhone
・2018より前のiPad Pro
・ヘッドホン(イアホン)

※通信速度に不足がある場合、通常のステレオ再生になります。(20Mbps以上を推奨)

■Amazon FireTV/FireTV Stick/U-NEXT TV (M380:白)
<Dolby Atmos対応アンプやテレビに接続>
・Dolby Atmosで再生できます。

<Dolby Digital Plus対応アンプやテレビに接続>
・Dolby Digital Plusで再生できます。

※U-NEXT TV (M220:黒)は通常のステレオ再生になります。

■AndroidTV
<テレビ本体またはARCにてDolby Atmos対応のアンプに接続>
・Dolby Atmosで再生できます。

<テレビ本体またはARCにてDolby Digital Plus対応のアンプに接続>
・Dolby Digital Plusで再生できます。

※一般作品のドルビーオーディオ、ドルビーアトモス再生に関する情報はこちら。

まとめ

U-NEXTのサービス概要

U-NEXTは、ドルビーアトモス作品を含めデジタルサラウンド作品が多数あり、利用できるデバイス(機器)も多彩で、家でも、外出先でも高画質・高音質を楽しむことが可能です。

U-NEXTは、動画配信サービスの中では、月額料金が2,189円と高めの設定ですが、コンテンツの多さやポイント還元など、U-NEXTだけを押さえておけば十分だと言っても良いくらい充実したサービスになっています。

無料体験できるサービスが徐々に減っている中で、U-NEXTは現状でも「31日j間無料体験」を提供しています。

初めての方は無条件で31日間無料ですが、もし一度体験済み場合でも「リトライ」できるキャンペーンが随時実施されています。

無料体験のある内に利用して、ドルビーアトモスやデジタルサラウンドを日常的に利用して見るのも良いと思います。

無料体験期間を設けているサービスが多いので一度体験してみて、適否を判断していくのも面白い体験になると思います。

動画配信サービスは、ネット決済も便利ですが、プリペイドカードを利用できるサイトも多くあります。