2023WRC(世界ラリー選手権)の日程と放送配信!ラリージャパンは11月16日~19日

放送コンテンツ
UnsplashMaxime Agnelliが撮影した写真

2023シーズンのWRC(世界ラリー選手権)は、1月19日のラリー・モンテカルロ(モナコ)で開幕です。

モータースポーツの中で一般公道を利用するラリーは、市街地や山道を猛スピードで滑走していくところに身近な部分と異次元なスリルが重なる魅力的なレースです。

路面は未舗装路(グラベル)、舗装路(ターマック)、圧雪路(スノー)、凍結路(アイス)と多様で状況に応じたドライブテクニックが見ものです。

マシンの挙動も上下左右ジャンプ有りと不規則で、ドライバーの運転テクニックとそれをサポートしているコドライバーの道順(ペースノート)の読み上げは見事としか言いようがありません。

2022年シーズンのWRC世界ラリー選手権では、2年連続でマニュファクチャラー、ドライバー、コドライバーのタイトル3冠を達成しました。

ドライバーでは、22歳のカッレ・ロバンペラがチャンピオンに輝きましたが、6歳からトヨタ スターレットで練習を始めたと言うから驚きます。

また、2022年シーズン最終戦はWRCラリージャパンが愛知・岐阜で開催され、大きな盛り上がりを見せました。

2023シーズンも11月16日~19日の日程でラリージャパンが開催されるので、今から楽しみで仕方ありません。

広告

2023年WRCの日程

UnsplashMaxime Agnelliが撮影した写真

2023年WRC(世界ラリー選手権)は全13戦を下記の日程で予定しています。

2023シーズン開幕は、1月19日(木)~22日(日)のラリー・モンテカルロ(モナコ)となります。

最終戦は11月16日(木)~19日(日)ラリー・ジャパンです。

WRC2023シーズンの日程

WRC2023シーズンの日程は次の13戦が予定されています。

未舗装路(グラベル)、舗装路(ターマック)、圧雪路(スノー)、凍結路(アイス)

ラウンド日程名称・場所路面
第1戦1月19日~22日ラリー・モンテカルロミックス
第2戦2月9日~12日ラリー・スウェーデンスノー
第3戦3月16日~19日ラリー・メキシコグラベル
第4戦4月20日~23日ラリー・クロアチアターマック
第5戦5月11日~14日ラリー・ポルトガルグラベル
第6戦6月1日~4日ラリー・イタリアグラベル
第7戦6月22日~25日ラリー・ケニア(サファリ)グラベル
第8戦7月20日~23日ラリー・エストニアグラベル
第9戦8月3日~6日ラリー・フィンランドグラベル
第10戦9月7日~10日ラリー・ギリシャグラベル
第11戦9月28日~10月1日ラリー・チリグラベル
第12戦10月26日~29日ラリー・中央ヨーロッパ
(ドイツ・オーストリア・チェコ)
ターマック
第13戦11月16日~19日ラリー・ジャパン(日本)ターマック
広告

2023年WRC世界ラリー選手権概要

2023シーズンに参戦するWRCマニュファクチャラーは
・トヨタ
・ヒュンダイ
・Mスポーツ・フォード

2023年WRC ドライバーエントリーリスト

2023年WRCのドライバーエントリーリストは以下の通りです。

2023WRC エントリーリスト
69	カッレ・ロバンペラ
33	エルフィン・エバンス
18	勝田貴元
17	セバスチャン・オジェ
11	ティエリー・ヌービル
4	エサペッカ・ラッピ
6	ダニ・ソルド
42	クレイグ・ブリーン
8	オィット・タナック
7	ピエール-ルイ・ルーベ
9	ジョーダン・セルデリディス

トヨタ・ガズー・レーシングWRT

トヨタ・ガズー・レーシングWRTは、3年連続3冠獲得を目指しています。

勝田貴元/アーロン・ジョンストン組がTOYOTA GAZOO Racing WRTに昇格しました。

セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組は、スポット参戦で勝田貴元/アーロン・ジョンストン組と3台目のシートをシェアします。

ヒョンデ・シェル・モービスWRT

ヒョンデ・シェル・モービスWRTは、2023年がシリーズ参戦10年目となる。

2019年・2020年はマニュファクチャラータイトルを獲得したが、2021年・2022年とトヨタにタイトルを奪われました。

2022年は、最終戦ラリージャパンを含め年間計5勝しており、終盤戦で強さを見せました。

Mスポーツ・フォードWRT

Mスポーツ・フォードWRTは、イギリスの名門ラリーチームである。

2023年は、2019年王者のオット・タナクが加わえチーム補強を行った。

2022年は、ラリー・モンテカルロで優勝を飾っている。

2022年シーズンの結果

2022年シーズンでは、2年連続でトヨタが3冠( マニュファクチャラー、ドライバー、コドライバー )を達成しました。

特に最終戦のラリー・ジャパンではトヨタの凱旋ラリーをトヨタのお膝元の愛知・岐阜で開催しました。

ラリーカーが全焼したり、ガードレールを突き破ったり、日本の秋の落ち葉の多い舗装路が印象に残りました。

2023年シーズンへの期待

2023年シーズンはトヨタがディフェンディングチャンピオンとなり3連覇を狙います。

ラリー・ジャパン2022で3位表彰台に上がった勝田貴元はTOYOTA GAZOO Racing WRTに昇格し、益々活躍が期待されます。

2023年ラリー・ジャパンでは表彰台の頂点を期待したいと思います。

広告

2023年WRC(世界ラリー選手権)カテゴリー

WRCは市販車をベースに開発された車両が用いられるのも身近な感覚を持たせてくれる部分になっています。

カテゴリーはWRC,WRC2/WRC3,JWRCに分かれています。

最高峰のWRCで概要を記します。

WRCカテゴリーの概要(2022)

WRカーはエンジンパフォーマンスや空力性能を規定されており、
1.6リットル直噴ターボエンジンを搭載した4WD車が使用され、空力性能を高める大型スポイラーやカナードなどのエアロパーツの装着を規定しています。
タイヤはワンメイクでピレリ製のコントロールタイヤを導入しています。

2022シーズンからは、ハイブリッドシステムが導入されています。エネルギー回生システム(ERS)は全車共通で、ドイツのコンパクト・ダイナミクス製を使用します。

ハイブリッド化に伴い、トランスミッションが従来の6速から5速となっています。

シャシーではパイプフレームの導入が認められています。

WRCのポイントシステム

各大会は3~4日間で開催され、20程度のSS(スペシャルステージ)が設定されていて、各SSのタイムの合計で順位が決まり、上位なほど多くのポイントを得ることができます。
SSと次のSSまでの区間は交通ルールに従って移動します。
ドライバー選手権,コドライバー選手権とマニュファクチャラー選手権でポイントを競うことになります。

ドライバー選手権,コドライバー選手権

ドライバーとコドライバーそれぞれがポイントを競います。
SS合計タイムが早い順に10位までポイントを獲得します。

ドライバーとコドライバーの取得ポイント


更に、大会ごとにひとつのSSが「パワーステージ」という特別な競技区間に指定され、このステージで上位5名に入るとボーナスポイントが加算されます。

パワーステージのボーナスポイント

マニュファクチャラー選手権

1チーム毎に1大会につき最大3台ノミネートできます。
上位2台がマニュファクチャラーズポイントを獲得し全大会での合計ポイントで競います。
例えば3名のドライバーが参戦し、2位、3位、4位となった場合、2位、3位の得点33点がその大会でのマニュファクチャラーズポイントとなります。

2023年WRC世界ラリー選手権の放送配信

2023年WRC世界ラリー選手権はJSPORTSで放送配信します。

JSPORTSでのWRC放送配信概要

プレビュー
→大会開催前に各戦の見どころを解説

速報Day1+ライブステージ 【生中継予定】
→毎戦1ステージを厳選し、生中継を中心にお届け

速報Day2
→各日の結果やハイライトなどをお届け

パワーステージ 【生中継予定】
→最終日のパワーステージを生中継を中心にお届け

レビュー
→WRC識者が各戦を深く分析し、振り返る

※放送内容はレース毎に変更の可能性あり

JSPORTSの放送はスカパー!やケーブルテレビで契約でき、録画できる点が良いところです。

JSPORTSオンデマンドでは、放送との同時ライブ配信に加え、見逃し配信に対応しているので、後日好きな時間に好きなステージを視聴することができます。

放送配信名視聴料
月額税込
無料体験放送配信
NHK無料なし
JSPORTS※2,944円初月無料

JSPORTS
オンデマンド

2,640円
ジャンルパック
1,980
なし
Amazon
Prime
JSPORTS
2,178円14日間
無料体験
WOWOW2,530円初月無料
DAZN3,000円
年27,000円
なし
GAORA
sports
※1,749円初月無料
Hulu1,026円14日間
無料体験
※スカパー!基本料金429円/月を加えています。

関連サイト:スカパー! J SPORTS

直近のWRC放送配信予定

直近のWRCレースの放送配信予定を記します。

ラリー・クロアチア

4月はラリー・クロアチアです。

様々な特徴のターマックステージを走行します。

・流れるようなコーナーが続くハイスピードなステージ

・ツイスティで道幅の狭いステージ

・路面がダーティな農道など

多様性のあるラリーです。

ラリー・クロアチア2023

JSPORTS(放送)
J SPORTSオンデマンド(配信)

プレビュー
4月19日(水) 午後10:30 – 午後11:00
録画(初回)

速報 Day1+ライブステージ
4月22日(土) 深夜0:00 – 深夜1:15
LIVE

速報 Day2
4月23日(日) 午後7:30 – 午後8:00
録画(初回)

パワーステージ
4月23日(日) 午後8:00 – 午後9:45
LIVE

レビュー
4月30日(日) 午後9:00 – 午後10:00
録画(初回)

ラリー・ポルトガル

5月はラリー・ポルトガルです。

クラベル(未舗装)のラリーで派手な土煙をあげて走り抜ける迫力が魅力的です。

ラリー・ポルトガル2023

JSPORTS(放送)
J SPORTSオンデマンド(配信)

プレビュー
5月10日(水)午後10:30-午後11:00
録画(初回)

速報 Day1+ライブステージ
5月13日(土)午後11:00-深夜0:15
LIVE

速報 Day2
5月14日(日)午後7:30-午後8:00
録画(初回)

パワーステージ
5月14日(日)午後8:00-午後9:45
LIVE

レビュー
5月21日(日)午後11:30-深夜0:30
録画(初回)

まとめ

2022年最終戦のラリー・ジャパンの熱が中々冷めない中ですが、2023シーズンがラリー・モンテカルロ(モナコ)で1月に開幕します。

2023年WRCでは、トヨタのマニュファクチャラー/ドライバー/コドライバー3冠3連覇なるか楽しみなのですが、一戦一戦の展開を見て行くことで、最終戦のラリー・ジャパンが一層楽しさ倍増となると考えます。

2023シーズンWRCを応援して行きましょう。

関連サイト:スカパー! J SPORTS

タイトルとURLをコピーしました