2024MLBメジャーリーグにおけるMVP最優秀選手・選び方!シーズン/月間/週間etc

記事内に広告が含まれています。

MLB(メジャーリーグベースボール)は、シーズン当初からMVPの話題が尽きません。

シーズンMVP、月間MVP、ワールドシリーズMVPなど

選手に様々な賞を贈り栄誉を讃えます。

2024シーズンのMLBにおけるMVPについて紹介します。

広告

2024MLBチーム所属日本関係選手

2024年MLBに所属する主な日本関連選手は次のとおりです。

リーグチーム選手名
ア・リーグ
東地区
トロント・ブルージェイズ菊池雄星
ア・リーグ
東地区
ボストン・レッドソックス吉田正尚
ア・リーグ
東地区
タンパベイ・レイズ
3/28:ボストン・レッドソックスへ移籍
上沢直之
ア・リーグ
中地区
デトロイト・タイガース前田健太
ナ・リーグ
東地区
ニューヨーク・メッツ千賀滉大
ナ・リーグ
東地区
ニューヨーク・メッツ藤浪晋太郎
ナ・リーグ
中地区
シカゴ・カブス鈴木誠也
ナ・リーグ
中地区
シカゴ・カブス今永昇太
ナ・リーグ
中地区
セントルイス・カージナルスラーズ・ヌートバー
ナ・リーグ
西地区
サンディエゴ・パドレスダルビッシュ有
ナ・リーグ
西地区
サンディエゴ・パドレス松井裕樹
ナ・リーグ
西地区
ロサンゼルス・ドジャース大谷翔平
ナ・リーグ
西地区
ロサンゼルス・ドジャース山本由伸
ナ・リーグ
西地区
サンフランシスコ・ジャイアンツ
3/22:退団
筒香嘉智
(FA)

広告

MLBのMVPの種類

MLBのMVPには様々なものがあります。

シーズンMVP

1番の話題は各リーグのレギュラーシーズンMVPです。

MVPの決め方

レギュラーシーズンMVPは、Baseball Writers’ Association of America(全米野球記者協会/BBWAA)に所属する記者の投票で決まります。

投票を行う記者は、各チームの本拠地都市から2人が選ばれ、各リーグ30人が選出されます。

投票する各リーグの記者は、各リーグのMVPを1位〜10位まで順位を決め投票します。

各記者の投票内容はBBWAAの公式サイトで発表されます。

オープンなところもアメリカならではです。

投票順位によって獲得できる点数は次の通り。

1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
14点9点8点7点6点5点4点3点2点1点

MVPの発表時期

MVPの投票はレギュラーシーズン終了後に投票が終了し、ワールドシリーズが終了した後に発表されます。

通常3名の有力選手(最終ノミネート選手)が公表され、発表当日にMVPを受賞する選手が発表されます。

参考ですが、2023年の各賞発表は、次の日程でした。

SPOTVNOW で2023/11/6(月) ~ 2023/11/17(金) MVP 発表などを無料LIVE配信

2023年の発表スケジュール

ゴールドグラブ賞現地時間11月5日
(日本時間11月6日)
※午前8時半から「ESPN」
の番組内で発表
『MVP、サイヤング賞、
新人王、最優秀監督賞』
最終ノミネート選手発表
現地時間11月6日
(日本時間11月7日)
※午前8時から「MLBネットワーク」
の番組内で発表
年間最優秀
エグゼクティブ
現地時間11月7日
(日本時間11月8日)
※GM会議の期間中に発表予定
オールMLBチームの
ファイナリスト
現地時間11月8日
(日本時間11月9日)
※午前8時から「MLBネットワーク」
の番組内で発表
シルバースラッガー賞現地時間11月9日
(日本時間11月10日)
※午前8時から「MLBネットワーク」
の番組内で発表
プラチナグラブ賞現地時間11月10日
(日本時間11月11日)
※ローリングス社主催の
ディナー会で発表予定
新人王現地時間11月13日
(日本時間11月14日)
※午前8時から「MLBネットワーク」
の番組内で発表
最優秀監督賞現地時間11月14日
(日本時間11月15日)
※午前8時から「MLBネットワーク」
の番組内で発表
サイ・ヤング賞現地時間11月15日
(日本時間11月16日)
※午前8時から「MLBネットワーク」
の番組内で発表
MVP発表現地時間11月16日
(日本時間11月17日)
※午前8時から「MLBネットワーク」
の番組内で発表
ハート&ハッスル賞現地時間11月17日
(日本時間11月18日)
カムバック賞現地時間11月28日
(日本時間11月29日)
最優秀リリーバー現地時間11月29日
(日本時間11月30日)
エドガー・マルティネス賞現地時間11月30日
(日本時間12月1日)
オールMLBチーム
ハンク・アーロン賞
現地時間12月16日
(日本時間12月17日)

過去のMVP受賞

2001年のア・リーグMVPは、イチロー選手(マリナーズ)が受賞しています。

2021年・2023年のア・リーグMVPは、大谷翔平選手(エンゼルス)が受賞しました。

複数回受賞では、バリー・ボンズ選手が7度受賞しています。

2001年以降の受賞者を次に示します。

MVPに対して、投手の最高選手賞としてサイ・ヤング賞が存在します。

よって、比較的MVPは野手やDHが選ばれやすい傾向にあります。

しかし、2014年のナ・リーグMVPは投手のクレイトン・カーショウ選手(ドジャース)で、同時にサイ・ヤング賞も受賞しています。史上11人目の同時受賞です。

ア・リーグ
MVP
Posナ・リーグ
MVP
Pos
2001イチロー
(マリナーズ)
外野バリー・
ボンズ
(ジャイアンツ)
外野
2002ミゲル・テハダ
(アスレチックス)
遊撃バリー・
ボンズ
(ジャイアンツ)
外野
2003アレックス・
ロドリゲス
(レンジャーズ)
遊撃バリー・
ボンズ
(ジャイアンツ)
外野
2004ブラディミール・
ゲレーロ
(エンゼルス)
外野バリー・
ボンズ
(ジャイアンツ)
外野
2005アレックス・
ロドリゲス
(ヤンキース)
三塁アルバート・
プホルス
(カージナルス)
一塁
2006ジャスティン・
モルノー
(ツインズ)
一塁ライアン・
ハワード
(フィリーズ)
一塁
2007アレックス・
ロドリゲス
(ヤンキース)
三塁ジミー・
ロリンズ
(フィリーズ)
遊撃
2008ダスティン・
ペドロイア
(Rソックス)
二塁アルバート・
プホルス
(カージナルス)
一塁
2009ジョー・
マウアー
(ツインズ)
捕手アルバート・
プホルス
(カージナルス)
一塁
2010ジョシュ・
ハミルトン
(レンジャーズ)
外野ジョーイ・
ボット
(レッズ)
一塁
2011ジャスティン・
バーランダー
(タイガース)
投手ライアン・
ブラウン
(ブルワーズ)
外野
2012ミゲル・
カブレラ
(タイガース)
三塁バスター・
ポージー
(ジャイアンツ)
捕手
2013ミゲル・
カブレラ
(タイガース)
三塁アンドリュー・
マカッチェン
(パイレーツ)
外野
2014マイク・
トラウト
(エンゼルス)
外野手クレイトン・
カーショウ
(ドジャース)
投手
2015ジョシュ・
ドナルドソン
(ブルージェイズ)
三塁ブライス・
ハーパー
(ナショナルズ)
外野
2016マイク・
トラウト
(エンゼルス)
外野クリス・
ブライアント
(カブス)
三塁
2017ホセ・
アルトゥーベ
(アストロズ)
二塁ジャンカルロ・
スタントン
外野
2018ムーキー・
ベッツ
(Rソックス)
外野クリスチャン・
イエリッチ
(ブルワーズ)
外野
2019マイク・
トラウト
(エンゼルス)
外野コディ・
ベリンジャー
外野
2020ホセ・
アブレイユ
(Wソックス)
内野フレディ・
フリーマン
(ブレーブス)
内野
2021大谷翔平
(エンゼルス)
投手
/DH
ブライス・
ハーパー
(フィリーズ)
外野
2022アーロン・
ジャッジ
(ヤンキース)
外野ポール・
ゴールドシュミット
(カージナルス)
一塁
2023大谷翔平
(エンゼルス)
投手
/DH
ロナルド・アクーニャJr.
(ブレーブス)
外野

週間MVP

毎週の活躍を評価する週間MVPは次の通り表彰されています。

期間
(JST)
ア・リーグナ・リーグ
第1週
~4/1
フアン・ソト
(ヤンキース)
4試合出場
打率.529(17打数9安打)、
1本塁打、4打点、
OPS1.365
ルルデス・グリエルJr.
(ダイヤモンドバックス)
4試合出場
打率.471(17打数8安打)、
3本塁打、10打点、
OPS1.644
第2週
~4/8
ロネル・ブランコ
(アストロズ)
2試合先発15イニング
2勝0敗、防御率0.00、
11奪三振、被打率.022、
WHIP0.47
4/2 TOR戦ノーノー達成
スペンサー・スティアー
(レッズ)
6試合
打率.409(22打数9安打)、
3本塁打、9打点、
出塁率.500、長打率.955、
OPS1.455
第3週
~4/15
コルトン・カウザー
(オリオールズ)
6試合
打率.435(23打数10安打)、
4本塁打、12打点、2盗塁、
OPS1.611
ピート・アロンソ
(メッツ)
6試合
打率.429(21打数9安打)、
4本塁打、7打点、OPS1.604
第4週
~4/22
ジョーダン・ウエストバーグ
(オリオールズ)
6試合
打率.478(23打数11安打)、
2本塁打、8打点、OPS1.413
トレイ・ターナー
(フィリーズ)
6試合
打率.462(26打数12安打)、
1本塁打、4打点、OPS1.250
第5週
~4/29
アンソニー・リゾ
(ヤンキース)
7試合
打率.407(27打数11安打)、
4本塁打、7打点、OPS1.355
アレック・ボーム
(フィリーズ)
7試合
打率.567(30打数17安打)、
1本塁打、8打点、OPS1.514
第6週
~5/6
ブレント・ルッカー
(アスレチックス)
5試合
打率.438(16打数7安打)、
3本塁打、7打点、OPS1.063
大谷翔平
(ドジャース)
5試合
打率.524(21打数11安打)
3本塁打、7打点、
出塁率.583、長打率.952、OPS1.536
第7週
~5/13
エディ・ロサリオ
(ナショナルズ)
5試合
打率.467(15打数7安打)、
3本塁打、5打点、3盗塁、OPS1.733
マーカス・セミエン
(レンジャーズ)
7試合
打率.419(31打数13安打)、
2本塁打、7打点、OPS1.086
第8週
~5/20
アーロン・ジャッジ
(ヤンキース)
6試合
打率.500(20打数10安打)、
5二塁打、3本塁打、5打点、OPS1.830
ルイス・マトス
(ジャイアンツ)
6試合
打率.385(26打数10安打)、
3二塁打、2本塁打、16打点、OPS1.116

月間MVP

MLBの月間MVPは、各月に最も優れた成績を残した選手に与えられます。

月間MVPは、各リーグ(アメリカンリーグとナショナルリーグ)ごとに選出され、各月の成績、パフォーマンス、チームへの貢献度などが考慮され、その月に最も優れた選手が選ばれます。

野手・投手の両方から選出され、打撃成績、投球成績、守備成績などが総合的に評価されます。

月間MVPと同時に、月間最優秀新人、月間最優秀リリーフ投手も選出されます。

月間MVP(野手)

ア・リーグナ・リーグ
4月ガナー・ヘンダーソン
(オリオールズ) 初
29試合 打率.291
10本塁打 24打点 6盗塁 OPS.980
ムーキー・ベッツ
(ドジャース) 2度目
32試合 打率.368
6本塁打 23打点 8盗塁 OPS1.101

月間MVP(投手)

ア・リーグナ・リーグ
4月ホセ・ベリオス
(ブルージェイズ) 初
7試合 4勝2敗0S 防御率1.44
43.2回 31奪三振
レンジャー・スアレス
(フィリーズ) 初
6試合 5勝0敗0S
防御率1.32 41回 40奪三振

月間最優秀新人

ア・リーグナ・リーグ
4月コルトン・カウザー
(オリオールズ) 初
28試合 打率.303
6本塁打 18打点 3盗塁 OPS1.004
今永昇太
(カブス) 初
5試合 4勝0敗0S
防御率0.98 27.2回 28奪三振

月間最優秀リリーフ投手

ア・リーグナ・リーグ
4月メイソン・ミラー
(アスレチックス) 初
11試合 0勝0敗8S
防御率1.35 13.1回 28奪三振
ライアン・ヘルズリー
(カージナルス) 初
16試合 2勝2敗10S
防御率1.69 16回 19奪三振

その他のMVP

その他のMVPとしては、次のゲーム、シリーズに対して選出されます。

・オールスターゲーム

・リーグチャンピオンシップシリーズ

・ワールドシリーズ

広告

2024シーズンMLB成績ランキング

2024MLB[投手・打撃]部門の成績ランキングは関係記事を参照してください。

※シーズン規定投球回数は、162試合×1=162回
※シーズン規定打席は、162試合×3.1=502打席

広告

まとめ

MLBのMVPに選ばれるためには、秀でた活躍が必要になります。

シーズンMVPは、模擬MVP投票により中間発表される点などMLBならではの楽しみ方があります。

また、週間・月間などの期間の活躍も評価されるなど興味が尽きないMLBです。

2024シーズンに活躍している日本人選手たちがMVPに選ばれるよう応援していきましょう。