BSアンテナはDIYで室内設置【メリット,デメリット】

4K受信/視聴

BSアンテナは室内に設置しても受信可能です。

BSアンテナを設置するスペースがない/外にアンテナを付けたくないなど困っていませんか?

オリンピックで4K8K放送で高画質放送されたりしたこともあり、BS/CS放送を見れるようにしておきたいものです。

BSアンテナの設置に困っている方は、室内への設置も一つの選択肢になってきます。

本記事では、簡単なDIYでBSアンテナを室内に設置する方法とそのメリット・デメリットについて紹介していきます。

広告

BSアンテナを室内に設置して受信できるの?

BSアンテナは東経110度のBS衛星およびCS衛星が見通せる位置に向けて設置する必要があります。

方角は、南西方向にあたります。

南西方向が見通せる窓の内側にBSアンテナを設置すれば、BS/CS放送が受信できます。

地域により衛星を仰ぐ角度が違ってきます。

目安はアンテナの仰角調整部に書かれていることが多いですし、アプリやアンテナメーカーのサイトで調べることもできます。

南西向きでBSアンテナが衛星を直視できるようにするのがポイントです。

BS110度CS衛星の地域別仰角

関連記事

広告

DIYでのBSアンテナ室内設置例

BSアンテナは向きを固定しないと安定して受信できないので、室内でも簡単に動いてしまうようでは困ります。

やり方は色々あるのですが、一つの例として突っ張り棒を利用する方法があります。

DIYとしては、とても簡単な方法なので誰でも出来ておすすめです。

【突っ張り棒を利用したアンテナ設置手順

1.室内の床と天井に突っ張り棒を立てます。
2.突っ張り棒にアンテナ取り付け金具を固定します。
3.BSアンテナを付けます。
4.アンテナケーブルは床に這わせます。

BSアンテナを衛星を直視できる高さにして向きを合わせます。

室内でのBSアンテナ固定方法例

BSアンテナの選び方

室内に設置するBSアンテナは、屋外と同じものになります。

4K左旋放送(WOWOW4Kなど)を見る場合は、4K8K対応のものが必要です。

4K左旋放送を見ない場合は、古いBS110度CSアンテナでも問題ありません。

右旋BSと左旋BS/CSを利用するチャンネル

アンテナケーブルの混合・分配

アンテナケーブルの分配では、4K放送を見る場合に注意が必要です。

特に4K左旋放送では、4K8K対応アンテナを利用しても、非4K対応の機器を通した以降の機器で電波が減衰し4K視聴できなくなります。

また、アンテナケーブルの太さは4C以上の太さを確保した方が減衰が少なくなります。

その他の地デジ,BSの場合は、ケーブル太さを気にする必要はありませんが、距離が長い場合は3C以上を使うようにした方が安心です。

アンテナケーブルが太くなると取り回し難くなりますが、安定した伝送には有効です。

4K放送利用では周波数が高いので、分配器や接続部の電波洩れが発生して、WiFi機器への影響が出ることもあります。

4K8Kに対応したSH規格がありますが、4K8K対応と表示されているものを使用していて問題はありません。

室内設置によるガラスやカーテンの影響

ガラスやカーテンの影響
フォト贝莉儿DANISTUnsplash

窓ガラス越しに衛星からの電波を捉えるのですが、見通しが利けば問題ない場合がほとんどです。

ガラスの種類で難しい場合があるかもしれませんが、透明なガラスやすりガラスなら間違いなく受信できます。

表面(片面)がデコボコしているガラスでも受信できなかったことはありません

カーテンを閉めていても受信に影響はありません

断熱仕様の厚手のカーテンを利用していますが電波の強さが下がることもありません。

窓にプラダンを貼っても影響ありません。

雨戸を閉めた場合は受信できません

【ガラスの種類で受信に影響が出る場合とは】

経験上ですが、以下のガラスで電波の減衰が大きめになりました。

2重ガラスの窓は受信できましたが電波の強さは下ります。

2重ガラスの2重窓の場合は相当に減衰するので内窓を開けないと見れない場合がありました。

BSアンテナを室内設置するメリット

BSアンテナを室内に設置するメリットを3点あげます。

①アンテナケーブルの引き込み不要

BSアンテナを屋外に設置した場合に同軸ケーブルを屋外から室内に引き込まないといけません。

室内に設置すればケーブルは室内の隅に這わせれば良いだけなので簡単です。

②BSアンテナの設置を外部から隠すことができる

室内にBSアンテナを設置すれば、外部から見え難くなります。

カーテンを閉めておけば見えないでしょう。

③雪の影響がない

雪の積もる地域限定になりますが、屋外のBSアンテナの場合、アンテナ表面に雪が付着します。

雪の付着が多くなると受信できない状態になってしまいます。

室内に設置すれば雪の影響を少なくできます。

BSアンテナを室内設置するデメリット

BSアンテナを室内に設置するデメリットを2点あげます。

①部屋が狭くなる

BSアンテナを設置するスペースが必要なので室内が狭くなります

②拍子にずれる

BSアンテナの固定を確りできれば良いのですが、室内では固定が甘くなりがちで接触によってずれる可能性があります。

突っ張り棒の場合は、BSアンテナが回転し易くなります。

直すのはBSアンテナを回転方向に少し動かせば良いだけなので簡単です。

知らずにずれてしまっていると予約録画できていないことがあるので注意が必要です。

まとめ

DIYで簡単にBSアンテナを室内に設置する方法についてまとめます。

・BSアンテナは室内から窓越しに衛星を見通しできれば設置可能。

・カーテンやガラスは障害物にはならない。

・メリットは室内へケーブルを引き込む必要がないなど。

・デメリットはスペースが減るなど。

室内にBSアンテナを設置する目的や理由は事情によって変わってきますが使える手段です。

BS放送の視聴環境を整えるには、プロに任せるのも一案です。
参考記事『無料見積りできるBSアンテナ業者を比較!不要な出費は減らしたい』に業者の選び方を記したの読んでください。

タイトルとURLをコピーしました