ミニ三脚で天井投影!プロジェクターをヘッドアップ

ホームシアター
ホームシアター

プロジェクターをホールドするためにコンパクトなミニ三脚を探しました。

プロジェクターで天井投影したかったからです。

投影光を天井に向けられるジョイント機構が必要になってきます。

ミニ三脚で携帯できて、軽量/安価なものとして、VIJIM ULANZI MT-16を購入してみました。

広告

ULANZI MT-16を選択

ULANZI MT-16の外観

VIJIM ULANZIは、伸縮長さなどの違うタイプをラインナップしているので、使いたいサイズを探しやすくなっています。

価格も2千円前後の設定です。

購入したMT-16は、重さ170g、折り畳み長さが22cmと軽量コンパクトで携帯性が抜群です。

もっとコンパクトなMT-08もありましたが、カメラ利用には、もう少し伸ばしたいと思い、44cmまで伸ばせるMT-16にしました。

ただ、プロジェクターに利用するだけの場合は、長く伸びる必要はないので、MT-08でも良いと思います。

スマホで自撮りなどする方はMT-41や6段伸縮で81.5cmまで伸びるMT-34があります。

スマホホルダーが付いているのでプロジェクター/カメラ/スマホと自在に使用できます。

全モデル共通ではありますが、ボール型の雲台を採用していて、360度で自在に角度を調整できます。

そして切り欠き部があって、接続したカメラ等を90度傾けることができます。

プロジェクターを上向きにするために必要な機能です。

MT-16でプロジェクターを上向きにする
VIJIN ULANZI三脚ラインナップ

広告

プロジェクターにMT-16を取り付け

プロジェクターにMT-16を取り付け

使用するプロジェクターは、XGIMI ELFINです。

軽量(約0.9kg)/薄型(厚み約49mm)のコンパクトHDプロジェクターなので、ミニ三脚の方が使い易くなります。

また、プロジェクターの設置高さは低い方が投影画面を大きくできます。
更に倒れるリスクも少なくなります。

MT-16をXGIMI ELFINに取り付けてみると、XGIMI ELFINの重心が雲台に近い事もあり、高い安定感がありました。

プロジェクターXGIMI ELFIN 仕様一覧

天井投影状況

天井投影説明

MT-16は可動域が広いのでXGIMI ELFINの投影角度も自在にできます。

XGIMI ELFINの台形補正機能や上下画面反転機能などで投影画面を調整すると、綺麗な映像を天井に投影することができました。

画面サイズは80インチ程度です。

XGIMI ELFINのレビュー記事も参考にして下さい。

天井投影した映像
プロジェクターの投影距離と画面サイズ
広告

まとめ

ミニ三脚ULANZI MT-16を使用して、プロジェクターで天井投影してみました。

ULANZI MT-16でXGIMI ELFINを安定して固定することができました。

低い位置から投影することで天井に80インチ程度の画面を映し出すことができます。

タイトルとURLをコピーしました