スポンサーリンク

USBケーブル使い分け不要!マグネット式コネクタで共通化!コネクタ3種類のケーブル互換性を確保

家電 PC
mde
家電 PC
この記事は約29分で読めます。
スポンサーリンク

スマホ,タブレット,ゲーム機などの複数台のデバイスに充電や通信のためにUSBケーブルを接続する機会も多くなりました。
ただ、USBケーブルの規格も種々あるので、都度USBケーブルを使い分ける必要があります。

そんな煩わしいケーブルの使い分けがマグネット式 3in1 USBケーブルを使用すると1本のケーブルで3種類の規格を共通化できて、USBケーブルの互換性が確保できるので、デバイス毎にUSBケーブルの使い分けが不要になってしまいます。

USBコネクタの規格

大部分のスマホやタブレットのUSBポートは、
micro USB Type-B / ライトニング / Type-C
の3種類のコネクタの仕様となっています。

通常は充電器側はType-Aで共通です。

Type-A

参照:Ugreen USB 3.0 ケーブル タイプA

※画像をタップするとAmazon商品ページ

電源側やPCポートはType-Aが多いと思います。

Type-Aには3つの規格があります。

  • USB2.0 Type-A
  • USB3.0 Type-A
  • USB3.1 Type-A

ただし、すべて互換性があるので接続する分には使い分けする必要がありません。

そもそも電源側の規格がまちまちだったら利用者の不便さは極まりないものになってしまいます。

Type-B

参照:Amazonベーシック USBケーブル

※画像をタップするとAmazon商品ページ

Type-Bには6つの規格があります。

  • USB2.0 Type-B
  • USB3.0 Type-B
  • USB3.1 Type-B
  • mini USB Type-B
  • Micro USB Type-B

USB2.0 Type-B~USB3.1 Type-Bはプリンターや外付けHDDなどで利用されていますが、AndroidのスマホやタブレットではMicro USB Type-Bがほとんどです。

台形なので差し込みの向きが決まってい合わせないといけない点が面倒に感じます。

差し込みにくく、損傷もさせやすい構造なので、高い頻度で差し込み・取り外しを繰り返す内に差し込み部があまくなりがちです。

一番厄介なコネクタ形状だと感じます。

Type-C

参照:GREEN USB Type Cケーブル

※画像をタップするとAmazon商品ページ

Type-Cは次世代規格「USB 3.1」で制定された新規格の端子です。

MacBookなどに搭載されています。

USB3.1Gen2になって転送速度が10Gbpsに向上しました。

Lightning(ライトニング)

参照:Syncwire iPhone充電ケーブル

※画像をタップするとAmazon商品ページ

アップルが開発した独自コンピュータバスおよび電源コネクタを使用したデータ伝送技術のコネクタです。

iPhone5以降で使用されています。

データ通信はUSB 2.0規格に準じています。

規格による転送速度の違い

転送速度の進化によりコネクタ仕様が変わってきました。

今後も技術の進歩により変わってくるのは仕方のないところです。

転送速度の規格転送速度解説
USB1.112Mbps1998年9月に発表。
Windows98がUSB1.1に標準対応した
ことで普及
USB2.0480Mbps2000年4月に発表。
USB 1.1と同じコネクタを使いながら
約40倍のデータ転送速度を実現し
USB3.0
USB3.1 Gen1
5Gbps2008年11月に発表。
コネクタのソケット部分に青色を使用。
USB 2.0と比べて約10倍に向上した。
USB3.1 Gen210Gbps2013年7月に発表。
USB3.1はGen1,Gen2の2種類があり、
Gen2で10Gbpsに向上した。

USBケーブルの規格をマグネット式コネクタで共通化

上記の通り、USBコネクタの規格が違うと、ケーブルを差し替える必要が出てきます。

種類の違うUSBケーブルを準備するのも面倒ですし、ケーブルだらけで管理も大変です。

そのような面倒な状況を改善できるのが、マグネット式 3in1 USBケーブルになります。

グネット式 3in1 USBケーブルは、micro USB Type-B / ライトニング / Type-Cのコネクタが付属していて、ケーブルは片側がType-A反対側がマグネットになっています。

マグネットには、micro USB Type-B / ライトニング / Type-Cのどのコネクタでも接続できるようになっているので、micro USB Type-B / ライトニング / Type-Cのどの規格でもUSBケーブルの互換性が確保出来るようになります。

USBケーブルをそのままで3種類の規格のコネクタを使い分けできるので差し替え不要となってしまいます。

マグネット式USBケーブルの種類

マグネット式USBケーブルには規格の組み合わせパターンがあります。

上記で示したType-A(固定側)とmicro USB Type-B / ライトニング / Type-C(取替側)で多くの機器は対応できると思います。

それ以外ではType-C(固定側)とType-C(取替側)のものもあります。

色々パターンがあるので探すのも面白いところになります。

マグネット式 3in1 USBケーブル使用レビュー

マグネット式 3in1 USBケーブルはmicro USB Type-B/ライトニング/Type-Cの3種類のコネクタが付属していて、基本的にスマホやタブレットなどのコネクタに挿したままにして使用します。

購入したマグネット式 3in1 USBケーブルは、3本セットの物です。
ケーブルが3本と3種類のコネクタが3本分(各種3×3本分=合計9個)が付いてきました。

デバイスにコネクタを挿しておけば、ケーブルは共通で使用できるので、コネクタ毎にケーブルを選ぶ必要はありません。

マグネットは比較的強力なので勝手に外れることはありません。
垂直方向の力は磁力で接合している力でスマホ本体も吊り上げることが可能なほどです。

ただし、斜めに引っ張ると簡単にマグネット部で外れてくれるので、片手でケーブルとコネクタを付け外しするのも簡単です。

サッと外して、サッと付ける使い方がきるので、ポートの位置や向きを見て合わせるなんて面倒な動作が不要になります。

家の中での使用状況

①Androidタブレット(micro USB Type-B),
②Androidスマホ(micro USB Type-B),
③PS4コントローラ(micro USB Type-B),
④iPhoneスマホ(ライトニング)

でマグネット式 3in1 USBケーブルを利用しています。

どのデバイスを充電する場合でもケーブルは共通なので、ケーブル1本を電源タップに接続しておけば、そのデバイスでも接続できて充電を開始できます。

自動車での使用状況

自動車でアンドロイドオートやアップルカープレイを利用する時には、車の専用USBポートとスマホをUSBケーブルで接続します。

従来はUSBケーブルをスマホに抜き差しして使用していましたが、マグネット式 3in1 USBケーブルを利用してからは、スマホにUSBケーブルのマグネット部でくっつけるだけです。

充電されますし、同時にデータ通信もできてアンドロイドオートやアップルカープレイの利用が可能です。

アンドロイドオートやアップルカープレイは、車の画面でスマホの地図や音楽アプリを利用できて便利なのですが、目的地に着いて車から降りる際にはスマホを外す必要が出てきます。

車への乗り降りに合わせて、スマホの付け外しが出てくる点が面倒に感じていました。

しかし、マグネット式 3in1 USBケーブルを利用してからは、片手でスマホとマグネット部を切り離すだけで外すことができるようになったので大した手間がかかりません。

再乗車する時もマグネットをくっつけるだけでOKです。

AndroidでもiPhoneでもケーブルは共通

更にAndroidスマホとiPhoneを持っていて、その時々でアンドロイドオートを利用したり、アップルカープレイを利用したりしたい場合、通常はスマホを入れ替える毎にUSBケーブルごと交換する必要がありますが、マグネット式 3in1 USBケーブルを利用すれば、同じUSBケーブルを使用して、マグネット部でスマホを取り替えするだけで、アンドロイドオートもアップルカープレイも利用できるようになってしまいます。

モバイルでの利用状況

外出先でモバイルバッテリーを利用してデバイスを利用する場合にモバイルバッテリー側はType-Aだとしても、デバイス側はmicro USB Type-B/ライトニング/Type-Cと色々なパターンが出てきます。

デバイスのコネクタ規格に合わせて、多種類のケーブルを持ち歩くのも大変です。

コネクタが3つ又になっている巻き取り型の3in1 充電ケーブルなどもありますが、マグネット式 3in1 USBケーブルの方がすっきりしています。

ただし、同時充電できるのは3つ又製品です。

マグネット式 3in1 USBケーブルまとめ

マグネット式 3in1 USBケーブルにより家の中でも車でも、デバイスのUSB規格が違っても、USBケーブルは共通に出来るので、ケーブルを探したり、差し替えすることが不要になりました。

繰り返しUSBコネクタをポートに抜き差ししなくても良いので、ポートの劣化も防止できる点もお勧めポイントになってきます。

タイトルとURLをコピーしました