スポンサーリンク

Echo Dot(エコードット)をモバイルデバイスに変身させるポータブルバッテリーベースGGMM D3,D3+

スマートホーム
スマートホーム
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

Amazon Echo Dot (エコードット) 第4世代は球体の可愛い形で発売されいますが、前のモデルの大判焼きみたいな形状のEcho Dot (エコードット)第3世代も販売中です。

Amazon Echo Dot (エコードット)には様々なホルダーが販売されていて、Echo Dot (第3世代)用ホルダーのGGMMのポータブルバッテリーベースは、10000mAh(D3+)のバッテリー搭載のホルダーで、電源が無い場所でもEcho Dotを16時間連続再生できる性能を持っています。

GGMMは、Amazon Echo Dot (エコードット) 第4世代用のポータブルバッテリーベースも販売しているのでチェックすると面白いグッズを見つけられるかもしれません。

Echo Dot (第3世代)は43 x 99 x 99 mm で300gとコンパクトで持ち運びやすい形状・サイズなので、GGMMのポータブルバッテリーベースと合体させて利用することですっきりしたモバイルデバイスに変身させられます。

薄型モバイルバッテリーとの違い

薄型のモバイルバッテリーとEcho DotをUSBケーブルでつなげばEcho Dotをモバイルで利用することができますし、モバイルバッテリーはスマホの充電切れに対応するためにもカバンの片隅に入れておけばとても重宝します。

しかし、Echo Dotのバッテリーとして使用する場合は、モバイルバッテリーでは一体感がないのでバッテリーの置き場に困ってしまいます。
接続するUSBケーブルが長くても・短かくても、どちらにしても邪魔な感じは否めません。

ポータブルバッテリーベース GGMM D3

GGMMポータブルバッテリーベースはEcho Dot 対応のホルダーです。

専用バッテリーみたいなもので、Echo Dot (第3世代)で使うと厚みがバッテリーの分だけ厚くなってしまいますが、一体になってしまうので違和感がありません。

GGMMポータブルバッテリーベースには、Echo Dot (第3世代)用としてはバッテリー容量の違うD3とD3+があります。

D3D3+
厚み2.7cm3.6cm
電池容量5200mmA10000mmA
再生時間8h16h
重量180g280g

D3+であれば16時間連続再生が可能な10000mAh仕様になっています。
こんなホルダーがあれば、配線がはみ出さないので持ち運びし易くて、どこにでも持っていけます。

GGMM ポータブルバッテリーベースでEcho Dot (第3世代)をモバイル化

GGMM ポータブルバッテリーベースでEcho Dotをモバイル化でき、しかも、Amazon Musicワンデバイスプラン7,000万曲が聞き放題のAmazon Music Unlimited月額¥380で利用できてしまいます。
さらに、30日間は無料体験できてしまいます。

Amazon Musicワンデバイスプラン

ワンデバイスプランは1台のEcho またはFire TVで利用
Amazon Music Unlimitedで7,000万曲が聞き放題
ワンデバイスプランは30日間は無料

30日間の無料体験終了後は月額¥380

関連記事

Amazon Music ワンデバイスプランについては関連記事「ワンデバイスプランでEcho Dotがジュークボックスに大変身!」で紹介しています。

Echo Dot,GGMM ポータブルバッテリーベース,Amazon Music ワンデバイスプランを組み合わせて色々なシーンで活用しましょう。

自宅のあちこちで使ってみる

Echo Dot は手元近くにおいて使いたい。
手元に置くことで、大きな声を出さなくても、やり取りができるので気が引けません。

  • ごろ寝のお供に持っていく
  • トイレに連れていく
  • DIYの傍らに置く
  • 玄関掃除
  • エクササイズ・筋トレ

など、どこにでも持って行って利用できます。

屋外でも使えます。
WI-FIの届くところなら庭やベランダでのベランピングにEcho Dot をGGMM ポータブルバッテリーベースと合体しておけば、時間を聞いたり、天気やニュースを聞いたり、音楽を聞いたりと快適な時間をつくるツールになってくれます。

外に持ち出して使う

Echo Dot はスマホでのテザリングでも利用できます。
なのでどこでも持っていけます。
情報が音声だけなので通信料金はそれほど嵩みません。

スマホでも同じように利用できますが、スマホは別の役割があるので、Echo Dot が使いやすくて重宝するはずです。

一番お気に入りの場面は釣りですね。
堤防での釣りで音楽を聴くのも良いし、一人船頭のマイボートでの釣りにも最高です。
海の上を漂いながら糸を垂らして、音楽を聞いて釣りをする。
贅沢この上ないひと時です。
病みつき間違いなしです。

ブルートゥーススピーカーを使う

Echo Dot にはブルートゥース機能があるので、ブルートゥーススピーカーを使うこともできます。

JBL BOOMBOX 2 のようなIPX7防水Bluetoothスピーカーを使用しています。
約24時間連続再生可能な大容量バッテリーを搭載しているので一日利用できます。

Echo Dot (第3世代)は防水ではないので荷物の中に入れておきますが、Echo Dot に声は届くので操作が可能です。

自動車で利用する

自動車も最近はアンドロイドオートやアップルカープレイに対応していますが、ちょっと古い車ならEcho Dot を利用している方も多くおられるでしょう。

Echo Autoも発売されて、自動車でEcho端末を利用することも認知されています。

こんな時もGGMM D3 ポータブルバッテリーベースがあれば、USBケーブルの接続が不要なので、それこそ自動車に持ち込むだけで利用できてしまいます。

Amazon Musicワンデバイスプラン

ワンデバイスプランは1台のEcho またはFire TVで利用
Amazon Music Unlimitedで7,000万曲が聞き放題
ワンデバイスプランは30日間は無料

30日間の無料体験終了後は月額¥380

まとめ

GGMM D3 ポータブルバッテリーベースはEcho Dot をモバイル機器にする最強のアクセサリーです。
【新型】Echo Dot (エコードット) 第4世代が発売されていますが、GGMM D3 ポータブルバッテリーベース+Echo Dot (第3世代)の魅力も色あせていません。

タイトルとURLをコピーしました