スポンサーリンク

多様なスマートホーム化デバイスの設置場所

スマートホーム
スマートホーム
この記事は約13分で読めます。
スポンサーリンク

いろいろなスマートホーム化デバイスが製品化されています。

あんな物やこんな物を【自動で操作したい】,【お部屋の様子を確認したい】,【音声操作で電気を消したい】,【外出先から操作したい】などと願望は尽きませんが、スマートホーム化デバイスの種類や形状によって変わってくるであろう設置場所を考えていきたいと思います。

リビングに設置するスマートホーム化デバイス

最初に導入するべきスマートホーム化デバイスはスマートスピーカー

スマートスピーカー Amazonアレクサ、Googleアシスタント、 Apple Siri、LINE Clovaの AIアシスタントが主流です。

Echo Dot (エコードット)

「スピーカーのみのデバイス」と「画面が付いているデバイス」がありますが、リビングで利用するのであれば、スマホを手に持っているし、テレビもあるのでスピーカーのみのデバイスの方がシンプルで良いですね。

テレビの近くにスマートスピーカーを置くと、テレビ音声とスマートスピーカーへの指令が重なってしまうので、スマートスピーカーは傍らに置いた方がやり取りがしやすくなります。

SPORTLINK Dot3 壁掛けホルダーを利用すれば壁のコンセントに掛けて設置できたり、コンパクトな設置が可能になります。

いろいろあるスマートスピーカーの中でEcho Dot (エコードット)第3世代は、安価な上にセールで更に安くなっている機会も多いのでお勧めです。

更に、ポータブルバッテリーベースGGMM D3やD3+を使用すると持ち運んで利用できてしまいます。

参考記事:Echo Dot(エコードット)をモバイルデバイスに変身させるポータブルバッテリーベースGGMM D3,D3+

リビングはスマートリモコンで家電を操作

リビングはテレビ,エアコン,照明があるのでスマートリモコンが大活躍できる場所です。

設置位置は対象機器にリモコンの赤外線が届く必要があるので、見渡しの良い場所を選ぶ必要があります。

テーブルの上等だと目障りな感じになるので全体を見渡せる部屋の後方壁などに設置するのが良いと感じています。

スマートリモコンはスマートスピーカーなどのAIアシスタントに声で命令することで、リモコンから命令した赤外線信号が発射されて家電などを操作してくれます。

わたし
わたし

「アレクサ、電気を点けて」

アレクサ
アレクサ

「はい」

こんなやり取りで電気を点けてくれます。

スマートリモコンは対応しているAIアシスタントが決まっているので、どのAIアシスタントに対応しているのか確認して購入する必要がありますが、アレクサ、Googleアシスタント、Siriなど複数のAIアシスタントに対応しているものも多くあります。

SwitchBot Hub Mini

SwitchBot Hub複数のAIアシスタントに対応していて、設定も簡単なので安心です。

エアコン、テレビ、照明は国内外の主要メーカーのリモコンが登録済み ですし、プリセットされていないリモコンの場合でも、手動でリモコン信号を登録できます。

別記事『SwitchBot Hub リモコンの設置場所【すべての家電をスマート化したい】』でSwitchBot Hubでのスマートホーム化を紹介していますので、良かったら読んでください。

【+Style ORIGINAL】 スマートマルチリモコン

【+Style ORIGINAL】 スマートマルチリモコンアレクサ、Googleアシスタントに対応していて、更に温度・湿度・照度(明るさ)センサーを搭載しています。

<自動化設定:例1>・室温が30℃以上になったら、“エアコン”の冷房をON

<自動化設定:例2>・明るさが99ルクス以下になったら、“照明”をON・明るさが100ルクス以上になったら、“照明”をOFF

などの自動制御も可能です。

また、スケジュール機能で曜日毎の時間毎に機器を点けたり消したりする設定もできます。

スマート加湿器で居心地アップ

リビングは温度のみでなく湿度も適切に保つことで快適度がアップすること間違いなしです。

SwitchBot Wi-Fi スマート加湿器

SwitchBot Wi-Fi スマート加湿器は外出先から帰る際に起動させれば、潤いたっぷりのお部屋が待っていてくれるようになります。

加湿量を切り替えでき、設定湿度に保ってくれるモードを搭載しているので、細かな湿度の調節が可能です。

アロマ対応なので付属のパッドにアロマオイルを2~3滴垂らすと、ミストと一緒に香りがお部屋に広がります。

 3.5Lの大容量タンクを搭載しているので、一度の給水で最大48時間連続運転が可能なので、常時使用しても給水の煩わしさがありません。

超音波式なので電気代も気にせずに使用できます。

生活スタイルに合わせてスケジュールを細かく設定して、快適な環境づくりを進められます。

MILcea アロマディフューザー

加湿器 MILcea アロマディフューザーは、アロマ対応の製品でお水にアロマを数滴垂らすとミストと一緒にお気に入りの香りが広がります。

タンク容量は300mℓと小型なので置き場所も工夫できますし、移動もしやすいと思います。

動作中の音も35dB以下で設計されています。

超音波式なので空焚きの危険もなく安心です。

寝室に設置するスマートホーム化デバイス

寝室には画面付きスマートディスプレー

寝室のスマートスピーカーは画面付きのスマートディスプレーに限ります。

目覚まし時計としても利用でき、就寝や起床時に音楽を聴いたり、ニュースを聞いたり、寝ながらにリビングのエアコンを起動したり、動画配信サイトを見たり、ネットワークカメラで映像を確認したりなど画面付きスマートスピーカーの機能をフルに利用できます。

Amazon Echo Show 5 or 8

Amazon Echo Show 5は、5インチ画面のスマートスピーカーですが、画面サイズは寝室利用に最適なサイズです。

8インチ程度までなら置き場も選ばないので良いのではないでしょうか。

画面の明るさや画面オフ,インカメラのシャッタも付いているのでプライバシーも保てます。

Google Nest Hub

Google Nest Hub は、Googleの販売するスマートディスプレーです。

Amazon Echo Showと同様に機能も充実しているので、どちらを購入しても満足できるでしょう。

使える音楽・動画サービスが違っていたりするので、使用したいサービスへの対応は確認してください。

キッチンに設置するスマートホーム化デバイス

キッチンのスマートディスプレーは大画面

キッチンはリビングダイニングなのかキッチンのみなのかで違うと思いますが大画面のスマートディスプレーを設置したいものです。

Nest Hub Max

大画面のスマートディスプレー情報が確認しやすい事やスピーカーの質が良いものが多いので聞きとりやすいからです。

料理のレシピを音声検索して手順を画面で確認できたり、調理の動画も再生できます。

音楽も音声指示で多種多様な音楽を聴くことができます。

時間も確認できるし、料理用のタイマーとしても使用できます。

Amazon Echo Show

キッチンにスマートディスプレーがあれば気になったことを調べたり、ニュースやネット配信のコンテンツを見ながら作業ができて、情報収集デバイスとしても活躍します。

好みの場所に設置するスマートホーム化デバイス

いろいろな使い方ができるネットワークカメラを利用しよう

ネットワークカメラはペット見守り,音声通話,防犯カメラ,ベビーモニター,監視カメラなどいろいろな 使い方があります。

TP-Link Kasa カメラKC100

TP-Link Kasa カメラ ネットワークカメラ は1080p HD の高画質製品です。

ナイトビジョン(夜間撮影)で暗がりもきれいに撮影してくれます。

Amazon Alexa, GoogleのAIアシスタントに対応していてるので、Amazon Echo Show 5などのスマートディスプレーがあれば音声でカメラ映像を確認することができます。

スマホはもちろんですがFire TV Stick (第二世代)やGoogle Chromecastでも映像を確認できます。

TP-Link ネットワークWi-FiカメラTapo C200

TP-Link ネットワークWi-FiカメラTapo C200は、パン・チルト機能付きのネットワークカメラです。

カメラ視線は水平方向 360°、垂直方向114°までを広範囲にカバーしているので少ない死角で監視が可能になります。

ナイトビジョン(夜間撮影) 機能で夜間の監視もできます。

別の部屋や外出先からリアルタイムにスマホやスマートディスプレーでカメラ視線を遠隔操作して、広範囲の様子を確認できるので、赤ちゃんやペットも見守ることができます。

多用途なネットワークカメラをうまく利用するのも現代の生活なのかもしれません。

常時カメラを起動しておきたくない方はスマホでストリーミングと録画を停止できますし、スマートプラグを併用すれば電源操作で、見たい時だけカメラを起動するなども可能です。

起動していればモーションセンサーにより動作検知してスマホアプリに通知してくれます。

マイクロSDに録画も可能です。

ネットワークカメラについては、別記事『ネットワークカメラとは? 安いものでも【防犯・見守り】に使えるの?』でも紹介しています。

電源毎落としてしまう省エネ機能のスマートプラグ

家電は年々省エネ化されてきて、待機電力の最小化も進んでいます。

それでも気になる無用な待機電力は確りカットしてたいものです。

スマートプラグはタイマーにもなりますが、何と言っても無音なので機械式タイマーのようなカチカチと刻む機械音が無いのが最高です。

TP-Link WiFi スマートプラグHS105

TP-Link WiFi スマートプラグHS105は自宅のWi-Fiに直接接続できるので、コタツや扇風機の切り忘れがあっても外出先から遠隔操作やオフにしたり、スケジュールを設定すれば計画にそって電源をオンオフすることができます。

Amazon Alexa* , Googleアシスタント, LINE Clovaに対応しているのでEcho Dot (エコードット)などのスマートスピーカーに音声で指示して電源をオンオフすることができます。

Meross WIFIスマートプラグ

Meross WIFIスマートプラグはアップルが開発を進めているHomeKit Siriにも対応していて、更にAmazon Alexa、Google Homeにも対応しているの多様なデバイスで音声操作が可能になっています。

遠隔での電源操作やスケジュールとタイマーの設定も使用できます。

スマートプラグについては別記事『Wi-Fi スマートプラグのおすすめ活用方法』でも紹介しています。

指ロボットに指令を出してスイッチオン

指ロボットSwitchBot スイッチボット スイッチ

スマートプラグで電源をオンして起動できない電化製品も多くあります。

指ロボットSwitchBot スイッチボット スイッチは、赤外線リモコンで操作できない家電の押しボタンを指ロボットで起動させるものです。

壁スイッチや給湯ボタンなどに指ロボットを取り付けて、遠隔操作するしたり、タイマー機能を使って決まった時間に操作することができます。

スマートライトがあれば照明も自由自在

家電の少ない場所にスマートリモコンを配置するのは無駄な投資になってしまします。

アイリスオーヤマ LED シーリングライト8畳 CL8DL-6.0UAIT は、Amazon EchoやGoogle HomeのAIスマートスピーカーと連動するので、スマートリモコンがなくても音声操作が可能です。

AIスマートスピーカーが無い場合でも、LAN環境があればスマホアプリで遠隔や外出先から操作できます。

スマートセンサーを活用して制御を高度化

スマートホーム化を進めていく上でスマートセンサーは重要な役割を担うようになるデバイスです。

いろいろなスマートデバイスをどのような条件で起動するのか、そのトリガー(きっかけ)をセンサーで検出することが必要になってきます。

ドア 窓 開閉センサーでスマートセンサーを起動

ドアや窓が開いた時・閉じた時に検知できるセンサーです。

+Style ORIGINAL】スマートセンサー ドア 窓 開閉 センサー

ドアや窓の開閉に対してリアルタイム通知されたり、ドアの開閉状態を確認することができます。

モーションセンサーが動きを検出

モーションセンサーはネットワークカメラに付帯しているものは多いのですが、モーションセンサー単体となると現状ではまだ多くありません。

【Echo Flex用】 Third Reality モーションセンサーAmazon Echo Flex (エコーフレックス) に接続するモーションセンサー なので、 Echo Flexのスマートスピーカー機能も利用できる製品です。

 Alexaアプリにて、動きを検知した時に作動する独自の定型アクションを作成できるので、帰宅時に部屋の家電を連動させるなどの利用方法も可能になります。

使い方次第でスマートホーム化の可能性を広げられるアイテムになります。

スマートロックで自宅もキーレス化

自宅の鍵もキーレス化が進んでいます。

スマートロックは鍵の開閉を確認するセンサーとしても利用可能です。

Qrio Lock (キュリオロック) Q-SL2をドアに設置すれば、スマートフォンでキーレス化が可能です。

もちろんポケットにスマホが入っているだけで、ドアに近づくと自動的にカギを解錠しますので、スマホを取り出して操作する必要はありません。

キーは家族や知人に合カギを発行できるようになっています。

スマートフォンを持たない子供やお年寄りには、別売りのQrio Keyがあればリモコンで解錠施錠することができます。

Qrio Hub Q-H1は、Qrio LockやQrio Smart Lockを遠隔操作できるようにハブになります。

スマートロックの近くのコンセントに挿して使用します。

カギの操作を外出先に通知することもでき、防犯にも役立つほか、操作履歴も確認できます。

スマートホーム化デバイスのまとめ

スマートホーム化デバイスはガジェット好きには気になる存在です。

次はどんなデバイスが登場するのか楽しみで仕方ありません。

今後も情報をキャッチして自分でもチャレンジして使い方を創出していく楽しさを味わいたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました