スポンサーリンク

SwitchBotアプリにSwitchBot Hubを設定【スマートリモコンを使用できるようにしよう】

スマートホーム
スマートホーム
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

SwitchBot Hub Plusは、SwitchBotアプリで使用します。

SwitchBotアプリは、
Android用,iOS用(iPhone、iPad、およびiPod touchに対応)があり、Google PlayやApp Storeからインストールし、ホーム画面からアカウント登録します。

アカウント登録方法について

アカウント作成が完了したら SwitchBot Hub Plus をアプリに登録して、アプリからSwitchBot Hub Plus を利用できるようにする必要があります。

SwitchBot Hub Plus を利用するにはアプリに加えて、WiFi環境も必要になります。

本記事では、SwitchBotアプリでSwitchBot Hub Plus を利用できるように設定する手順を紹介します。

SwitchBotアプリを設定しSwitchBot Hub Plus を使用できるようにする

SwitchBotアプリにSwitchBot Hub Plus を設定する手順を示します。

スマホのBluetoothはオンにしておきます。

手順
  1. SwitchBotアプリを起動
  2. デバイスの追加
  3. SwitchBot Hub Plus を選択

アプリのバージョンアップで画面がリニューアルされていますが手順は同様です。

SwitchBot Hub Plus とWiFiルーターを接続する

SwitchBot Hub Plus の電源を入れて、WiFiルーターを接続します。

Wi-Fiに接続すれば、SwitchBot Hub Plus 特有の特有の虹色の発光が見られます。

手順
  1. Hubの追加のガイダンスが出たら電源を入れます
  2. SwitchBot Hub Plusの背面にあるスイッチを「AUTO」→「ON」に切り替える
    スイッチは「AUTO」→「ON」をパチパチと続けて切り替えた方が良いようです。
  3. 位置情報へのアクセスを許可します
  4. SwitchBot Plusのデバイス名を設定します
    ※名前は変更しなくても問題ありません
  5. WiFiを設定します
    (2.4GHzのWiFi名,Wi-Fiパスワードを入力します)
  6. WiFi接続できればSwitchBot Hub Plusが虹色に光ります

まとめ

SwitchBotアプリでSwitchBot Hub Plus を利用できるように設定する手順を紹介しました。

SwitchBot Hub Plus も SwitchBot Hub mini も基本同じ流れでの設定になります。

SwitchBot Hub Plus の設定が完了すれば、色々な赤外線リモコンを登録して、スマホから操作したり、外出先から操作したり、音声で操作したりと多様な使い方が可能になります。

やってみたいことにチャレンジして、失敗もするでしょうが、快適で愉快な生活の一場面をつくっていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました