2022年後悔しないスマートリモコンの選び方!高性能なのに初心者でも簡単設定

スマートホーム
スマートホーム

スマホで多くの家電を操作できるスマートリモコンですが、はじめてスマートリモコンを導入する場合、スマートリモコンの種類が多くて迷うと思います。

スマートリモコンは、赤外線信号を学習して家電を操作できる機器ですが、選び方を知らないとスマート化を拡張していく時に、持っているスマートリモコンではやりたいことができない可能性があり、買い替えしたくなることも出てきます。

本記事では、自宅をスマート化したい方が、後悔しないためのスマートリモコンの選び方について紹介していきたいと思います。

広告

スマート化の目的を明確にしよう

スマート化することで何をしたいのか目的を明確にすることによって、選択するスマートリモコンが変わってきます。

例えば、

・家電のリモコンをスマホひとつにまとめたい

・音声指示で家電を操作したい

・他のスマート機器と連携したい

などです。

それぞれの場合で選びたいスマートリンコンを見て行きます。

家電のリモコンをスマホひとつにまとめたい

最初にスマートリモコンを導入する目的で多いのは、家電の赤外線リモコンをスマホでひとつにまとめたいと言うものです。

この目的に対応できるスマートリモコンの選択肢はかなり広いと言えます。

本来、スマートリモコンとは、そう言うものなので当然です。

どのスマートリモコンを選んでも家電のリモコンをスマホひとつにまとめることができます。

ただし、リモコン機能の他、温湿度や照度センサーが一体になっているものもあって、選択肢は多彩です。

おすすめは以下のリモコンになります。

SwitchBot Hub mini(スイッチボット ハブミニ)

【Amazon Alexa対応製品】【Google Home対応製品】
【Siri対応(ショートカット)】

声で家電を操作,外出先から家電を操作

Nature Remo mini 2

【Amazon Alexa対応製品】【Google Home対応製品】
【Siri対応(ショートカット)】

声で家電を操作,外出先から家電を操作,温度センサー

ラトックシステム RS-WFIREX4

【Amazon Alexa対応製品】
【Google Home対応製品】
【Siri対応(ショートカット)】

声で家電を操作,外出先から家電を操作,温度・湿度・照度センサー

+Style ORIGINAL

【Amazon Alexa対応製品】【Google Home対応製品】
【Siri対応(ショートカット)】

声で家電を操作,外出先から家電を操作,温度・湿度・照度センサー

アイリスオーヤマ SMT-RC1

【Amazon Alexa対応製品】【Google Home対応製品】
【Siri対応(ショートカット)】

声で家電を操作,外出先から家電を操作,温湿度・明暗センサー搭載

音声指示で家電を操作したい

次に音声操作で家電を操作したい場合です。

「アレクサ、電気を点けて」なんてヤツです。

この場合は、スマートリモコンがAIアシスタントに対応している必要があります。

AIアシスタントとは、音声で質問やお願いすると言葉を認識して応えてくれる技術のことで、

・Amazonアレクサ

・Googleホーム

・Siri

が代表的になります。

言葉を理解して、スマートリモコンの信号を発信します。

多くのスマートリモコンは全てのAIアシスタントに対応していますが確認しておきましょう。

先に紹介した機種なら全てのAIアシスタントに対応しています。

音声入力にはスマホやスマートスピーカーなどを使用します。

他のスマート機器と連携したい

他のスマート機器と連携したい場合、連携の種類やどんな連携をしたいのかを考えた方が良いのですが、多彩な連携を考えた時に選ぶスマートリモコンは【SwitchBot Hub mini】一択になります。

【SwitchBot Hub mini】を選べば、AmazonアレクサやGoogleホームを利用した連携も使え、SwitchBotアプリを使えば、ひとつの設定で連続操作させるような凝った自動化設定まで簡単につくれてしまいます。

SwitchBotのスマート機器は、多彩な品揃えで、同一アプリで連携できるのが強みです。

価格も手頃なものが多く、少しづつ色々な機器を導入していけます。

高性能/高機能な製品が多く、操作エラーも経験したことが無い位で、安定した品質のスマート機器です。

SwitchBot Hub mini(スイッチボット ハブミニ)

【Amazon Alexa対応製品】【Google Home対応製品】【Siri対応(ショートカット)】

声で家電を操作,外出先から家電を操作

色々な連携機器

広告

スマートリモコンにWiFiは必須

スマートリモコンが決まったら購入するだけですが、その前に気を付けて欲しいのは、無線LAN(以下、WiFi)が必要だと言うことです。

スマートリモコンを含む多くのスマート機器は、2.4GHz帯通信を使用します。

WiFiはスマホや外出先からスマート機器とアクセスする手段であり、WiFiがないと使用できないものがほとんどです。

広告

SwitchBot スマートリモコンの概要

前述の通り、SwitchBot スマートリモコンを選択しておけば後悔しないと言えるほど、連携できる機器が豊富で、なんといっても高性能です。

SwitchBot Hub miniおよびSwitchBot製品を使ってみた感想や使用方法など、関連記事を多数公開しています。

SwitchBot mini導入後の参考にしていただければ嬉しいです。

まとめ

スマートリモコンを導入したいと考えている方は、何をしたいのかを考えて選びたいところですが、使ったことがないのに答えを出すのは難しところです。

家電のリモコンをまとめたいだけなら、選択肢は多くなります。

スマート化を発展させる可能性があるのならSwitchBotを選択することをおすすめします。

SwitchBot Hub miniを導入したら、 SwitchBot製品を連携させて使い方を広げていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました