スポンサーリンク

Fire HD8のshow ModeはEcho Show5とどう違うのか?

スマートホーム
スマートホーム
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

Fire HD8の機能であるshow Modeは、Echo Show5とどう違うのか画面の大きさは抜きにして機能面で確認してみました。

以前記事にしたEcho Show 5を比較対象にしていますが Echo Show8でも違いはありません。

先ずは結論

結論から言うと 80%は同じです。

当たり前かも知れませんが同じように使えます。

違っていると感じる部分はスキルの反応が違うといった細かな部分で、慣れ次第で対応できるものです。

それぞれの機種の良し悪しや好みの違いは置いておくとして、Fire HD8のshow Modeを使ってみました。

Fire HD8のshow Modeの良いところ

バッテリーで駆動できるので持ち運びできます。

軽くて手元で操作できます。

画面ロックなどでセキュリティが高機能で安心できる。

Echo Show5の良いところ (当然show Modeしかない)

Echo Show5は音声へのレスポンスが早く、いつでも待ち構えているような感じです。

ナイトモードやお休みモードの表示機能により、表示制御がやり易い

モノラルであるが音声はとても聞き取りやすい

Echo Show5でできた機能を同じように確認

Fire HD8の機能であるshow ModeでEcho Show5でできたことを同じように実行してみます。

エンターテインメント

音楽やラジオを聞く
声かけ対応
「アマゾン
 音楽かけて」
デフォルトがAmazon Musicに
なっているようです。
最近聞いた楽曲が再生されました。
「エコー
 スポティファイ
 で音楽かけて」
スポティファイのプレミアム
アカウント(有料会員)でない
とサポートできないようです。
「エコー
 ラジコを
 聞かせて」
ラジコを起動してくれて
地元ラジオを再生してくれます。
スクリーン上に表示される歌詞を見る(※歌詞表示は対応楽曲のみ)
声かけ対応
「エコー
 歌詞付きの
 音楽かけて」
Amazon Musicから歌詞付きの
楽曲が再生されました。
Alexaに話しかけて映画やニュースを見る
声かけ対応
「アマゾン
 映画をみせて」
アマゾンプライムビデオの
映画を紹介され、テレビ画面
に紹介映画の一覧が映りました。
「アマゾン
 ニュースを
 聞かせて」
NHKのニュースが
再生されました。
「アマゾン
 ヤフーニュース
  聞かせて」
ヤフー天気も聞けることを
紹介されて、続いてヤフー
ニュースが再生されました。

スケジュール管理

やることリスト、買い物リストの追加
声かけ対応
「アマゾン
 やることリストに
 追加して」
「やることリストに何を
追加しますか」
と聞き返されました。
「富士山に登る」「やることリストに富士山
に登るを追加しました」と
答えがあり、やることリスト
が画面に表示されました。
「アマゾン
 買い物リストに
 追加して」
「何を追加しますか」と
聞き返されました。
後はやることリスと同じです。
「アマゾン
 やることリスト」

やることリストが表示され
登録したやることリストが
読み上げられました。
リストを削除するにはリスト
の番号(上が一番)で削除を
指示できました。
やることリスト
画面のままで
「アマゾン
 1番を削除」
「富士山に登るを完了に
しました」
となり削除されました。

カレンダーの追加

声かけ対応
「アマゾン
 明日3時に
 学校へ行く」
Googleカレンダーの明日の予定に
”午後3:00-午後4:00学校へ行く”
とスケジュールが設定されました。
「アマゾン
 スケジュール
 を見せて」
3日間の予定が表示されました。
予定は午後3時に学校へ行く1件
だけなので3日間かもしれません。
アマゾン
 先週の予定
 を教えて
「現在、そのような質問には
対応していません」

アラームやタイマーをセット

声かけ対応
「アマゾン
 7時にアラーム」
「午前7時にアラームを
設定しました」
と返ってきました。
「アマゾン
 アラームを解除」
「午前7時のアラームを
キャンセルしました」
と返ってきました。
「アマゾン
 10分のタイマー」
「10分のタイマーを
開始します」
と返ってきました。

朝の定型アクションを作成して一日を始める

今回の例では、アマゾンに設定したアラームを停止した時に天気予報を再生するようにアクションを保存しました。

※定型アクションはアレクサアプリで設定が必要です。

声かけ対応
アラームが鳴って
「アマゾン
 アラームを解除」
アラームが停止して、直ぐに
天気予報が始まりました。

定型アクションをやってみて判ったことですが、同じアカウントのアレクサデバイスがあった場合に同じトリガーを設定していると定型アクションが連鎖してしまいます。

定型アクションはトリガー(条件)が整った時にアクションするデバイスを指定できます。
しかしアクションを実行する際にどのデバイスのトリガーが発動したかは関係ないようです。

判りにくいので実例で説明します。

Fire HD8とEcho Show5でアラームを解除した時に何かを実行する定型アクションを設定していたとします。

Fire HD8でアラームを設定し アラームを 解除した場合、Echo Show5でアラームを設定していなくても、 Fire HD8 での アラーム解除条件をトリガーと認識して、 Echo Show5 の定型アクションが同時に実行されます。

これをうまく利用できれば、 Fire HD8 でトリガーを発動させて、 Echo Show5 では違うこともで実行させることができることになります。

何ができれば良い連鎖にできるのか判りませんが、面白いのかもしれません。

お出かけ前に天気や鉄道運行状況を確認

声かけ対応
「アマゾン
 今日の天気は」
今の天気,今日の天気予報,
気温予測を知らせてくれました。
「アマゾン
 今日の東京の
 天気は」
東京の天気予報,気温予測を
知らせてくれました。
「アマゾン
 鉄道運行
 状況を教えて」
スキル設定されているのでY
AHOO!路線を開きました。
「どの路線を調べますか?」と
聞かれるので路線名を言うと
運行状況を教えてくれました。

音声・ビデオ通話

家族や友人とつながれる
ビデオ通話や呼びかけでつながることができる

声かけ対応
「アマゾン
 連絡をとって」
「どの連絡先またはデバイスに
かけますか」と返してきて
返事待ち状態になりました。
連絡先やデバイスの登録名を
言ったらつながりました。
連絡先が応答するまで呼び出し
を鳴らします。
電話と同じです。
「アマゾン
 呼びかけ」
「エコードットに呼びかけますか」
と返ってきました。
家の中にあるエコードットの
ことです。

画面設定

Fire HD8にはナイトモード(時計画面を暗くするモード)はありません。一定時間操作がないとスリープになり画面が暗くなります。

Echo Show5では設定時刻になるとナイトモードにすることができます。ナイトモードとは画面を薄暗くして時計表示を継続する機能です。また、「画面オフ」と音声で指示すればスリープにきます。

通知を制限できるお休みモードはFire HD8,Echo Show5ともに利用できます。

料理のレシピを動画付きで見れる

料理のレシピを見たいと言うとクックパッドが紹介されます。

声かけ対応
「アマゾン
 料理のレシピ
 をみせて」
「クックパッドがお答えします」

Echo Shoew5のように料理レシピを紹介するまでのやりとりが出来ないのかも知れません。

タブレット端末としてタッチしていけば、クックパッドを操作できるのですが、音声操作のみで完結するのは難しいようです。

アップデートで改善されていけば使いやすくなると感じます。

さらにスマートに

Alexaを通じてセキュリティカメラや照明のコントロールが可能
Alexa対応のスマートホームデバイスを音声だけで操作できる

アレクサ対応のセキュリティカメラがあればFire HD8 でカメラの映像を見ることができます。

関連記事>>>ネットワークカメラとは? 安いものでも【防犯・見守り】に使えるの?も参照してください。

また、スマートリモコンをFire HD8 で音声操作して照明やエアコン、テレビをコントロールできます。 

関連記事>>>Echo Show 5でスマートリモコンを音声操作する方法も参照してください。

まとめ

冒頭で書きましたが FireHD8の show modeとEcho Shoew5の使用感は80% 同じです。

FireHD8はshow modeにより、Echo Shoew5のような据え置き使用がやり易くなりました。

外出でモバイルデバイスとしてタッチ操作で使い、帰宅後は据え置き型で利用できるので、FireHD8の方が使い勝手があるとも言えます。

ただし、音声操作のみで扱うとなるとEcho Shoew5の方が使いやすいのは間違いありません。

持ち運びが前提であったり、タッチしてより多くの情報を得たいのであれば FireHD8の選択になります。

据え置き限定で良くて、置き時計の様に使うのであれば Echo Shoew5 になります。

タイトルとURLをコピーしました