SwitchBot屋内カメラの映像をEcho Show 5で見る方法

スマートホーム
スマートホーム

SwitchBot(スイッチボット)屋内カメラ・見守りカメラ(以下、SwitchBot屋内カメラ)を導入したら、「アレクサ、カメラの映像を見せて」と音声指示して、Echo Show 5(エコーショー5)の画面にカメラ映像映すことは、やってみたい定番だと思います。

ポイントは、アレクサにSwitchBot屋内カメラを認識させることになります。

広告

SwitchBot屋内カメラをアレクサに設定

SwitchBot屋内カメラの導入方法については、レビュー記事で紹介しています。

導入が完了したら、SwitchBotアプリでクラウドサービスの利用を設定します。

SwitchBot屋内カメラは、アレクサ対応なのでAmazon Alexaのクラウドサービスが利用できます。

アレクサのスキルで「SwitchBot」を有効にすれば、SwitchBot屋内カメラがアレクサで利用できるデバイスとして認識されます。

SwitchBotアプリでのクラウド有効化

SwitchBotアプリの屋内カメラのホーム画面から操作し、Amazon Alexaのクラウドサービスを有効化します。

SwitchBotアプリでのクラウド有効化
SwitchBotアプリでのクラウド有効化2
広告

アレクサがSwitchBotを認識したことを確認

SwitcbBotアプリでAmazon Alexaのクラウドサービスを有効にして、アレクサ側で認識するまでに数分の時間は必要です。

アレクサが認識したことを確認する方法としては、アレクサアプリのデバイスにSwitchBot屋内カメラが登録されていることを見れば確認できます。

アレクサ アプリでの屋内カメラ登録確認方法

屋内カメラがAmazon Alexaのクラウドサービスで利用できるように登録されたことを確認できます。

アレクサ アプリでの屋内カメラ登録確認方法
広告

EchoShow5にカメラ映像を映す

EchoShow5に音声指示するとEchoShow5の画面にSwitchBot屋内カメラの映像が映ります。

わたし
わたし

「エコー(EchoShow5)、カメラの映像を見せて」

EchoShow5
EchoShow5

「わかりました」

解説
解説

SwitchBot屋内カメラの映像がEchoShow5に映し出されました。

SwitchBot屋内カメラの概要

SwitchBot屋内カメラは、広角レンズを使用したHDカメラを搭載しています。

軽量で設置し易く、思った画角で撮影でき、高画質な映像を送信してくれます。

SwitchBot屋内カメラの概要
SwitchBot屋内カメラの固定方法(例)

SwitchBot屋内カメラ小型軽量なので、どこにでも自在な向きで取り付けできます。
取り付け部の台座固定には、『マグネット(内装)』『両面テープ(付属)』『ネジ止め(付属)』方法を利用できます。

SwitchBot屋内カメラの固定方法
SwitchBot屋内カメラの画質(ナイトビジョンも合わせて)

SwitchBot屋内カメラは1080pフルHDで映像をストリーミングしてくれます。

高精細で見やすい映像で、近距離から遠目のものまで綺麗に見通せます。

ナイトビジョンはモノクロになり、近くの物がハイライトされますが、遠目のものも認識できます。

SwitchBot屋内カメラの画質(ナイトビジョンも合わせて)

Echo Show 5で映像を見れる時間

SwitchBot屋内カメラを利用して、Echo Show 5にカメラ映像を映すと継続して見ることができます。

赤ちゃんの様子を映したままにしておけば、Echo Show 5に映像が映り続けます。

お年寄りの様子が判るように、常時Echo Show 5に映しておけば、介護の上で役に立ちます。(プライベートな問題は別に考えてください)

基本的にEcho Show 5を操作したり、WiFi通信が不安定にならない限り、継続的に映像が映り続けます。

まとめ

SwitchBot屋内カメラは、SwitchBotシリーズ製品との連携が簡単にできますが、アレクサとの連携を使えれば、更に連携範囲が広がります。

簡易なカメラに見えますが、検出機能も多彩で、SwitchBotアプリの【シーン設定】とアレクサアプリでの【定型アクション】を組み合わせて利用することも可能です。

SwitchBot屋内カメラをEcho Show 5で見れるようになったなら、 次は何と何を連携させようかと思い描いてみるのも楽しいひと時になります。

タイトルとURLをコピーしました