Apple WatchのSiriで家電を音声操作する方法!【SwitchBotシリーズで説明】

スマートホーム
スマートホーム

Apple Watch(アップルウォッチ)で家電を音声操作する方法を説明します。

わたし
わたし

ヘイ!シリ

Siri
Siri

・・・(スタンバイOK)

わたし
わたし

「一階暖房オン」

こんな感じで音声操作できます。

本記事では、Apple Watchで家電を音声操作するための設定方法を紹介します。

※スマート機器は普段使っているSwitchBot製品で説明します。

Apple WatchのSiriで家電を音声操作する設定

赤外線リモコンで操作している家電をApple WatchのSiriで音声操作する設定を説明していきます。

使用するスマートリモコンは、【SwitchBot Hub mini】です。

Apple WatchでSwitchBot Hub miniを使う方法について、次の記事を参考にしてください。

Apple WatchのSiriで操作する方法

Apple WatchのSiriで家電を音声操作するには、Siri Shortcut(ショートカット)を作成します。

SwitchBotアプリに登録した【一階エアコン】でSiri Shortcutを作成する方法を例に説明していきます。

SwitchBotアプリでSiri Shortcutを作成する方法

(1)SwitchBotアプリを起動します。

(2)登録してある【一階エアコン】をタップします。

(3)【一階エアコン】画面の設定(⚙マーク)をタップします。

(4)設定画面のSiri Shortcutをタップします。

(5)【一階エアコン】画面が再度表示されます。

(6)【一階エアコン】の暖房ボタンをタップします。(暖房をオンするボタンです)

(7)音声録音する画面になるので【短いフレーズを録音」】をタップします。

(8)「一階暖房オン」と音声入力し、認識されました。

以上でSwitchBot で一階エアコンの暖房をオンするSiri Shortcutが作成されます。

Siri Shortcutの確認

作成したSiri Shortcutを確認します。

(1)iPhoneの【ショートカット】をタップします。

(2)すべてのショートカット画面で【一階暖房オン】のボタンができていれば成功です。

(3)Apple WatchのSwitchBot画面(手動実行シーン)にも表示されます。
(スワイプして機器登録画面と手動実行シーン画面を切り替えます)

Siri ShortcutとSwitchBot手動実行シーンの連携状況

Siri ShortcutとSwitchBot手動実行シーンとApple WatchのSwitchBot画面の連携について、説明しておきます。

Siri Shortcutを作成するとSwitchBotアプリの手動実行シーンとして自動的に設定されます。

反対にSwitchBotアプリの手動実行シーンとして作成したものはSiriと連携していないので、Siri Shortcutには登録されません。

SwitchBotアプリの手動実行シーンをSiri Shortcutに登録する場合は、作成してある手動実行シーンの編集画面からクラウドサービスの設定で[Siriショートカット]を選んで実行すれば、Siri Shortcutに登録されます。

そしてSwitchBotの手動実行シーンに登録した命令はApple WatchのSwitchBot画面に表示されます。

Apple WatchのSiriで家電を音声操作

Apple WatchのSiriを呼び出して、Siri Shortcutで作成した音声フレーズで家電を操作できます。

あくまでも『Siri Shortcutで作成した音声フレーズ』です。

言葉を同じにする必要があります。

わたし
わたし

ヘイ!シリ

Siri
Siri

・・・(スタンバイOK)

わたし
わたし

「一階暖房オン」

Siri
Siri

「一階暖房オンを実行することを許可しますか?」

わたし
わたし

「許可」

これで実行されます。

実行許可の確認が余計に出てきますが、省略する方法はあるのかもしれません。

まとめ

Apple WatchのSiriでも、家電を音声操作することができます。

SwitchBotの手動実行シーンを使えば、1フレーズの指示で複数の家電を連続操作することも可能です。

是非、Apple Watchをお持ちの場合は、Siriの音声操作も使って楽しんでみては如何でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました