バイアンプ駆動をマランツAVアンプで利用!ハイレゾも映画も高音質に

ホームシアター
kleincrossiによるPixabayからの画像
ホームシアター

ホームシアターを構築する時に音響面ではAVアンプを利用したい所です。

ただ、AVアンプに多チャンネルのスピーカーを揃えるのも費用が嵩むので、フルに揃えなくても最低2chから十分に楽しめる機能を持ったマランツのAVアンプを選択したいところです。

マランツNRシリーズは薄型で存在を主張せず、場所を取らないのでシンプルな配置を好む方には最適なAVアンプになります。

バイアンプ駆動対応のNRシリーズ

マランツ薄型AVアンプNRシリーズにおいて、NR1609,NR1710,NR1711は全機種バイアンプ駆動に対応しています。

寸法はW440xH105xD378mmと同一です。

厚みが105mmと言うのは、高性能AVアンプとしては特別な薄さで設置場所の自由度が大きいことにつながります。

バイアンプ駆動で2台のスピーカーで再生する2ch駆動なら、省スペースで構築できるので薄型AVアンプの利用価値が高いと言えます。

マランツ NR1711
W440xH105xD378mm

NR1609→1710→1711の違い

マランツ薄型AVアンプNR1609,NR1710,NR1711の違いを下表に示しました。
最新機種のNR1711の特長は、以下の3点となっています。

【NR1711】の特長
・バーチャル3DサラウンドテクノロジーDolby Atmos Height Virtualizerに対応
・HDMI入力1系統、出力1系統が8K/60pおよび4K/120p映像信号のパススルーに対応
・HDR10+およびDynamic HDRに対応

メーカーマランツマランツマランツ
製品名NR1609NR1710NR1711
希望小売
価格(税込)
9.9万円9.9万円9.9万円
実売価格
21.6.23
6.1万円~7.2万円~
出力F:50W+50W
C:50W+50W
SR:50W+50W
SRB:50W+50W
F:50W+50W
C:50W+50W
SR:50W+50W
SRB:50W+50W
F:50W+50W
C:50W+50W
SR:50W+50W
SRB:50W+50W
バイアンプ
駆動
対応対応対応
HDMI
端子
入力8系統
(4K Ultra HD /
HDCP 2.2対応)
、出力×1
入力8系統
(4K Ultra HD/
HDCP 2.3対応)
、出力×1
入力6系統
(全系統HDCP 2.3対応)
(8K対応入力×1,
8K/60p、4K/120p対応
)
、出力×1
オーディオ
入力
アナログ×3、
Phono(MM)×1、
光デジタル×1、
同軸デジタル×1
アナログ×3、
Phono(MM)×1、
光デジタル×1、
同軸デジタル×1
アナログ×3、
Phono(MM)×1、
光デジタル×1、
同軸デジタル×1
音声出力端子2.2chプリアウト×1、
ゾーンプリアウト×1、
ヘッドホン×1
2.2chプリアウト×1、
ゾーンプリアウト×1、
ヘッドホン×1
2.2chプリアウト×1、
ゾーンプリアウト×1、
ヘッドホン×1
DTSDTS:X
DTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-ES Matrix 6.1
DTS-ES Discrete 6.1
DTS-ES
DTS 96/24
DTS Express
DTS
DTS Neural:X
DTS Virtual:X
DTS:X
DTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-ES Matrix 6.1
DTS-ES Discrete 6.1
DTS-ES
DTS 96/24
DTS Express
DTS
DTS Neural:X
DTS Virtual:X
DTS:X
DTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-ES Matrix 6.1
DTS-ES Discrete 6.1
DTS-ES
DTS 96/24
DTS Express
DTS
DTS Neural:X
DTS Virtual:X
DOLBY
DIGITAL
Dolby Atmos
DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DOLBY DIGITAL EX
DOLBY DIGITAL
Dolby Atmos Height Virtualizer
Dolby Atmos
DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DOLBY DIGITAL EX
DOLBY DIGITAL
Dolby Atmos Height Virtualizer
Dolby Atmos
DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DOLBY DIGITAL EX
DOLBY DIGITAL
高画質化
技術
HDR10
HLG
Dolby Vision
HDR10
HLG
Dolby Vision
HDR10
HLG
Dolby Vision
HDR10+
Dynamic HDR
D/A
コンバーター
32bit プレミアム
D/Aコンバーター
「AK4458VN」
32bit プレミアム
D/Aコンバーター
「AK4458VN」
32bit プレミアム
D/Aコンバーター
「AK4458VN」
Bluetoothバージョン:3.0
+ EDR 対応
プロファイル:
A2DP 1.2、AVRCP 1.5 対応
コーデック:
SBC 通信距離:約30 m
(見通し距離)
バージョン 4.1 対応
プロファイル
A2DP 1.2、AVRCP 1.5 対応
コーデック
SBC 送信出力 / 通信距離
Class 1 / 約30 m
(見通し距離)
バージョン4.2対応
プロファイル受信:
A2DP 1.2、AVRCP 1.5、
送信: A2DP 1.2
対応コーデック
SBC送信出力 / 通信距離
Class 1/ 約30 m
(見通し距離)
Wi-FiEEE 802.11 a/b/g/n
準拠(Wi-Fi®準拠)
/ 2.4 GHz、5 GHz
IEEE 802.11 a/b/g/n
準拠(Wi-Fi®準拠)
/ 2.4 GHz、5 GHz
IEEE 802.11 a/b/g/n
準拠(Wi-Fi®準拠)
/ 2.4 GHz、5 GHz
HEOS対応対応対応
Amazon Alexa対応対応対応
AirPlay 2対応対応対応
対応音声入力
フォーマット
DSDファイルは
5.6MHzまで、
PCM系ファイルは
192kHz/24bitまで
DSD、WAV、 FLAC、
Apple Lossless
ファイルの
ギャップレス
再生にも対応
MPEG-4 AACに対応
DSDファイルは
5.6MHzまで、
PCM系ファイルは
192kHz/24bitまで
DSD、WAV、FLAC、
Apple Lossless
ファイル
のギャップレス
再生にも対応
MPEG-4 AACに対応
DSDファイルは
5.6MHzまで、
PCM系ファイルは
192kHz/24bitまで
DSD、WAV、FLAC、
Apple Lossless
ファイル
のギャップレス
再生にも対応
MPEG-4 AAC 5.1chに対応
幅x
高さx
奥行き
W440 x
H105 x
D378 mm
W440x
H105x
D378 mm
W440x
H105x
D378 mm
消費電力250 W250 W250 W
重量8.3kg8.4kg8.3kg

Dolby Atmos Height Virtualizer に対応

NR1710ではファームウェア・アップデートで採用されていたバーチャル3DサラウンドテクノロジーDolby Atmos Height Virtualizer に対応しました。

DTS Virtual:X、Dolby Atmos Height Virtualizerに対応したことでDTS:XおよびDolby Atmosの再生に際して、オーバーヘッドスピーカーやサラウンドスピーカーをを設置していないステレオ2ch,5.1ch,7.1chなどの環境においても、天井側からの音声を含めた3Dのバーチャルサラウンド音場を作り上げてくれます

NR1711は7chのアンプを搭載しているので、スピーカーも7+1(ウーハー)で構成することができるのですが、一気にスピーカーを選定し揃えることへの予算的な問題やオーバーヘッドスピーカーの選定や設置を決めかねる場合でも、先ずは2chでバーチャル再生を利用しながら、次のステップを検討する時間を持つことができます。

バイアンプ駆動で本領発揮

マランツAVアンプNR1609,NR1710,NR1711は、フロントスピーカーをバイアンプ駆動できます。

AVアンプの4チャンネル分(フロント2ch,サラウンドバック2ch)のアンプを使ってバイアンプ駆動します。

最新のNR1711なら、ステレオスピーカー2本だけでステレオ再生~バーチャル3D音場再生までを再生できます。

バイアンプ駆動では、スピーカーの高音側と低音側を別々のアンプを接続することで、ウーハーの逆起電力(出力されずに戻ってくる電力)がツィーターに流れ込んでツィーターの音質に影響を及ぼさなくなることで高音質化が図ります。

マランツのAVアンプに搭載されるHEOS機能を使ったハイレゾ音源再生や映画再生での音質向上に利用できます。

2chからのステップアップ

NRシリーズは、先ず2.0chで導入して、音質を追求していくのが楽しいところになります。

その過程で得た体験から、サラウンドスピーカーを追加して4.0chにしたり、またはセンタースピーカーを追加して3.0chにしたり、サブウーファーを追加して4.1chや3.1chにステップアップしていきます。

最終的に7.1chを構築するのも良いですし、5.1.2chにすればリアルなドルビーアトモス再生を体感できます。

時間を掛けて楽しむ趣味が一つ手に入ることになります。

バイアンプ駆動対応スピーカー

マランツAVアンプNRシリーズは、2chバイアンプ駆動により、映画,音楽,スポーツなど多様なコンテンツを高音質で再生できます。

どんなスピーカーが対応しているのか参考までにバイアンプ駆動できるスピーカーを紹介しておきます。

YAMAHA NS-F700

3ウェイ・バスレフ型(非防磁)のトールボーイスピーカーです。

スピーカーの構成は
16cmコーン型ウーファー
13cmコーン型ミッドレンジ
3cmアルミドーム型ツィーター
となっています。

入力端子はバナナプラグ対応のネジ式でジャンパーを外してバイワイヤリング接続が可能です。

外形寸法はW354×H1012×D374mm(スタンド含む)とコンパクトなので配置場所が確保しやすいと考えます。

質量は25.0kgと持ち運びできる範囲です。

バランスの良い聴きやすい音質だと評価されています。

DALI OPTICON6

ユニット構成は
ツイーター:28mmソフトドーム×1、17×45mmリボン×1
ウーファー :165mm×2
となっていて、DALI社自慢のハイブリッド・ツイーター・モジュールリニアドライブ・マグネットシステムを採用した新開発のウーハーユニットを搭載しています。

外形寸法はW195×H1001×D330mm
質量:18.9kg

低域に締まりがあり、高音域の空間表現が良く伸びに素晴らしいものがあります。

Bowers & Wilkins 707S2

オーディオ好きな方に評判のイギリスの名門スピーカーメーカーB&Wです。

ユニット構成は
ツイーター:25mm×1
ミッド :130mm×1

外形寸法はW165×H280×D260mmとコンパクトなので配置場所が確保しやすいと考えます。

質量:6.0kg

オールダウンダーで使える高音質スピーカーです。

まとめ

マランツAVアンプNRシリーズは、高性能AVアンプでありながら高さ105mmのロースタイルにより省スペースでも利用でき、更にインテリアに馴染ませやすい製品です。

最新のNR1711では、バーチャル対応,4K,8K対応やHDRの最新規格にもいち早く対応するなど性能面でも最先端を走り続けています。

2chバイアンプ駆動を利用することで、どのようにステップアップしていくのかを時間を掛けて検討することが可能です。

マランツAVアンプNRシーズを2chバイアンプ駆動で使用し、このアンプの価値を確認しましょう。

スポンサーリンク
シェアする
DEKIRUCHA
タイトルとURLをコピーしました