スポンサーリンク

HEOSでAmazon Music HDのハイレゾ音楽を聴いた感想【マランツAVアンプ利用】

ホームシアター
Photo by Timothy Buck on Unsplash
ホームシアター
この記事は約26分で読めます。
スポンサーリンク

HEOSは、デノンマランツブランドを展開している ディーアンドエムホールディングスネットワークオーディオ機能です。

AVアンプ(マランツNR-1609)にHEOSテクノロジーが搭載されているのでAmazon Music HDからハイレゾ音源をストリーミング再生してみた感想を紹介します。

ハイレゾ音源をHEOS搭載AVアンプで再生した理由

HEOSは、ハイレゾ音源の再生に対応していて、HEOS搭載AVアンプがインターネットから直接ハイレゾ音源をストリーミングすることで、ハイレゾ再生を可能にしてくれます。

繰り返しますが、HEOS搭載AVアンプにネット経由でハイレゾ音源を取り込むだけで、AVアンプがハイレゾで再生してくれると言う簡単な仕組みです。

ダウンロードしなくてもよくて、ハイレゾ音源をストリーミング再生するだけの手軽さがHEOSで再生した理由です。

もちろんHEOSを利用する場合にハイレゾ音源でないとダメなわけではありません。
ハイレゾ音源の再生に対応していると言うことで、どんな音源の音楽でもストリーミング再生が可能です。

ハイレゾ音源について

Amazon Music HDの音源には

HD:
16ビット、
最小サンプルレート44.1kHz
のCD音質で、平均ビットレート850kbps


Ultra HD:
24ビット、
サンプルレート44.1kHz〜192kHz、
平均ビットレート3,730kbps

などがあります。

ハイレゾの基準は、サンプリングレート44.1kHz,量子化ビット数16ビット(CD)を超えた領域と言われています。

音楽CD:44.1kHz × 16bit × 2ch(ステレオ) = 1,411.2kbps

これを超えるのがハイレゾと言われています。

Amazon Music HDの音源で言えば

Ultra HD平均ビットレート3,730kbps)となり、

Ultra HD音源min44.1kHz × 24bit × 2ch(ステレオ) = 2,116.8kbps

となります。

また、
サンプリングレート48kHz以上量子化ビット数24ビット以上
の音源を指しているとの記載も多いので

ハイレゾ音源:48kHz × 24bit × 2ch(ステレオ) = 2,304kbps

以上であればハイレゾと言って間違いないでしょう。

Amazon Music Unlimitedとの違いは

Amazon Music Unlimitedは7,000万曲聴き放題のサービスですが、圧縮音源256kbps程度です。

ハイレゾ音源2,304kbpsは、9倍以上のデータ量になります。

スマホでのハイレゾ音源の再生方法

ハイレゾ音源はそのまま再生すればハイレゾなのですが、デジタル信号を最終的にアナログ変換する過程でCD音質以下に低下させると、ハイレゾではなくなってしまいます。

bluetoothを利用した場合

たとえば、スマホからbluetoothで音楽をAVアンプに送信した場合、ビットレートが低下して、悪く言えば濁ったような音楽になってしまいます。(例外もあります)

Fire TV Stick 4Kを利用した場合

Amazon Fire TV Stick 4KをAVアンプのHDMIポートに接続して利用する場合においても、 Fire TV Stick 4K の性能制限により最大48kHz/16ビットが上限になっています。
ハイレゾのFLAC 96kHz/24ビットの音源を再生しても48kHz/16ビットで再生されてしまうので、ハイレゾ再生になりません。

スマホでの再生

ハイレゾ対応のスマホなら、ちょっと良いイヤホン/ヘッドフォンで聴けばハイレゾ再生できるものもありますが、スマホ内部のDAC(Digital to Analog Converter)はノイズが出てしまうものも多いので、スマホとイヤホン/ヘッドフォンの間に専用のポータブルUSB-DACを挟んで変換する方が正しくハイレゾで再生できるとされています。

ハイレゾにこだわる必要もないのですが、ハイレゾで聴くとなると、相応の準備が必要なので敷居が高く感じられてしまいます。

DAPを利用したハイレゾ再生

DAP(デジタルオーディオプレーヤー)もWIFI経由でハイレゾ音源を利用できます。

DAPは高品質DACを内蔵していて、ハイレゾ音源を取り込んで音質劣化させずにイヤホンやヘッドホンで聴くことができます。

HEOSと同じような分類ですが、DAPはAndroidに対応していたりして各種アプリを利用できたりするので多様性は高いと言えます。

ただし、HEOS搭載AVアンプはホームシアターが第一目的に導入するもので、ホームシアターで利用するスピーカーやアンプからのヘッドホン出力で聴くので、ハイレゾ音源を使用するシチュエーションが違っています。

音楽特化で持ち運びしたければDAPの選択になってきます。

ハイレゾ音源のデータ容量

ハイレゾ音源はデータ量が多いから高音質であるとも言えます。
圧縮技術を利用しても、ハイレゾ音源のデータ量はかなり多くなります。

(60分のアルバムの場合)
FLAC 44.1kHz / 24bit: 約0.9GB
FLAC 192kHz / 24bit: 約4GB

こんな具合です。

このデータをダウンロードしてスマホやUSBで持ち運んでも良いのですが、高音質を求めればダウンロード時間も掛かり、ストレージのデータも増えてしまうことになります。

Amazon Music HDで利用できるハイレゾ音楽

Amazon Music HDは ハイレゾ&ロスレス音楽ストリーミングサービスです。

44.1kHz/16bitのCD音質サウンドが7,000万曲以上あり、さらに最大192kHz/24bitのハイレゾ音質サウンドも数百万曲あるというものです。

月額利用料金は通常1,980円(税込), アマゾンプライム会員1,780円(税込)となっています。

21年6月11日現在Amazon Music HDは、Amazon Music Unlimitedから追加料なしで利用できるようになりました。

よって月額利用料金は通常月額980円(税込)、アマゾンプライム会員780円(税込)となっています。

ハイレゾ音源がストックされていて、それをダウンロードやストリーミングで楽しめるサービスです。

Amazon Music HD

Amazon Music HDでハイレゾ音楽が聴き放題
ハイレゾ&ロスレス音楽ストリーミングサービスを体験してみてください。

44.1kHz/16bitのCD音質サウンドが7,000万曲以上
最大192kHz/24bitのハイレゾ音質サウンドも数百万曲

HEOSの使い方

HEOSを利用するにはアプリをインストールしアカウント登録と再生するデバイス(今回はAVアンプ)を登録します。

HEOSアプリはストリーミングする曲を選択するためのインターフェイスとして使用します。

スマホではストリーミング先(今回はAmazon music)とその中の曲を選択します。

再生を指示するとAVアンプがインターネットからストリーミングして曲を再生し始めます。

曲の再生指示以降にスマホの電源を切ってもAVアンプでの再生は継続されます。

ハイレゾ音源の曲は【ULTRA HD】などの表示があるので判ります。

AVアンプ側でも再生情報で音質表示があるのでハイレゾ再生が確認できます。

必要なネット回線

前述のとおりハイレゾ音源はデータ量が大きいのでスマホなどの容量制限のある従量料金体系のモバイル回線では通信費用が掛かりすぎます。

今回の様にAVアンプでストリーミングするのであれば、自宅のインターネット固定回線(制限のない一定料金型)となります。

モバイルで使用するのであれば、通信制限のないモバイルwi-fiです。

AVアンプのネット接続は無線でも有線でも対応できます。

安定した接続を確保するのであれば有線での接続を選択します。

HEOS搭載AVアンプでハイレゾ音楽を聴いた感想

HEOS搭載AVアンプでハイレゾ音楽を聴いた感想ですが、音の透明感が違います。音声が押し出される感じになって臨場感も高くなりました。

圧縮音源とは、全く違うことは直ぐに体感できます。

「圧縮音源でも聴けるよ」と言われれば、その通りなのですが、次元が違う印象で、データで比較するような簡単な差ではないように思います。

ハイレゾ音源の音楽配信サイトには無料サンプルがあるので、スマホから聴いてみても違いは判ると思います。

良いなと思えば、HEOSとAmazon Music HDを検討してはどうでしょうか。

Amazon Music HD

Amazon Music HDでハイレゾ音楽が聴き放題
ハイレゾ&ロスレス音楽ストリーミングサービスを体験してみてください。

44.1kHz/16bitのCD音質サウンドが7,000万曲以上
最大192kHz/24bitのハイレゾ音質サウンドも数百万曲

その他の音楽配信サービス

Amazon Music HDを紹介していますが、その他ハイレゾ音源提供サイトは多くあります。

例えば

e-onkyo music
mysound
mora

などです。

まとめ

HEOSを利用する手軽さが伝わったでしょうか。

ハイレゾ音源もストリーミングできるようになり、再生するハードも簡単なものが揃ってきています。

Amazon Prime会員であればAmazon Music HDは体験するには持って来いのコンテンツです。

気になった方はAmazon Music HDでよく無料期間キャンペーンをやっているので利用してみてください。

参考 デノン/マランツのHEOS搭載AVアンプ関連記事で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました