スポンサーリンク

エアーインパクトでタイヤ交換もスマートに

ガレージ・車
Hannes EdingerによるPixabayからの画像
ガレージ・車
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

ガレージにエアーコンプレッサーを導入されている方は、自動車のタイヤ交換を自分でされる方も多いと思いますが、ホイールナットを緩めるのは結構な力がいる作業になるので腰痛のもとになるなど歓迎しにくいものです。

そんな時にあると便利で、かつスマートな作業にしてくれるのがエアーインパクトレンチです。

エアーインパクトレンチの打撃音や回転音がガレージに響くと気持ちの良いものです。(環境に応じた時間での利用が必要ですが・・・)

自動車タイヤ交換の手順

一般的なタイヤ交換とスマートなタイヤ交換を比較して、ぜひガレージに導入していきたい設備を見ていきます。

従来のタイヤ交換作業

現状の作業利用設備
ハブナット緩め手回しレンチ
ジャッキアップメカジャッキ
ホイールナット取り外し手回しレンチ
タイヤ取り外し手作業
タイヤ取り付け手作業
ホイールナット仮締め手回しレンチ
ジャッキダウンメカジャッキ
ホイールナット本締め手回しレンチ
ジャッキ取り外し手作業
タイヤ空気入れ足踏み
空気入れ

スマートなタイヤ交換作業

スマートな作業利用設備
コンプレッサー起動コンプレッサー
ジャッキアップ油圧ジャッキ
ホイールナット緩めインパクトレンチ
ホイールナット取り外しインパクトレンチ
タイヤ取り外し手作業
タイヤ取り付け手作業
ホイールナット仮締め手回しレンチ
ジャッキダウン油圧ジャッキ
ホイールナット本締めトルクレンチ
ジャッキ取り外し手作業
タイヤ空気入れエアーゲージ付き

ホイールナット付け外し工具

手回しレンチ

手回しレンチは必需品です。

ホイールナットの締過ぎるとボルトやナット,ホイールが変形や損傷してしまい事故の原因になることがあります。

手回しレンチを使い、タイヤのセンターを取りながら、方締めしないように均等に取り付けし、最後には規定トルクで締めて仕上げすることがお勧めです。

先ずは、こんな手回し工具を持っておきたいものです。

トネ(TONE) クロスレンチ CHW4

※画像をタップするとAmazon商品ページ

トネのレンチは六角の精度が良いのでフィット感も最高です。

歪のない形や細部の作りこみが感じられるものの方が使い心地も良いですし、愛着がわいて大切にできます。

素人にしてみれば工具は消耗品ではなく、快適装備品みたいなものです。

ソケットは3か所に付いていてサイズは二面幅17,19,21mmです。

残りの1か所には、角12.7mm(1/2″) の差込があるので利用範囲も広がります。

メルテック
ホイールマスターレンチ

Meltec F-67

※画像をタップするとAmazon商品ページ

ハンド部が最少値:375mm/最長値:555mmに伸縮するので回す力を減らすことができます。

タイヤ交換ではホイールナットを緩める時に結構な力が必要な場合があります。

そんな時は伸ばして使えば初期の緩めが楽々可能になります。

ソケットサイズは19mm、21mm

外形寸法:約375×555mm 

質量:約0.9kg

トネ(TONE) プレセット形トルクレンチ T4HC140

※画像をタップするとAmazon商品ページ

自動車ホイールナットのトルク管理(能力範囲 40~140N・m)に適した締付専用のトルクレンチです。

差込角:12.7mm

能力範囲:40~140N・m

1目盛:1Nm

トルク精度:±4%

トルク負荷方向:右回転のみ

全長:530mm

インパクトレンチ

パワー

インパクトレンチは必要なパワーのあるものが必須です。

ホイールナットの締め付けトルクは普通車の場合で10~12kg(約100~120N・m)で、軽自動車の場合は8~10kg(約80~100N・m)とされています。

ホイールナットの初期緩めでは結構なパワーが必要な場合もありますので常用400N・m程度のトルクのあるものを選択した方が良いでしょう。

注意事項として、ホイールナットの締め付けに使用する場合は、オーバートルクに十分な注意が必要になります。

レギュレータで調節するなど慣れが必要になるので、お勧めは手回しレンチ+トルクレンチになってしまいます。

重さ

次に軽量なものの方が取り扱いが楽なのですが、この辺は好みが判れます。

1kg台前半が軽量の目安になりますが、ある程度重みのあるものが好きな方もおられます。

2~3kgあっても問題なく使えますが持ち運びする時に重いので煩わしく感じます。

機能

トルクまたは回転速度の調整ができるものでトリガーの引き具合で回転速度を調節できるものが使いやすいと考えます。

トネ(TONE) エア-インパクトレンチ(ショートタイプ) AI4160 

※画像をタップするとAmazon商品ページ

トネの製品はつくりが良くてリーズナブルなのでおすすめです。

ハンマーケース部はアルミよりも軽量なマグネシウムを採用しています。

本体は特殊強化樹脂ボディが採用されています。
打撃機構にはツインハンマーにより反動が少なく、耐久性とパワーを確保しています。

最大トルクは470N・mと、小型ながらハイパワーを実現しているのでタイヤ交換から足回り、駆動系作業まで幅広く使えます。

正回転3段階、逆回転2段階の出力調整レバーが付いているのとスイッチの引き具合でも無段階の出力調整が可能です。

差込角12.7mm(1/2″) 

HAZET 9012EL-SPC

※画像をタップするとAmazon商品ページ

ドイツの総合工具メーカーハゼットは青色がコーポレートカラーであり、エアーインパクトも青色が目立つデザインのものが多くあります。

HAZET 9012EL-SPCは、差込角12.7mmなので対応ソケットも多くあります。

最大リリーストルクは1700Nmとビックですからホイールナットだけでは勿体ない性能です。

もちろん締め付けトルクも881Nmと十分な能力を持っています。

調整は時計回りが3段階、反時計回りは1段階のみです。

重量:1.98kg

ホイールナットソケット

トネ(TONE) ホイルナットソケットHAP403N

※画像をタップするとAmazon商品ページ

自動車専用ホイールナットの締付け・緩め作業専用

差込角:12.7mm(1/2インチ)

ソケットサイズ17mm,19mm,21mmの3点セット

薄形ホイールナットソケットで外側に嵌る樹脂プロテクターが付属しているのでエアーインパクトで利用してもホイールを傷つけることを防止できます。

インパクトレンチ用

タイヤ空気入れ

自動車のタイヤ空気圧は自然漏洩により時間経過とともに低下していくので、気が付いた時には、かなりの空気圧不足になっているケースも少なくありません。

車種ごとにメーカーが指定している空気圧+20kPa程度を目途に維持管理していくことで、タイヤ偏摩耗防止,燃費悪化防止,乗り心地悪化防止などの効果が期待できます。

足踏み空気入れ

BAL ( 大橋産業 )空気入れ
ツインシリンダー 1920

※画像をタップするとAmazon商品ページ

大型ペダルを踏むだけで最大圧力約1000kPaを発揮する高性能足踏み空気入れです。

高圧タンクを内蔵しており、ツインシリンダー方式により簡単に空気が入ります。

ホース長:700mm

サイズ:138(W)×310(D)×83(H)㎜

質量:1.95kg

エアーチャックガン

Treiber】 タイヤ 空気圧チェッカー

※画像をタップするとAmazon商品ページ

エアーコンプレッサーを空気圧源として利用するエアーチャックガンです。

視認性の良いアナログのタイヤゲージを装備しています。

2つの単位.Psi、Barで表示されています。1Bar=100kPaの表示もされているので、自動車指定の空気圧kPaとの比較で迷うことはありません。

タイヤの空気バルブにクリップで接続すると空気圧が判ります。

レバーを握る空気が入り、レバーを離すとタイヤ空気圧を表示します。

入れすぎた場合はガンの側部に付いているリリースボタンを押すと減圧させることができます。

測定範囲は1600KPaまで

AstroAI エアチャックガン

※画像をタップするとAmazon商品ページ

白色バックライトLCD付き、デジタル表示で暗い場所でも、メンテし易いエアーチャックガンです。

機能はエア圧測定、充填、減圧です。

4つの測定単位が選択できます。

  • Kpa(0-1720)
  • Kgf /cm²(0-17.50)
  • PSI(0〜250)
  • Bar(0-17.20)

精度:±1%

まとめ

ガレージの充実を図る過程でエアー工具の導入は重要なイベントになりますが、エアーインパクトレンチはタイヤ交換の負荷軽減に大きく貢献するツールとなるので、名前の通った工具メーカーのものから選ぶことをお勧めします。

これからもガレージの充実を進め、居心地の良い空間をつくっていきたいと考えています。

ガレージを広くしたい

色々と作業をしたいけど、結構狭いと感じませんか?

ガレージがあったとしても結構邪魔なものって多いんです。

どんな保管場所があるのかみると思いが巡って面白いです。

リーズナブルでレンタルできるスペースがあるので、どんなスペースがあるのかを見るのも面白いと思います。

【加瀬倉庫】について

この広告は【加瀬倉庫】の物なんですが、結構ワクワクしませんか。

私はこんな案件を探してみるのが大好きでちょくちょく見ています。

ちょっとした季節のレジャー用品も置けたり、普段動かさないバイクを保管したり、ちょっとした作業をしたりと使い方は色々です。

タイトルとURLをコピーしました