スポンサーリンク

SUVに使いたいロングストロークのフロアジャッキ

ガレージ・車
CX-8タイヤ交換 ジャッキアップ
ガレージ・車
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

SUVはフロアが高いので、シャシーの高さも地上から距離があり、必然的にロングストロークのジャッキが必要になります。

普通のハッチバックだと300mm程度のストロークがあれば十分ですが、SUVではロングストロークのジャッキの選定が必要になります。

ロングストロークで車両をガッチリ持ち上げられる油圧式フロアジャッキを選定しておけば、重労働に感じるジャッキアップも軽作業に改善できます。

ジャッキの種類

ジャッキの種類を大まかに分類すると

  1. パンタ型ジャッキ
  2. ボトル型ジャッキ
  3. フロア型ジャッキ

が主なものになり、それぞれに機械式および油圧式のジャッキが存在します。

機械式のパンタジャッキは自動車の標準工具になっていることも多いので、使用経験のある方も多いのではないでしょうか。

そんな中で一番のお勧めは、油圧式フロア型ジャッキ(以下フロアジャッキ)です。

頑丈で安定感が高く、2t超クラスの車重になるSUVでも安心です。

SUVに必要なストローク

サイドで1輪毎ジャッキアップする場合とセンターでフロントまたはリヤの2輪を同時にジャッキアップする場合がありますが、SUVの多くは400mm以上のストロークが必要です。

車種によって違ってくるところなので、必要な高さを確認して購入する必要があります。

ジャッキアップ状態



SUVに必要な耐荷重

フロアジャッキはセンターでジャッキアップすることを想定して、車両重量以上の耐荷重が必要になります。

耐荷重は愛車の車両重量+αの余裕を持たせて選択してください。

耐荷重が大きくなるとフロアジャッキの本体重量も重くなってきますが、取り扱い重量の増加は安心と等しい価値と考えて付き合っていきましょう。

おすすめフロアジャッキ

ローダウン対応-1

WEIMALLガレージジャッキ』はローダウン対応で最低位は75mmになっています。

幅広なスタイルがなんともカッコいい。

車のフロント下に潜り込ませて前輪2輪を持ち上げている姿を想像するだけでグッと来るものがあります。

WEIMALL 【ブラック】ガレージジャッキ 低床 フロアジャッキ 3t デュアルポンプ式 ローダウン車対応

画像をクリックするとAmazonの商品ページに移動します

WEIMALL 【ブラック】ガレージジャッキ 低床フロアジャッキ

仕様 能力:3t
デュアルポンプ式
重量(約):33kg
最高位:500mm
最低位:75mm
材質:スチール製
本体サイズ(約):690mm×268mm×230mm

ローダウン対応-2

TORIN アルミジャッキ 3t は、スチール製のローダウン対応フロアジャッキが30kg以上あるのに対して、アルミニウムをハイブリッドで使用することにより、26.8kgの重量に抑えています。

デュアルピストン仕様 ( ダブルピストン ) になっているので、無負荷時は早くリフトして使いやすくなっています。

TORINのフロアジャッキは世界140ヵ国で愛され、品質管理・性能ともにトップクラスの製品です。

TORIN アルミジャッキ 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ

TORIN アルミジャッキ 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ

仕様 能力:3t
デュアルポンプ式
重量(約):26.8kg
最高位:465mm
最低位:100mm
材質:スチール/アルミニウム ハイブリッド 
本体サイズ(約):659mm×292mm×165mm

レギュラータイプ

車高がノーマルであればレギュラータイプのフロアジャッキの方が軽量・コンパクトで使いやすくなります。

エマーソン 油圧式ハイパワージャッキ3tは総重量16.45kgとローダウン対応のものに比べると4~5割軽いので、小回りが利いて、狭いガレージでも利用しやすい製品になります。

最低・最高位:135mm~435mm ストローク:300mm,耐荷重は3tと性能も十分なので、大型SUVで使用しても全く問題ない仕様です。

エマーソン 油圧式ハイパワージャッキ3t EM-514 SG規格適合品

画像をクリックするとAmazonの商品ページに移動します

エマーソン油圧式フロアジャッキEM514

【最大使用荷重】3t
【最低位】135mm
【最高位】435mm
【本体サイズ】W188xH172xD590mm

【ハンドル長さ525mm
【本体重量】15.0kg

【総重量】16.45kg

フロアジャッキEM514の使用感

エマーソン油圧式フロアジャッキEM514の使用感ですが、軽いので取り回しが良いので4輪をぐるりと回っても苦にはなりません。

ジャッキアップ時の安定感も不安を感じることはありません

CX-8のフロントタイヤ交換時にリフトアップ量を確認しましたがジャッキアップポイントがフロアから約260mmの高さにあり、ジャッキアップ後は約380mmの高さでタイヤ交換が可能でした。

まだストロークに余裕はありますが、作業しやすい高さでの使用が適切な位置になります。

使用した感覚では、パワーは十分にあるので荷重が掛かってもハンドルを押した分だけ確りとリフトして行きます。

安定感もあって安心して使用しています。

ただし、デュアルピストン仕様ではないので、無負荷でのリフト速度が遅く感じられてしまうので、この部分の快適性を上げるにはデュアルピストン仕様のジャッキの購入が必須になります。

フロア油圧式ジャッキEM514の注意点

CX-8を持ち上げるのに強度は十分でですがジャッキの後輪(補助輪)には注意しておいた方が良いと思います。

車をジャッキアップしていく時にジャッキ本体が車の方に寄るように動いていきます。

後輪(補助輪)は自在車輪になっていて、ジャッキアップしていくと車に近づくように転がっていく必要があります。

5回目の使用時に気が付いたのですが、後輪の取り付けが緩んできていて、ジャッキアップ時に後輪が追従が不自然な動きになっていました。

後輪を固定している部分のナットを増し締めしたら問題なく動くようになりましたが使用時は後輪(補助輪)の動きをチェックした方が良いと思いました。

荷重が掛かり出した位置
ジャッキアップ後
(タイヤ交換位置)

フロア油圧式ジャッキEM514のオプション

ジャッキアップ部の受け金具ですが、きちんと金具のセンターに車の荷重をかけないと首折れするような動きになります。

安全上も良くないし、垂直以外の方向に荷重が分散するため車のジャッキアップポイントへの負荷も大きくなってしまいます。

そこで別売りの『エマーソン 傷付き防止サイド掛けジャッキアダプター EM-226』を購入して使用したところ、 ジャッキポイントにアダプターの溝を嵌めてジャッキアップすると確り荷重がセンターに乗るようになり、簡単に安全に利用できるようになることが判りました。

ジャッキアダプター取り付け

エマーソン サイド掛けジャッキアダプター EM-226

φ60x47mm
溝幅12mm
溝深さ20mm
材質:ナイロン、スチール
適応ジャッキ: EM227/501/506/511/514/516
重量:0.4kg

SUVのフロアジャッキまとめ

ガレージにフロアジャッキは必需品です。

工場にあるような低床フロアタイプのガッチリした大型油圧式ジャッキもカッコ良いアイテムになります。

ローダウン車でなければ、レギュラータイプのフロアージャッキの方が取り回しが楽でおすすめです。

外したタイヤは置き場に困る

外したタイヤはどのようにされていますか?

ガレージがあっても結構邪魔になるんですよね。

折角のスペースがタイヤにとられてしまうんです。

どんな保管場所があるのかを見てみるのも楽しめます。

リーズナブルでレンタルできるスペースがあるので、どんなスペースがあるかを見るのも面白いと思います。

【加瀬倉庫】について

この広告は【加瀬倉庫】の物なんですが、結構ワクワクしませんか。

私はこんな案件を探してみるのが大好きでちょくちょく見ています。

ちょっとした季節のレジャー用品も置けたり、普段動かさないバイクを保管したり、使い方は色々です。

タイトルとURLをコピーしました