夜間に活躍!電源不要なソーラー充電の人感センサーライト

ガレージ・車
donteraseによるPixabayからの画像
ガレージ・車
この記事は約26分で読めます。
スポンサーリンク

家の周りで夜間に暗いなぁと感じる所はないでしょうか?

人が近づいた時にパッとライトが点いたら防犯にならないでしょうか?

暗いからと言って配線して照明を設置するのも無駄な出費になります。

そんな場所には人感センサー付きのソーラー充電ライトを利用するのがコスパ最高です。

Lifeholder 118LED センサーライトを使ってみた

Lifeholder 118LED センサーライトには、高輝度LEDが内蔵されています。

このLEDは相当に明るいと言っても過言ではありません。と言うと期待しすぎてしまうかもしれませんが、私は2個付けて丁度良いかなと考えていたところ、1個あれば十分すぎる明るさがありました。思ったよりも2倍は明るかったと言えます。

ソーラーライト点灯

写真で撮ると実際よりも暗い感じに写りますが、実際は足元も照らされて結構な範囲が明るくなります。

何よりも壁際も明るいのが最高で、扉の鍵穴もしっかり確認できるようになります。

壁際も明るいのは、透明カバーでLEDが4面発光になっているのがポイントで、照射範囲が270度と広くなっているので広い範囲に光が広がってくれるようになっています。確実に周囲を照らしてくれるので、足元もばっちり照らしてくれます。

昼間などは、人を感知してもライトは点灯しません。その間に充電してくれるので夜間にライトが点かないこともありません。

充電状態について

電源はソーラー発電によるもので、内蔵バッテリーに蓄電してくれます。電源は不要なので面倒な配線は要りません。センサーライトを付けたい所に取り付けるだけで使用できるようになります。

北壁に設置してみましたが、太陽光を直接受けられない場所でしたが、充電はできているようで、夜間に照明が点かない日はありません。

また、取説には設置時に直射日光に当てて充電するよう書いてありますが、特に初期充電しなくても使用できているので、初期充電した方が直ぐに使えると言う内容だと理解します。

一晩に10回も近づくことはありませんが、照度が下がっていくこともありません。

点灯状態

設置方法・耐久性

設置は両面テープで接着するだけも良いのですが、ねじ止めすることもできるので、取り付け場所に合った方法で対応できます。

太陽光の直射がなくても、外光の受光を考えると軒下直下ではと思い、雨が掛かる壁に両面テープで接着してみましたが雨による問題はないようです。防水・防塵性能はIP65となっていますので、「すべての方向からいきおいのある水流を直接当てても有害な影響がない」という対応になっています。

ソーラーライトと付属両面テープ

検知状況

人感センサー付きなので、近づくとライトが点いて、離れると20秒程で消灯します。

検知角度が120度となっていて、使用した感じでもその程度の感度だと思います。

察知距離は3m程度になります。

使用してきた感想まとめ・・・1年間使用

1年間使用しました。 

冬→春→梅雨→夏→秋→と全く問題ありません。

いつも近づくと、パッと照らしてくれます。

4個で3,000円程度だったので壊れたら取り替えようと考えていましたが、予備のままになってしまっています。

まとめ

ソーラーライトは、安価で、設置が簡単で、性能も十分なので、用途もいろいろ考えて利用できると思います。

ガレージや家の周辺どこでも設置できます。
キャンプにも利用できると思います。

ソーラーライトを設置しておくだけで、昼間に充電した電気で、夜間に近づくとセンサーで点灯してくれる便利さは快適なものです。

1年間四季を通しての使用でも問題なく、ライトが点かない日はありません。

コスパで考えると’’最高です”と言うしかない「Lifeholder 118LED センサーライト」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
できることをたのしもう
タイトルとURLをコピーしました