エアーコンプレッサー導入レビュー!髙儀(Takagi)EARTH MAN

ガレージ・車
ガレージ・車
スポンサーリンク

ガレージにエアーコンプレッサー(以下コンプレッサー)を設置して、タイヤ交換を手際よくしたり、ちょっとした工作をしたいと思いコンプレッサーを導入しました。

導入したコンプレッサーは、髙儀(Takagi) オイルレス静音タイプ EARTH MAN 25L ACP-25SLAです。

3年程色々な用途に使ってきたレビューを紹介していきます。

コンプレッサーの用途

コンプレッサーを導入してやりたいことは以下のような内容になります。

エアブロー
タイヤ・ボールの空気入れ
エアーインパクトレンチでタイヤ交換
ブレーキフルード入れ替え
ネイラー(釘打機)・タッカーなどのエアーツールでのDIY


コンプレッサーの仕様

髙儀(Takagi) オイルレス静音タイプ EARTH MAN 25L ACP-25SLA の仕様は下表のようになっています。

髙儀(Takagi) オイルレス静音タイプ EARTH MAN 25L ACP-25SLA の仕様表

ガレージの電源容量が100V・20Aなので、他にも使用することを考えると750W程度までがコンプレッサー選定の視野に入り、結果的に570W(60Hz)の EARTH MAN ACP-25SLAに落ち着きました。

やりたい内容から見てオーバースペックにならない必要十分な選定だと考えています。

コンプレッサーの仕様

【レビュー】コンプレッサーでのエアブロー

コンプレッサーを利用したエアブローは、エアブローガンのノズル先端から驚愕の空気パワーが発射されるので、絡みついたホコリなども一撃でパージできます。

耐久性のないものに当てる時は加減して使う必要がありますが作業の進捗は改善できました。

木工で工作をするとおが屑が出ますが、ガレージの中で飛ばすと汚くなるので、極力掃除機で清掃し、細かな部分を吹き飛ばします。

オイル汚れの部品は、飛散防止を行ってブローします。

SK11 エアダスターを使用していましたが、2年程度でトリガー部の動きが悪くなってきて買い替えしました。

消耗品なのか、もっとしっかりしたものを購入するべきなのか模索中です。

【レビュー】コンプレッサーで空気入れ

ボールへの空気入れには使っていませんが、タイヤの空気入れに使用しています。

ゲージ付きの空気入れは、空気圧をチェックでき、入れすぎてもリリースボタンで空気を逃がすことが出来るので、調整が簡単です。

タイヤの空気圧は0.2MPa前後ですが、コンプレッサーの圧力は通常圧(0.8MPa)のままで問題ありません。

タイヤの空気圧調整

【レビュー】エアーインパクトレンチでタイヤ交換

エアーインパクトレンチを使用することでタイヤ交換の作業負荷は大幅に軽減されました。

使用したエアーインパクトレンチは、SK11 エアインパクトレンチ SIW-1300S で0.6MPa・350Nmの仕様なのですが、使用状況は概ね満足できるレベルです。

軽いのでハンドリングが良くて、作業が捗っています。

ホイールナットの緩め/締め付けもエアーインパクトレンチで対応できるので、手回しのクロスレンチの出番は最終締め付けチェック時だけになっています。

別途レビュー記事を紹介しています。

SK11 エアインパクトレンチ SIW-1300S

【レビュー】ブレーキフルードチェンジャー

ブレーキフルードの入れ替えは、コンプレッサー導入時の目的ではありませんでしたが、ブレーキパッド交換を実施した時にブレーキフルード交換もやりたくなりました。

2年程度(車検)での交換が推奨されています。

タイヤを外すとやり易いので車周辺を一回りするので時間が掛かるのがネックです。

ブレーキフルードチェンジャーはホースを通して液体を吸い取ることが出来るのでブレーキフルード以外にも吸い取れるものがあるように思います。

別途レビュー記事を紹介しています。

ブレーキフルードチェンジャー

【レビュー】 ネイラー・タッカーでのDIY

ネイラー(釘打機)・タッカーなどのエアーツールを利用することでDIYの幅が広がります。

ネイラーやタッカーは、効率よくピン/釘を打ち込め、細かな工作にも使えるので欲しいツールなのですが、性能の幅があるので作業に合わせて、使用するピン/釘のサイズを考えて選定します。

使用しているのはタッカーとフィニッシュネイラーの両方に使える パオック(PAOCK)ATF-3204PAと言う機種です。

タッカー(ステープル)とフィニッシュネイラー(頭付き釘)の両方が使える欲張りな製品になります。

タンスの修理を実施したレビューを別記事で紹介しています。

タッカーとフィニッシュネイラーの両方に使える パオック(PAOCK)ATF-3204PA

まとめ

高儀EARTH MAN ACP-25SLAをガレージに設置しました。

設置後3年程度使用してきましたが、トラブルなく、利用範囲が広がっています。

エアパージの出番が多く、車のエンジンルームや各種フィルターなど、きれいにできます。

シーズン毎のタイヤ交換では、力が必要な部分をエアーインパクトレンチが替わってやってくれるので、ありがたさを一番感じる作業だと感じています。

エアーインパクトレンチがないタイヤ交換は極力やりたくありません。

ブレーキフルードチェンジャーを使用したブレーキフルード交換は、少ない汚れで実施できます。

コンプレッサを導入できたことで、出来る事が広がっていきます。

タイトルとURLをコピーしました