CX8のエンジンオイルを交換する手順【必要なものは?】

ガレージ・車
ガレージ・車
スポンサーリンク

CX8のオイル交換を自分でやってみたので交換の手順および必要なものについて紹介します。

CX8のエンジンオイル交換時期

CX8のエンジンオイル交換時期は、使用方法によって変わってきます。

標準:10,000 kmまたは1年ごと
・シビアコンディション:5,000 kmまたは6か月ごと

です。

エンジンオイル交換時にはオイルフィルターも同時交換となります。

エンジンオイルの推奨銘柄は下記の2種類です。
純正ディーゼルオイルエクストラSKYACTIV-D SAE 0W-30(今回使用)
純正ディーゼルオイルエクストラDL-1 JASO DL-1、SAE 5W-30

エンジンオイル交換量は、
オイルのみ 4.8 L
オイルとオイルフィルター 5.1 L(今回の使用量)

シビアコンディションとは(マツダ メンテナンス サイトより引用

シビアコンディションとは、マツダが指定する「クルマにとって負担が大きい」使われ方を意味しています。

下記例のどれか一つでも当てはまる場合は、「シビアコンディション」となります。

<例1.走行距離が多い(年間2万km以上)>

営業車として広範囲にクルマで活動するなど、走行距離が多い。

<例2.短距離走行の繰り返し(8km以内/1回)>

ほぼ毎日、主に家から10分程度の所へのお買い物や送り迎え、勤め先への往復に使う。

<例3.低速走行やアイドリング状態が多い>

渋滞や、市街地などでの信号による停車が多い。

<例4.山道、登降坂路の頻繁な走行>

家の近くや普段の通り道で坂道の登り下りが多く、ブレーキを頻繁に使う。

<例5.悪路の頻繁な走行>

凸凹路、砂利道、雪道など、運転していて衝撃を感じたり、クルマの下回りに石や砂があたったり、砂埃などでボディーが汚れるような所をよく走る。

上記を踏まえると、標準的な使用になるのですが、5000kmでのオイルおよびフィルター交換を実施していくことにしています

現状10000km到達と言う事で2度目のオイルおよびフィルター交換となります。(一度目はディーラーで実施)

CX8のエンジンオイル交換に必要なもの

CX8のエンジンオイル交換に必要なもの

CX8のエンジンオイル交換に際して準備したものは以下になります。

エンジンオイル
MAZDAマツダ ディーゼル エクストラ スカイアクティブD用 0W-30 20L 

オイルフィルター
MAHLE マーレ オイルエレメント OJ118(問題あり変更したので後述します)
マツダ純正オイルフィルター SH01-14-302A(こちらが正解)

ドレンパッキン
マツダ用 M14 [サイズ:外径20mm×内径14mm×厚さ1.5mm]

オイルジョッキ
KYK ロングノズルオイルジョッキ

オイルフィルターレンチ
京都機械工具(KTC) カップ型 オイルフィルターレンチ AVSA-075D

廃油処理材
エーモン(amon) 新型ポイパック 4.5L

工具類
ドライバー,メガネレンチ,ラチェットハンドル差込角 9.5mm ,エクステンションバー100mm,油圧ジャッキ,油受け, 耐油手袋(ゴム手)等

CX8エンジンオイル交換手順

CX8のエンジンオイル交換手順を説明します。

エンジンオイルを抜く

エンジンオイルを抜いている様子

エンジンオイルは下抜きで行いました。

ドレンプラグを外すには、カバーを外す必要があります。

エンジン下が狭いので運転席側をジャッキアップして作業しました。

カバーを外して、油受けを設置して、ドレンプラグをゆっくり外します

古いエンジンオイルが出てくるので油受けで受けます。

ドレンプラグを付ける

ドレンプラグを付ける
ドレンパッキン新旧比較

エンジンオイルが全て抜けたらドレンプラグを付けます。

ドレンプラグにはアルミ製パッキンが付いているので、新しいものに取替します。

オイルフィルターを外す/付ける

オイルフィルターと外す/付ける位置

フィルター部にもカバーがあるので取り外します。

少し奥まった部分にオイルフィルターが取り付けられています

オイルフィルターレンチにラチェットハンドルとエクステンションバー100mm程度を付けるとオイルフィルターが緩めやすくなります。

オイルフィルターを緩めると油が洩れてきます。

油受けで受ける必要がありますが、上手くオイルフィルターを外せなかったのか、洩れた油がエンジン下のカバー内に少し洩れました。

エンジン下のカバーの隙間を事前にペーパータオルなどで養生しておけば良かったのかもしれません。

新しいオイルフィルターは、外した反対の作業で取り付けます。

MAHLE マーレ オイルエレメント OJ118を取り付けようとした時になって、オイルフィルターレンチに合わない(角数が違って嵌らない)ことに気が付きました。

その段階でMAHLE マーレ オイルエレメント OJ118について調べていくと、CX8のオイルフィルターは初期不良があって改良されたとの情報がありました。
(初期 SHY1-14-302 → 変更後 SH01-14-302A)

どうも不具合対策した純正品の方が安心できそうなので、オイルフィルターレンチも同じと言うことで、 マツダ純正オイルフィルター SH01-14-302A を購入して取り付けました。

エンジンオイルを入れる

エンジンオイルのジョッキと注入口

ドレンプラグとオイルフィルターの取り付けが完了したら、エンジンオイルを入れます。

エンジン上部のオイル注入口からオイルジョッキで計測した約5.1ℓを入れます

油量をチェック

油量をチェックしている様子

エンジンオイルの注入量の良否は、オイルレベルゲージで点検します。

オイルレベルゲージの上限から下限の間になっていることを確認します。

良ければエンジンを起動してみた後でも再測定します。

エンジンを起動した後に直ぐにオイルレベルゲージで測定すると少なく見えるので、ある程度時間が経過してレベルが落ち着ている状態で測定します。

エンジンオイルを処理する

エンジンオイルを処理している様子

古いエンジンオイルは、 廃油処理材(エーモン(amon) 新型ポイパック 4.5L)に写して吸収させて廃棄します。

廃棄方法は自治体によって違うとのこと、廃油処理材を使用しなくても廃油処理場(再生油加工している)に引き取ってもらうこともできるかもしれません。
廃棄物については、どこの自治体も厳しくなっているので良く調べて行いましょう。

因みに4.5ℓ用の廃油処理材で推定5.1ℓを処理すると確り吸収しませんでした。(当然です)

新聞や古着を追加で入れて吸着しました。

まとめ

CX8のエンジンオイルおよびオイルフィルター交換を実施しました。

エンジン上から抜く方法も興味があるのですが、毎回オイルフィルターを交換するので下抜きで実施しました。

ゴム手をしないと油で手が汚れるので使い捨てのゴム手必須です。

エンジンオイルの役割は、潤滑や冷却など含め多くの役割があり、適切に交換していく必要があります。

自分でやるメリットは、ディーラー等の予約が不要で、灯があれば夜でも交換できます。

オイルの劣化状態が自分で意識できるので、交換するタイミングも自分で決める意識がでてきます。

デメリットは、油処理などが煩わしいことや20ℓペール缶を購入すると5.1ℓ×4回で少し足りません。

保管期間も1.5年程度になるので保管場所や四季を通じて適正な保管を維持できるかと言う問題もあるように思っています。

当面は自分で交換していきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました