MTBフルサスバイク VITUSのコスパをチェック

ガレージ・車
Free-PhotosによるPixabayからの画像
ガレージ・車
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

VITUS(ビータス)というブランドはご存じでしょうか。
イギリスの自転車海外通販サイトであるCRC(Chain Reaction Cycles:チェーン リアクション サイクルズ)が展開するブランドです。
VITUSは1970-80年代に活躍したフランス発祥の高級レースフレームのビルダーで、軽量アルミニウムチューブのパイオニアであり、カーボンフレームの開発においても先駆的な役割を果たしました。(もとはVITUS=フランス語でビチューでした)
特に1979年にデビューしたVitus979フレームは有名であり、ショーン・キング・ケリーが世界第1位のサイクリストになっています。
時代の流れで衰退し2000年代に消えてしまいましたが、2011年には再建を果たし、今日では再度レース界に復活し活躍しています。

販売はCRCとWIGGLE(ウィグル)の海外通販と言うこともあって、日本では一般的に知られていないブランドですが、造りは一流メーカーでありながら、価格はグッと抑えられているコストパフォーマンスの高さの光るサイクルを販売しています。
今回は、そんなVITUSの2020年(一部2021)モデルのフルサスペンションMTBについて、パフォーマンスを確認したいと思います。

販売先:世界最大級オンラインサイクルショップWiggle
販売先:Chain Reaction Cycles

VITUS フルサスMTBラインナップ

VITUSフルサスMTBは、トレイルバイク×2モデル,エンデューロバイク×1モデル,ダウンヒルバイク×1モデルの4モデルで展開しており、各モデルにコンポの違うグレードを3~4ラインナップしています。
各モデルに29インチと27.5インチを設定しています。

1.Mythique(ミシック)  トレイル
2.Escarpe(エスカルペ)  トレイル
3.Sommet(ソメット)  エンデューロ
4.Dominer(ドミナー) DH ダウンヒル

1.Vitus Mythique(ミシック)

メーカー希望価格:15~18万円(販売価格2020年9月22日調査)
グレード:3グレード+レディース(VR,VRS,VRX+VRW)

VITUSフルサスMTBのエントリーモデルのMythique(ミシック)になります。
エントリーモデルなのでフロントフォークやリアサスペンションのグレードが抑えられていますが、フレームはブースト規格で確り造られているので、先ずはフルサスが欲しい方は、このモデルを購入し、腕前が上がってきたらフロントフォークやリアサスペンションをグレードアップするのもいいかもしれません。
フルサスモデルの価格としては破格でありながら内容は確りしているところがVITUSならではと言ったところです。

このモデルでのおすすめは、最上位グレードのVITUS MYTHIQUE 29 VRXです。

フロント:マルゾッキボンバーZ2,リア:RockShox Monarch Rの良いグレードの140mmサスペンショントラベルが設定されているので、大体のダウンヒルはこなすことができます。
ドライブもシマノDeore12速ドライブになっているのでアップグレードの必要もないと思います。
ブレーキもシマノDeoreなので制動力に不安はありません。
この構成で18万円は、フレームを中古にしてバラ完しても収まらないかもしれない価格です。
コストパフォーマンスは最高と言わざるを得ません。

ハードなダウンヒルや大ジャンプをしない方は、このモデルの選択で間違いありません。

トレイル

下りも登りもできるオールマイティー

Mythiqueスペック一覧

VRVRSVRX
サスペンショントラベルフロント130mm、リア130mmフロント140mm、リア140mmフロント140mm、リア140mm
フレームブースト、6061アロイブースト、6061アロイブースト、6061アロイ
チェーンセットDeore M5100 30t、170mmDeore M5100 30t、170mmDeore M5100 30t、170mm
リアディレイラーDeore M5120Deore M5100Shimano SLX M7100
カセットSunrace CSMS2 11-46t 10スピードSunrace CSMS7 11-51t 11スピードDeore M6100 10-51t 12スピード
シフターDeore M4100Deore M5100Deore M6100
フロントフォークX-Fusion RC32X-Fusion Slide Boost RCマルゾッキボンバーZ2
ショックX-Fusion O2 Pro RX-Fusion O2 Pro RRockShox Monarch R
フロントハブブースト15x110mmブースト15x110mmブースト15x110mm
リアハブブースト12x148mmブースト12x148mmブースト12x148mm
ブレーキSRAMガイドTブレーキShimano MT401Shimano MT501
シートポストドロッパー、31.6mmドロッパー、31.6mmドロッパー、31.6mm
重量14.9kg15.1kg14.91kg

2.Vitus Escarpe(エスカルペ)

メーカー希望価格:24~37万円(販売価格2020年9月22日調査)
グレード:3グレード(VR,VRS,VRX)

Escarpe(エスカルペ)は、Mythique(ミシック)と同分類のトレイル用上位モデルであり、エンデューロ用のSommet(ソメット)に近いモデル設定になっています。

Mythiqueとの違いをフレームで見ると
・ダブルバテッドになり軽量化と強度アップが両立
・シートチューブ角度が68.13⇒74.5度(VR,29インチ,Mサイズ)まで立てた設計
・ヘッド チューブ 角度が66.63⇒66度(VR,29インチ,Mサイズ)まで寝かせた設計
・ホイルーベースは1202.89mm⇒1216mmにロング化
などで、よりスピードを出していける設計になっています。
フロントフォーク150mmおよびリアサスペンション140mmのストローク量で、RockshoxやFoxのハイグレード品が採用されているので、よりハードな使用でも追従性が増し、安定感のあるライディングが可能です。

トレイル

下りも登りもできるオールマイティー

Mythiqueの上位モデル

Escarpeスペック一覧

VRVRSVRX
サスペンショントラベルフロント150mm、リア140mmフロント150mm、リア140mmフロント150mm、リア140mm
フレームブースト、6061アロイブースト、6061アロイブースト、6061アロイ
チェーンセットSRAM NXイーグル 30t、170mmXT FC-M8100-1Raceface NEXT Rカーボン
リアディレイラーSRAM NXイーグルXT RD-M8100XTR RD-M9100
カセットSRAM NXイーグル 12スピード 11-50TSLX 12スピード10-51TXT 12スピード10-51T
シフターSRAM NXイーグルSL-M7100-RXT SL-M8100-R、I-Spec EV
フロントフォークRockshox LYRIK SELECT CHARGER RCFox Float 36 PerformanceFox Float 36 Factory FIT GRIP 2
ショックRockshox RS DELUXE SELECT + RTFox Float DPSパフォーマンスFox Float DPSファクトリー
フロントハブブースト15x110mmブースト15x110mmブースト15x110mm
リアハブブースト12x148mmブースト12x148mmブースト12x148mm
ブレーキSRAMガイドTShimano SLXShimano XT M8100
シートポストドロッパー、31.6mmドロッパー、31.6mmドロッパー、31.6mm
重量15.6kg15.4kg15.2kg

3.Vitus Sommet(ソメット)

メーカー希望価格:19~42万円(販売価格2020年9月22日調査)
グレード:4グレード(ー,VR,VRS,VRX)+カーボンフレームモデル3グレード(CR,CRS,CRX)

Sommet(ソメット)は、活気を呈しているエンデューロレースを意識したモデルです。
エンデューロレースは、下りセッションでタイムを競い、次の下りセッションまで登りがある区間もあるので、下りをハードに攻めることのできる剛性と確りと登れる性能の共存が必要になります。

グレードは、アルミフレームで4グレード,加えてカーボンフレーム(カーボンフロントトライアングル、アルミリア)で3グレードの計7グレードを展開しています。

最下グレードのVITUS SOMMET 29は18万円程のリーズナブルな価格設定になっており、フルサスMTBでダウンヒルがしたい方でレースには出ない方であれば、リア160mmストロークの恩恵を受けて、安定した下りの起伏を楽しむ事ができると思います。

フロントフォークも高性能で、ストロークも160mmと十分なので、VITUS SOMMET 29は下り中心に楽しむためのコスパ最高のMTBです。

上位グレードのVR,VRS,VRXになると他ブランドでも同様のラインナップが多くなってきて、選択肢が増えるので迷う部分もで出てきますが、フルスペックのMTBが最上位で40万円で購入できるコストパフォーマンスの高いグレード設定は好感度の高い所です。

エンデューロ

どんな下り坂でも攻撃的に

エンデューロの表彰台を目指して

Sommetスペック一覧

VRVRSVRX
サスペンショントラベルフロント160mm、リア160mmフロント170mm、リア160mmフロント170mm、リア160mmフロント170mm、リア160mm
フレームブースト、6061アロイブースト、6061アロイブースト、6061アロイブースト、6061アロイ
チェーンセットSRサントルゼロン 32T、170mmSRAM SXイーグルShimano XT 32T、170mmRaceface NEXT Rカーボン 32T、170mm
リアディレイラーDeore RD-M6000SRAM SXイーグルXT RD-M8100XTR RD-M9100
カセットサンレース 10スピード 11-46TSX EAGLE 12スピード 10-50TSLX 12スピード 10-51TXT 12スピード 10-51T
シフターDeore SL-M6000-IR、I-Spec IISRAM SXイーグルSLX SL-M7100-IRXT SL-M8100-R、I-Spec EV
フロントフォークRockshox 35 GOLDマニトウメイザープロFox Float 36 PerformanceFox Float 36 Factory FIT GRIP 2
ショックRockshox Delux Select RFox Float DPSパフォーマンスFox Float DPX2パフォーマンスFox Float DPX2ファクトリー
フロントハブブースト15x110mmブースト15x110mmブースト15x110mmブースト15x110mm
リアハブブースト12x148mmブースト12x148mmブースト12x148mmブースト12x148mm
ブレーキShimano MT501SRAMガイドREShimano SLX 7120 4ピストンXT M8120 4ピストン
シートポストドロッパー、31.6mmドロッパー、31.6mmドロッパー、31.6mmドロッパー、31.6mm
重量16.16kg16.06kg15.8kg15.43kg

4.Vitus Dominer(ドミナー) DH

メーカー希望価格:27万円(販売価格2020年9月22日調査)
グレード:1グレード

Dominer(ドミナー)は、DH(ダウンヒル)専用モデルです。
ヘッドチューブ角度を63°まで寝かせて、ハンドリングを直進性に寄せていますが、タイヤは27.5×2.5インチを履かせてバランスを取っています。
サスペンションは200mmのロングトラベルでDH専用ショックを装備しています。
ブレーキ系も4ピストンのSRAMガイドRE,200mmローターで制動力も強力です。
ダウンヒル特化で楽しむ方は割り切って持ちたいバイクになります。

・ダウンヒルバイク

・トリプルクランプフォーク

・ダウンヒル用ジオメトリ

・どんな坂でも対処

Dominerスペック一覧

DHバイクジー
サスペンショントラベル前面200mm、背面200mm
フレームブースト、6061アロイ
チェーンセットシマノジー 36T、165mm
リアディレイラーRD-M640-SS
カセットサンレースRS1 10スピード 11-28T
シフターSL-M640、ZEE 10-SPEED
フロントフォークROCKSHOX BOXXER Select CHARGER AIR RC
ショックROCKSHOXスーパーデラックスセレクトR
フロントハブブースト20x110mm
リアハブブースト12x150mm
ブレーキSRAMガイドRE
シートポスト30.9mm、300mm、0オフセット
重量17.51kg

VITUSフルサスMTBのサイズおよびジオメトリー

VITUSフルサスMTBのサイズは、S,M,L,XLの4サイズで展開しています。
区分の重なりがジャストサイズのみなので迷う事は少ないでしょう。

ジオメトリーは抜粋のみ示しますが、フルスペックはWiggle VITUSのサイトで確認してください。

VITUS価格マトリクス

VITUSフルサスMTBの価格をマトリクスにまとめましたので参考にしてください。

費用をCRCでみると
送料:約1.5万円
関税:自転車にはかからない場合がほとんどです。
消費税額:購入金額×60%×10%
費用計は本体販売価格+1.5万円+消費税額(購入金額×60%×10%)とみておけば良いでしょう。



まとめ

MTBを始める際に、ハードテイルにしようか,フルサスにしようかと迷うところですが、街乗りやクロスカントリーで登りを楽しみたい人を除けば、将来欲しくなるであろうフルサスの選択で間違いないと思います。

その中でもVITUS SOMMET 29 VRをベストバイにしたいと思います。

・販売価格 約24万円
・VITUSフルサスMTBの最上位フレーム
・フロント170mm,リア160mmのトラベル量
・12速のドライブコンポ搭載
・SRAMガイドREによる十分な制動力

VITUSの魅力を少しでも伝えることができたでしょうか。
一度、VITUSのコストパフォーマンスの高いバイクをご覧になって、検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
できることをたのしもう
タイトルとURLをコピーしました