フォームガン洗車でシュアラスターをテスト!高圧洗浄機で泡まみれ

ガレージ・車
ガレージ・車

ケルヒャー高圧洗浄機にフォームガンを付けてシャンプーを発砲させて洗車ました。

今回はシュアラスターカーシャンプーを使用しました。

・シュアラスター カーシャンプー S-3O
・シュアラスター ワックスシャンプー S-31

の2種類です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォームガンのセッティング

使用している高圧洗浄機はケルヒャーK2で5年以上使用している老朽機種です。

フォームガンは、Amazonで評価の良さそうだったWILTEEXS ケルヒャー用フォームガン(Karcher K2~K7に対応,プラスチックバージョン) を使用しました。

WILTEEXS ケルヒャー用フォームガンを高圧洗浄機にセッティング

シュアラスター カーシャンプー S-30で洗車

シュアラスター カーシャンプー S-30は、クリーミーな泡立ちで評判のカーシャンプーです。

  • ワックスが落ちない
  • 全色対応(ボディ全般に対応)
  • ノーコンパウンド
  • 中性
  • 内容量: 1000ml
  • 洗車数: 中型車約20台

などの特徴を持っています。

本来の使い方はとして説明に「本液50ml(キャップ約4杯)を4Lの水で約80倍に薄める」と書かれています。

一方、WILTEEXS ケルヒャー用フォームガンの取説には、水とシャンプーの割合は、7:3を推奨しています。

フォームガンは水流にボトル内のシャンプーを巻き込んで噴出するので、ボトル内のシャンプーは更に薄まることになります。

S-30で水7:シャンプー3

先ずは少しだけ薄めの水7:シャンプー3で洗車しました。

約3.5倍と濃厚液になりますが、実際は高圧洗浄機の水が加わるので、計算上43倍で薄めて使用することになります。

この混合比率で泡を噴射すると、すごくクリーミーな泡が発射され、車はあっという間に泡だらけになりました。

シャンプー:水=200:700

スポンジとモップでササッと磨いて、泡を流して完成です。

洗浄力も十分でしたが、なんと言っても短時間で洗車できるので体力消耗がミニマムで済みます。

高圧洗浄機ですすいだ後の拭き取りは従来通り手作業で行いますが、残っている体力がこれまでと違います。

隅々拭いて磨いても余力十分な状態で作業を完了できました。

シャンプー消費量

シャンプーは作った薄め液900mℓの内450mℓほどを使用しました。

この調子だと、シュアラスター カーシャンプー S-30が宣伝しているシャンプー1ℓで中型車20台に対して、10台程度で消費してしまう計算になります。

洗車が楽になれば、シャンプーの消費はどうでも良い気分になっていますが・・・。

Amazon | シュアラスター 洗車用品 カーシャンプー ノーコンパウンド 1000ml S-30 中性 防錆剤配合 | カーシャンプー・ボディクリーナー | 車&バイク

S-30で水9:シャンプー1

前回は、水7:シャンプー3で混合して高圧洗浄機で発砲させ、車があっという間に泡まみれになったので、今回は水9:シャンプー1にしてみました。

結果は、薄すぎのため、泡が少なく、粘りがない状態で、直ぐに車体から流れていく感じになりました。

ただし、洗車としては問題なくできた感触です。

カーシャンプー S-30の薄め方の結論

カーシャンプー S-30の正規の薄め方が約80倍です。(50mmℓに水4ℓ)

高圧洗浄機で発砲する場合、高圧噴射時の水(最大 360ℓ/h)が加わることになります。

概算ですが、1分ほど噴射したので6ℓが加わったことになります。

薄め液の使用量がボトル半分程度だったので500mℓとして計算すると

☑️ 水7:シャンプー3の場合
水6350mℓと原液150mℓを使用することになり
実質43倍の希釈になります。
十分な泡が得られます。

☑️ 水9:シャンプー1の場合
水6450mℓと原液50mℓを使用することになり
実質129倍の希釈となります。
泡の出方は不十分です。

☑️ 水8:シャンプー2の場合
水6400mℓと原液100mℓを使用することになり
実質64倍の希釈となります。
未実施です。

結論として、未実施ながら水8:シャンプー2位の混合が丁度良いのだろうと推定しています。

今後、繰り返し調整し、満足できるポイントを掴んでいきたいと考えています。

シュアラスター ワックスシャンプー S-31で洗車

シュアラスター ワックスシャンプー S-31は、ワックスインシャンプーで洗いとワックス掛けを同時にできる時短シャンプーです。

  • ワックス入りシャンプー
  • 洗うだけでワックス掛け完了
  • 高品質撥水レジン配合で長期間撥水持続
  • 全色対応(艶消し除く)
  • ノーコンパウンド
  • 中性
  • 容量: 850ml
  • 洗車数:中型車約6台

洗いとワックス掛けが同時に出来るお気に入りの手抜き道具です。

正式な使い方は、本液125ml(キャップ約10杯)を3Lの水でうすめる仕様です。
約24倍に薄めて洗車に使うことになります。

ワックスシャンプー S-31を使用した結果

WILTEEXS ケルヒャー用フォームガンのボトル1ℓに125mℓ入れて、約7倍の薄め液で発砲してみました。

発砲状況は、 カーシャンプー S-30 を水9:シャンプー1で薄めた感じと同程度でした。

ワックスシャンプー S-31の薄め方の結論

ワックスシャンプー S-31は、普通に使用しても泡立ちが良いとは言えません。

泡立たないけど、それなりに綺麗になります。

今回は、 ワックスシャンプー S-31を水875mℓにシャンプー125mℓ(水8.75:シャンプー1.25)で薄めました。

更に高圧洗浄機の水が加割るので実質103倍で薄めたことになります。

薄めすぎだったと思います。

どの割合が良いのか判りませんが、103倍でもワックス効果はあったので、半分の50倍程度~80倍程度の間を探って行こうと考えています。

まとめ

高圧洗浄機でシャンプーを発砲させて吹き付けることで、洗車作業の負荷は大幅に軽減できます。

現在使用しているケルヒャーK2は5年以上経過して水流が少し弱くなってきているので、更新したいと考えています。

高圧洗浄機を購入する場合には、水圧は8MPaもあれば十分なので、吐出量も300ℓ/h程度がカーシャンプーの発砲に使い易いように感じます。

今後比較検討していきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました