タイヤ交換ジャッキを使用した感想とタイプ別おすすめジャッキ【軽自動車~大型車】

ガレージ・車
Free-PhotosによるPixabayからの画像
ガレージ・車
この記事は約29分で読めます。
スポンサーリンク

春と秋にはタイヤ交換が必須な方も多いと思います。

パンタグラフ式のメカジャッキだとクルクル回すのが面倒で結構重労働です。

特に車重がある車高の高い車は、メカジャッキでは不安定な気がして、緊急時以外は油圧式のタイヤ交換ジャッキの利用がおすすめです。

2シーズンタイヤ交換ジャッキでタイヤ交換してきた感想とおすすめのジャッキを紹介します。

タイヤ交換に利用するジャッキ

タイヤ交換に使用するジャッキは

パンタグラフ式ジャッキ

油圧式フロアジャッキ

が主な種類になります。
他にもボトル型油圧ジャッキなどもありますが、油圧式フロアジャッキが簡単にジャッキアップ/ダウンができて便利です。

タイヤ交換に油圧式ジャッキを使用した感想

タイヤ交換用ジャッキの中で一番のおすすめは、油圧式ジャッキ(以下ジャッキも同義とします)です。頑丈で安定感が高く、2t超クラスの車重の自家用車でも安心です。

使用したのは
エマーソン 油圧式ハイパワージャッキ3t EM-514 SG規格適合品
になります。

ジャッキの総重量は16.45kgと軽くて、狭いガレージでも利用しやすいタイヤ交換ジャッキです。

最高位置が435mmまで上がり、耐荷重が3tあるので、SUVで使用しても問題ない仕様のジャッキになります。

エマーソン油圧式フロアジャッキEM514

【最大使用荷重】3t
【最低位】135mm
【最高位】435mm
【本体サイズ】W188xH172xD590mm

【ハンドル長さ525mm
【本体重量】15.0kg

【総重量】16.45kg

持ち手が使いやすい

フロアジャッキEM514には専用の持ち手が付いています。

【総重量】は16.45kgなので、ジャッキの中では軽い部類です。
ただし、軽々持ち回りできる重さではないと思います。

持ち手がジャッキハンドルの反対の重心近くの丁度良いところに付いていて、持ち手とジャッキハンドルを持つと楽々持ち上げることができるようになっています。
移動時に持ち手を持つことで取り回しがとても楽になります。

普通は4輪をぐるりと回る時にジャッキの移動が大変な作業に感じますが、持ち手のおかげで苦になりません。

フロアジャッキEM514の持ち手が相当に良い
参考:エマーソン油圧式フロアジャッキEM514の持ち手

ジャッキアップ高さが丁度いい

車のジャッキアップポイントがフロアから約260mmの高さにあります。

フロアジャッキEM514のジャッキ最低位置が135mmで最高位置が435mmなので、タイヤ交換に丁度いいストローク範囲になっています。

ジャッキアップ後の高さは約380mmでタイヤ交換が可能なので、まだ余裕があって安心です。

ジャッキアップ時は安定感があるので、そのまま交換していますが、不安を感じることはありません。

フロアジャッキEM514のジャッキアップ高さが丁度いい
参考;ジャッキアップ状態

ジャッキのパワー

ジャッキアップ時にジャッキハンドルをストロークしますが、大した力は要りません。
ストローク速度が速いわけではありませんが、車重(2t弱)に対してパワーは十分にあるので、軽々車が持ち上がっていきます。

油圧式タイヤ交換ジャッキのメンテナンス

2シーズンの使用した段階では、特段のメンテンナンスは必要ありません。

今後、作動油が減ってくるかもしれませんので給油用のオイルを準備してあります。

作動油が減るとストロークが減少して、ジャッキ最高位置が低くなってきます。

フロアジャッキEM514の先端アダプタ

先端アダプタがあると車を傷付けないので安心です。

ジャッキアダプター取り付け

エマーソン サイド掛けジャッキアダプター EM-226

φ60x47mm
溝幅12mm
溝深さ20mm
材質:ナイロン、スチール
適応ジャッキ: EM227/501/506/511/514/516
重量:0.4kg

Gerald LobenweinによるPixabayからの画像

自動車タイプ別おすすめタイヤ交換ジャッキ

軽自動車からコンパクトカー

エマーソン 油圧式ハイリフトジャッキ2.25t EM-227は、軽自動車やコンパクトカーで使いやすい軽量タイプのジャッキです。

エマーソン 油圧式ハイリフトジャッキ2.25t EM-227

仕様 能力:2.25t
重量(約):11.75kg
最高位:410mm
最低位:135mm
本体サイズ(約):W188xH165xD555mm

 軽自動車からミニバン

エマーソン 油圧式ハイパワージャッキ3t EM-517は、基本的にEM514と同じですが、最高位置を高くできるアダプターが付いているモデルです。

アダプター使用時は、最低位258mm~最高位558mmが得られます。

エマーソン 油圧式ハイパワージャッキ3t EM-517 

仕様 能力:3t
重量(約):17.45kg
最高位:468mm
最低位:168mm

アダプター使用時最低・最高位:258mm~558mm
材質:スチール製
本体サイズ(約):590mm×188mm×172mm

軽自動車からRV

エマーソン 油圧式ガレージジャッキEM-500は、最低位150mm~最高位500mmの350mmのロングストロークジャッキです。
大概のRV・大型車に対応できるジャッキです。

支持台がラバーコーティングされていて車を傷つけないようになっています。
重さは約39kgとどっしりしているので安定感が高い反面、取り回しは期待できません。

大型車にはこの位のジャッキが安心です。

エマーソン 油圧式ガレージジャッキ3t EM-500

仕様 能力:3t
重量(約):39.0kg
最高位:500mm
最低位:150mm
本体サイズ(約):W380xH205xD675mm

軽自動車~大型車・SUV車・ローダウン車対応

エマーソン 油圧式ローダウンガレージジャッキ T83508は、最低位置98mmと低く、ローダウン車にも対応します。

ストロークが437mmとロングですが、ダブルピストン搭載なので持ち上げ速度も速く使いやすいジャッキです。

軽自動車~大型車・SUV車・ローダウン車と対応範囲が広いので1台でほとんどの自家用車のタイヤ交換が可能です。

エマーソン 油圧式ローダウンガレージジャッキ T83508

仕様 能力:3.25t
重量(約):44kg
最高位:535mm
最低位:98mm
本体サイズ(約):W400xH200xD820mm

まとめ

タイヤ交換に使用するジャッキは、油圧式ジャッキを利用すれば、交換が楽になりますが、ジャッキの重量があると4輪車の周囲を一周回るのも大変になってきます。

持ち手付きのジャッキは取り回しが良くなるのでおすすめです。

とは言っても安定感が大切になるので車に見合ったものを使わないと危ないので、多少重くても安定感を優先するべきです。

油圧式タイヤ交換ジャッキを探す

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
できることをたのしもう
タイトルとURLをコピーしました