デンタリー電動歯ブラシの歯磨きモードを使ってみた感想!18パターンの振動を使うの?

家電 PC
家電 PC

「デンタリー(Dentaly)」は、電動歯ブラシ本体は無料で替えブラシを購入していくサブスクです。

毎月新しいブラシに交換することで毛先を正常に保ち歯ブラシ効果を適切に管理していけます。

ブラシ部分を管理できるデンタリーですが、電動歯ブラシ本体も6つの歯磨きモードが装備される本格的なものになっています。

デンタリーを使うに当たり、一番気になっていた歯磨きモードと振動強度変更についてレビューしていきます。

スポンサーリンク

デンタリー電動歯ブラシ6つの歯磨きモードの切り替え方法

デンタリー電動歯ブラシには6つの歯磨きモードがあります。

  1. 【ホワイト】モード
  2. 【クリーン】モード
  3. 【ナース】モード
  4. 【ケア】モード
  5. 【パルス】モード
  6. 【ポリッシュ】モード

各モードは操作ボタンを押すだけ切り替えて使えます。

5秒以内に繰り返し操作ボタンを押すことで歯磨きモードが順に切り替わっていきます。

【ホワイト】

【クリーン】

【ナース】

【ケア】

【パルス】

◉【ポリッシュ】

OFF

注)「の部分は操作ボタンを押した部分です

注)5秒以内に操作ボタンを押した場合の切り替わりを示しています。

上の通り、順に6つの歯磨きモードが切り替わります。

最後の【ポリッシュ】まで行くと、その次は一度電源がOFFします。

電源OFFの次は再度【ホワイト】モードから始まります。

各切り替えの途中で5秒以上経ってから操作ボタンを押すと電源はOFFします。

次に操作ボタンを押すと前回使用していたモードから始まります。

デンタリー電動歯ブラシ3つの歯磨き強度の切り替え方法

デンタリー電動歯ブラシには、3つの歯磨き強度を切り替えできるようになっています。

表記としては【強・中・弱】となります。

強度の切り替え方法は、振動中に操作ボタンを押しっぱなしにすることで順次切り替わります。

操作ボタンを押しっぱなしにしていると弱・中・強・弱・中・強・・・と繰り返し変わっていきます。

デンタリーの概要

デンタリーの概要をまとめると下表のようになります。

デンタリーの仕様
サブスク料金330円/本 418円/本
本体価格無料
本体カラー白・黒・桃
送付形態送料無料
ポスト投函
振動数31,000~40,000回/分
強中弱から選択
充電方法USB充電
使用時間2カ月
替えブラシ種類極細ソフトブラシ 極細ハードブラシ
(フラット) ( 山 型 )
舌ブラシ舌ブラシなし
防水性能完全防水
歯磨きモード6つ
契約期間3回受け取り
振動切替強中弱の3種
本体重量66g
利用回数3回受け取り以上
利用休止なし
保証本体永久保証
各種変更マイページ利用
(WEB)

デンタリー電動歯ブラシ6つの歯磨きモードの感想

デンタリー電動歯ブラシの6つの歯磨きモードについて違いをまとめると下表のようになります。

デンタリー電動歯ブラシの6つの歯磨きモードの感想

歯磨きモードと振動強度の組み合わせで自在に設定

6つの歯磨きモードだけでも細かな調節ができるようになっているデンタリーの電動歯ブラシですが、更に振動強度を3段階で調節できます。

ここまで細かく使いこなす必要もあるのかな?と思いますが、自分の好みの振動パターンと強度を決めてしまえば、もう少し調節したいと言う部分をカバーしていくれます。

自在な18パターンの振動種類を持った電動歯ブラシです。

各振動には個性があって、それぞれ違う感覚でブラッシングできます。

その時々の体調に合わせてちょっと変化させるだけで丁度いいポイントがあるので使いやすいと感じられます。

6つのモードを装備した市販歯ブラシは高価なものが多いので、安価にサブスクできるデンタリーは、これから電動歯ブラシを試していきたいと考えている人に向いているものだと思います。

電動歯ブラシ本体は、振動させて使うものなので消耗していくので、その内に壊れます。

市販の電動歯ブラシも同じなので、本体が壊れても永久保証してくれるデンタリーのサービスは、使用し続ける安心感を感じます。

機能面でも十分に高機能なのでサブスクの電動歯ブラシでも満足できると考えます。

デンタリーのブラシ種類

デンタリーの歯ブラシは、2種類のブラシが提供されています。

・極細ソフトブラシ(フラット)
・極細ハードブラシ(山型)

6つの歯磨きモードと組み合わせるので、ブラシは2種類でも不満はないのかもしれませんが、もう少しコンパクトなブラシがあっても良いように思います。

まとめ

デンタリー(Dentaly)電動歯ブラシの6つの歯磨きモード6つと3つの振動強度について紹介しました。

歯磨きモードと振動強度を組み合わせると振動は18種類も使い分けできることになります。

種類が多く微調整できるので、その日の体調に合った振動調節が可能です。

ただ、18種類の振動を使い分けることもないように思いますし、調節している内に歯磨きが終わってしまうので、ある程度は自分に合った部分を覚えておいて前後を使う形になると考えます。

サブスク型電動歯ブラシ【Dentaly】

関連サイト:Dentaly公式サイト

スポンサーリンク
シェアする
DEKIRUCHA
タイトルとURLをコピーしました