デンタリー電動歯ブラシの替えブラシ2種類を比較してみた!ガレイドデンタルメンバーとの違いも紹介

家電 PC
家電 PC

電動歯ブラシのサブスク利用を考えておられる方も多いのではないでしょうか。

デンタリーは、電動歯ブラシ本体が無料提供され、電動歯ブラシで使用する替えブラシをサブスクで定期購入していきます。

この時に購入できるブラシには、以下の2種類になります。

・極細ソフトブラシ(フラット)
・極細ハードブラシ(山形)

今回、この2種類のブラシを実際に使用してみましたので、使用して感じた違いとライバルサービスとなる「ガレイド・デンタルメンバー」(以下、ガレイド)の替えブラシとの比較についても紹介していきます。

スポンサーリンク

デンタリー電動歯ブラシの替えブラシ2種類を比較

デンタリーの替えブラシ2種類

デンタリー電動歯ブラシの替えブラシは、ソフトとハードの硬さの違うものを2種類ラインナップしています。

形状は、ソフトがフラット形状,ハードが山形形状となっています。

ブラシ形状は違っていますが、ブラシの植えてある面積は同じです。

価格はそれぞれのブラシで違っています。

極細ソフトブラシ(フラット):330円/本(税込)
極細ハードブラシ(山形):418円/本(税込)

極細ソフトブラシ(フラット)

極細ソフトブラシ(フラット)は、最安で利用できるブラシです。

フラット形状なので歯に均等に当たるので、ソフトな感触が伝わってきます。

ハリがありながら柔軟な毛質で、電動歯ブラシで使用することで、細かな部分も綺麗にできるような感覚があります。

電動で動かさずに手磨きしてみた方がブラシの柔らかな感触を感じられます。

普段の歯磨きで強く磨いている方以外は、極細ソフトブラシ(フラット)に不満はないと思われます。

極細ハードブラシ(山形)

極細ハードブラシ(山形)は、毛質のハリが強くなっています。

ブラシ形状は山形になっているので、ブラシの凹凸によって、歯の当たり方が違ってきます。

極細ソフトブラシ(フラット)は先に述べた通りですが、均等に当たる感じでソフトな感触です。

均等に当たっていると当たっている部分全体で磨いているように感じます。

一方、極細ハードブラシ(山形)は、ブラシの凹凸が歯と不均等に当たるので、磨いている部分を意識してブラシを動かす感覚で使うことになると思います。

どちらも磨けているのですが、ブラシの感触で無意識に磨き方(電動歯ブラシの動かし方)を調節しているように思います。

普段の歯ブラシで硬めを選んでいる方や確り磨きたい方は、極細ハードブラシ(山形)を選べば良いと思います。

デンタリーの替えブラシの選び方

デンタリー電動歯ブラシの替えブラシの選び方ですが、あくまで個人の好みの問題なので参考に記します。

個人的には柔らかいブラシが好きです。

柔らかいブラシの方がゆっくり磨いても、歯や歯茎に優しいと感じるので選んでいます。

最初にどちらのブラシにするかを決めるなら、普段使っている歯ブラシの硬さで選ぶと良いでしょう。

普段の歯ブラシを「ふつう」「やわらい」の方は、極細ソフトブラシ(フラット)です。

普段の歯ブラシを「かたい」の方は、極細ハードブラシ(山形)です。

迷う場合は、極細ソフトブラシ(フラット)にしておけば良いと思います。

デンタリー電動歯ブラシは高性能な6つの振動モードと3つの振動強度(強中弱)で磨く力を細くコントロールできるので、極細ソフトブラシ(フラット)でも磨く力が足りないと感じる方は少ないと思います。

ガレイド電動歯ブラシの替えブラシ

ガレイド電動歯ブラシの替えブラシ

サブスクサービスのライバルとなるガレイド電動歯ブラシの替えブラシは4種類あります。

  • スタンダードブラシ(山形):税込み308円/本・・・「ふつう」
  • フラットブラシ(フラット):税込み363円/本・・・「ふつう」
  • 極細ブラシ(フラット):税込み363円/本・・・「やわらかい」
  • 薄型ブラシ(フラット):税込み363円/本・・・「ふつう」

になります。(子供用および舌ブラシを除いています)

大人用としては4種類のブラシが選べます。

ブラシの種類はガレイドが豊富で楽しめるので、気になる方は関連記事で感想を記しています。

デンタリーとガレイドの替えブラシを比較

ガレイドとデンタリーではブラシの種類が一番の違いになっています。

違いとしては、ガレイドにはハードブラシはありません。

デンタリーの極細ハードブラシ(山形)の方が、ガレイドのスタンダードブラシ(山形)よりも毛質にハリがあって硬い感触です。

良く似た形状色合いなので、パッと見は同じなのですが、硬さが違うのは触っても・磨いても感じる部分です。

ただし、性能が違うのかと言われれば、どちらも十分に磨けるブラシなので、極端にハードが好きならデンタリーを選んで極細ハードブラシ(山形)を使った方が良いかもしれません。

一方で、柔らかいブラシでは、ガレイドの極細ブラシ(フラット)が一番ソフトな毛質になります。

特に柔らかいブラシが欲しい方は、ガレイドを選んで極細ブラシ(フラット)を使用するのが良いと思います。

まとめ

デンタリー電動歯ブラシの替えブラシは2種類です。

極細ソフトブラシ(フラット):330円/本
極細ハードブラシ(山形):418円/本

ガレイドの4種類に比べると選べる種類が少なくなります。

ただし、デンタリーは電動歯ブラシ本体の振動パターンが豊富で細かく調節できるので、ブラシの種類はハード・ソフトの2種類で十分だとも感じます。

これから電動歯ブラシを使う方は、強い振動から弱い振動部分まで広く使ってみいたいと考えておられると思います。

その場合で言えば、万能に対応できるのは、デンタリーの電動歯ブラシです。

一方で、これまで電動歯ブラシを使ってきて、経済的な部分などサブスクの良さを感じて移行しようと考えている方は、これまで使用してきたブラシの種類で選んでいけば良いと思います。

ガレイドのスタンダードブラシは安価で経済的なセットとなっています。

両方のサービスの比較は、関連記事で紹介しいるので参考にしてください。

サブスク型電動歯ブラシ【Dentaly】

関連サイト:Dentaly公式サイト

関連サイト:GALLEIDO DENTAL MEMBER(公式)

スポンサーリンク
シェアする
DEKIRUCHA
タイトルとURLをコピーしました