CX8をユーザー車検したレビュー!1回目は免税措置で超格安車検

ガレージ・車
ガレージ・車

2019年3月に購入したCX8が一度目の車検を迎えました。

コロナの影響で外出が減り、新車で買った車の3年間の走行距離は、たったの8,700km!

レンタルで良かったんじゃないの?と今になって思うこの頃です。

新車同様の愛車なので、ユーザー車検でも問題ないと言う事でひとりで車検に行ってきたので紹介します。

ユーザー車検とは

最初にユーザー車検について、簡単に説明しておきます。

ユーザー車検は、個人が自分の車や知人の車などを自動車検査場に持ち込んで受験し、更新検査を受けるものです。

ユーザー車検の手順

ユーザー車検の手順は以下のようになります。

  1. 車検の予約
  2. 24カ月点検の実施
  3. 書類の準備
  4. 車検
  5. 不合格になった場合の対処
  6. 合格後やるべきこと

車検の予約

車検の予約は軽自動車の場合と普通自動車の場合で違っていて、通常は検査する場所も違います。

軽自動車は、「軽自動車検査協会」で予約

普通自動車やバイクは、「陸運局」で予約

となり、いづれもインターネット予約です。

予約状況を見て空いている日で予約しますが、直近の日程は埋まっていることが多くなります。

希望する日程があるのであれば、早めに確認して予約した方が良いと思います。

予約は変更できるので、24カ月点検するよりも先に車検日を決めた方が良いと考えます。

それと予約の時間帯ですが、ユーザー車検であれば朝一番の予約が最適です。

と言うのも、不合格になった場合にその日の内に再検査を受けないと、再度別の日に受検し直すことになるからです。

朝一番に検査を受けておけば、たとえ不合格でも、修理に行ってその日の内に再検査できる時間の余裕が生まれます。

車検は平日のみ

時間帯は9時~16時の中で選べるが、朝一番がおすすめ

ユーザー車検予約例

24カ月点検の実施

24カ月定期点検整備記録簿の例

24カ月点検は所定の点検記録簿の内容を実施します。

経験のない方は、難しい専門用語に何のことだかわからない項目もあるかもしれません。

どれがその部品に相当するのかやそもそも自分の自動車についているのかさえ分からないものもあります。

できればしっかりと理解した上で点検した方が良いのですが、正常に動いているものは点検OKでも問題はありません。

車検とは、次の車検までの合否を判定するものではなく、現状が合格であることを検査基準に合わせて判定しているものだからです。

車検を受ける時点の状態が大切であり、その後に不調が出ることもあるので、それは修理工場で都度直してねと言う事です。

よって、すべての専門用語を理解していないと点検にならないわけではありません。

できるだけ、ネット検索して、その用語が何に相当するのかを理解する努力は必要です。

書類の準備

車検に必要な書類のは以下の7つです。

使用者と受験者のハンコ,お金も忘れずに!

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自賠責保険証
  3. 納税証明
  4. 24カ月点検記録簿
  5. 自動車重量税納付書
  6. 継続検査申請書
  7. 自動車検査票

自動車検査証(車検証)

自動車検査証とは、いわゆる【車検証】を指します。

自動車の中に常時置いてあるものなので、あることを確認します。

・車両番号(ナンバー)

・車体番号

・車名,型式,車両重量

・型式,原動機型式

・所有者,使用者

・有効期限

・免税措置対象,燃費基準達成

など

あらゆる情報が網羅されているのが車検証です。

自賠責保険証

自賠責保険証は、正式には「自動車賠償責任保険証明書」と書かれています。

この証書も自動車の中に常時置いてあるはずです。

車検の中で唯一、次の車検までの期間を保証しないといけないものになります。

車検証と自賠責保険証のセットで持っているのが通常なので、あることを確認します。

自賠責保険は、車検当日に更新すれば問題ありません

陸運局の場合、自動車税センターが併設されていて、自動車重量税を支払ったりしますが、自賠責保険証の更新も可能です。

※自賠責保険証の更新は、どこで更新しても問題ありません。

納税証明書

納税証明書は、毎年4月に送付されてきます。

自動車税を支払った証となる書類です。

24カ月点検記録簿

24カ月点検を実施した証となるものです。

それ以前の点検結果は不要です。

点検シートには、所定の自動車情報と各項目の点検結果,点検者,使用者を記します。

点検者は誰が実施しても問題ありません。

点検実施者の名前を書く欄には、自分で点検した場合は自分の名前を書きます。

自動車重量税納付書

陸運局に併設された自動車税センターに行きユーザー車検であることを伝えると【継続審査申請書】と【自動車重量税納付書】をもらえます

記入内容は、見本がおいてあるので同じように記入すれば良く、時間がかかるかもしれませんが、車検証の内容から転記すれば良い簡単なものです。

用紙を記入したら、自動車重量税の窓口に提出し、支持された金額を支払います。

自動車重量税分と検査費用分の収入印紙が渡されます。

※今回は、印紙2枚(検査登録印紙400円と自動車審査証紙1800円)

自動車重量税分は、【自動車重量税納付書】の印紙貼付欄に貼ります。

今回のCX8では、エコカー減税による自動車重量税の免税措置が図られていて、今回の車検では無料となりました。

自動車重量税は、普通車でも車種や車検期間(1年or2年)や車両重量とエコカー減税有無,経過年数で変わってくるややこしい料金設定になっています。

継続検査申請書

陸運局に併設された自動車税センター【自動車重量税納付書】と同時にもらうのが【継続審査申請書】です。

【継続審査申請書】への必要事項の記載では、【自動車重量税納付書】と同じく、記入内容は、見本がおいてあるので同じように記入すれば良く、時間がかかるかもしれませんが、車検証の内容から転記すれば良い簡単なものです。

自動車検査票

【自動車検査票】は、陸運局で発行される書類です。

【継続審査申請書】を記載して、陸運局の窓口に提出すると【自動車検査票】が発行されます。

今回から窓口業務も簡略化され、【継続審査申請書】のバーコードを窓口で読み取らせると【自動車検査票】が発行されました。

【自動車検査票】を入手したら、自動車税センターで購入した印紙2枚(検査登録印紙400円と自動車審査証紙1800円)を貼り付けます。

その後は、自動車検査ラインに入れば順次検査してもらえます。

車検

sdr

いよいよ検査ラインに進みました。

必要書類は【自動車検査票】で、【自動車検査票】に検査結果が記録されていきます。

検査順は検査場によって若干違ってきますが、普通自動車やバイクを検査する陸運局でも、軽自動車を検査する軽自動車検査協会でも検査内容は同じになってきます。

☑ 外回り検査(ランプ類,ワイパー,タイヤなど)

☑ 排ガスチェック(マフラーに検査器具を付けて測定)

☑ サイドスリップ検査(台上を通過するだけです)

☑ スピードメータ検査(40km/hまでローラー上を加速してパッシング)

☑ ブレーキ検査(表示板に従ってブレーキ操作)

☑ 光軸検査(ロービームで検査、不合格だとハイビームも検査)

☑ 下回り検査(指示通りハンドル動かしたり、ブレーキ踏んだり)

こんな内容です。

初めてラインに入る場合や不安な場合は、外回り検査時に検査員に伝えれば、アシスタントが付いてくれるます。

不合格になった場合の対処

今回は、光軸で不合格になりました。

検査途中で不合格でも、一通りの検査は完了させます。

合否判定は検査後に判定されます。

と言っても、ラインで不合格なのに合格になるわけではありません。

どんな不合格も理由を教えてくれるので安心してください。

光軸では、図示された検査結果がもらえました。

全くずれていて、新車同然なのに、何時からずれていたのかと考えてしまいます。

検査員の説明では、光軸は走っているだけでずれていくので、検査前に調整してもらった方が良いとのアドバイスでした。

光軸の調整

検査場の近くには、不合格対応してくれる民間検査会社が必ずあります。

流れ作業でほとんどの対応をしてくれます。

光軸なら税込1650円(場所によって違うと思います)で再調整してくれます。

車検場のように長いラインではありませんが、光軸でもなんでも依頼すると対応してくれます。

これまでに一度だけ、ドライブシャフトブーツ(ゴムカバー)が破れていた時にディーラーへ駆け込みましたが、「ストップランプ交換」「フロントライト交換」「サイドスリップ」で不合格になった時には素早い対応で合格にこぎつけられました。

再検査のやり方

前回同様に検査ラインに入ります。

再検査であることは、入り口の外回り検査員に言えば対応を教えてくれます。

光軸の場合は、光軸検査台(ブレーキ・スピードメータ検査と同じ台)の手前に再検査ボタンがあるので、ボタンを押して入場すれば、それ以外の検査が免除されて通過できます。

調整してあるので、直ぐに合格ランプ「〇」が点灯しました。

これで全検査項目に合格したことになり、検査ライン出口の受付に再度提出します。

ここで合格判定をもらえれば、新しい車検証と車検証シール(車検ステッカー・検査標章とも言う)がもらえます。

通常この窓口でくれる場合が多いと思いますが、今回は陸運局の窓口に提出してからもらいました。

合格後やるべきこと

合格後にやることは一つです。

車検証シール(車検ステッカー・検査標章)をフロントウインドーの上部に貼ることです。

古い(前回車検)ものを剥がして、もらった新しい車検証シール(車検ステッカー・検査標章)を貼ります。

貼り方は、少しややこしいいのですが書いてある手順でやればうまくできます。

車検費用まとめ

今回のCX8では、エコカー減税により重量税が免税措置されていたため、格安で車検を更新できました。

費用備考
自賠責保険証更新20,200円24カ月
印紙(検査票に貼り付け)2,200円検査登録印紙400円
自動車審査証紙1800円
自動車重量税0円省エネ減税で免税
点検整備費用0円ユーザー点検
合計22,400円

軽自動車をユーザー車検した時と同じような車検費用となりました。

まとめ

CX8の一回目車検は、エコカー減税による重量税免税措置により、格安価格で仕上がりました。

ユーザー車検は安く済ませる方法ですが、平日に受検する必要があります。

会社員の方は休暇を取得する必要がある場合が多くなりますが、「年5日の年次有給休暇の確実な取得」も義務付けられているので、何とかなるのではないかと思います。

愛車の健康を自分で点検することも大切なことです。

時間の無い方は各種格安車検を検討しましょう。

格安車検はプロが24ヶ月点検を実施してくれるので、より安心なシステムになります。

サービス名

特徴

全国250店
200万人以上の利用実績
車検完了まで約30分~1時間

全国1922店舗
整備付き車検割引あり
3ヶ月前より予約受付開始

加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト
口コミやランキング機能も充実
ポイントキャンペーンも随時複数開催

スマホ経由の「車検見積もり」の申込

スポンサーリンク
シェアする
DEKIRUCHA
タイトルとURLをコピーしました